面白い

保護された景観、保護された景観の保全の包括的モデル

保護された景観、保護された景観の保全の包括的モデル


保護された景観、保全の新しい包括的モデルの提案

Guido Coppari
(c)保護地域と自然保護のマスター

概要

保護された景観アプローチ (保護された景観へのアプローチ)は、保護地域と地域一般を管理する方法であり、景観の存在を認識し、これが環境と生活の認識の観点から何を意味するかについての考察から始めて、コミュニティを含みます管理の積極的なアクターとして。このアイデアは、コミュニティが中心的な要素である保護地域の新しいパラダイムに挿入されました。

現在の状況では、保護地域を保護する必要があります。そうしないと、保護が成功しないためです。逆説的ですが、「人的影響が少ない」地域を保護するという過去の優先事項は、コミュニティを遠ざけ、生態系とその生態系機能の維持への参加を制限するため、「人的影響が大きい」地域の回復を妨げます。

キーワード:保護された景観、保護地域、保護、コミュニティ。

概要

保護された景観アプローチ は、保護地域と一般的なすべての地域を管理する方法であり、景観の存在を重視し、環境認識と生活経験の影響を考慮して、スチュワードシップの積極的なアクターとしてコミュニティを含みます。このアイデアは、コミュニティが重要な要素である保護地域の新しいパラダイムの基盤です。今日、保護地域を保護するためには保護区が必要であるため、保護地域を保護する必要があります。荒野の優先順位は、最も変化した地域の回復を妨げる可能性があり、その空間的および生態学的貢献は、生態系とその機能を維持するために重要です。

キーワード:保護された景観、保護地域、保護、コミュニティ。

テーマ:

はじめに:保護された景観アプローチ/保護された景観アプローチ
保護地域とコミュニティの関係
保護された景観へのアプローチ
結論

著者

GUIDO COPPARI
イタリア、パドヴァ大学の林業医。 /チリ大学森林科学部保護地域と自然保護の修士号(c).guidocoppari @ yahoo.it
イタリア、パドヴァ大学森林技術者; /チリ大学森林科学部保護地域および自然保護の修士(c).guidocoppari @ yahoo.it

はじめに:保護された景観へのアプローチ/保護された景観へのアプローチ

風景は、複数の意味で、多くの異なる分野で解釈されてきました。今日、それは横断領域に属しているという事実のために、このテーマは、領域の学際的な研究の基礎を築く主要な概念として大きな可能性を秘めています。したがって、「保護された景観」とは、概念を単純に並置することを意味するのではなく、景観の経験と領土の保護の経験を一緒に考慮し、グローバルなビジョンの必要性を認識するターニングポイントでもあります。長期的なソリューションを作成します。

保護地域とコミュニティレポート

保全戦略に関する限り、保護地域は環境管理と計画活動に焦点を当てた特権的な空間を表していますが、地域の大規模な空間的および時間的変化はこれらの地域に限定されず、自然環境。この意味で、保護地域は島ではなく、場合によっては、自然または人間によって改変されたマトリックスの一部です。

これらの地域の存在と有効性は、環境と周辺地域との接続性に依存します。したがって、管理には、コミュニティによって変更された領域を含める必要があります。

20世紀から21世紀にかけての保護地域とコミュニティの関係を分析すると、明確な兆候が見られます。つまり、コミュニティは脅威または同盟国と見なされてきました。第一に、人間の活動の圧力から生物多様性を保護するために、隔離を犠牲にしても、人間のコミュニティは保護地域から排除されてきました。

チリの保護地域(およびイタリアではグランパラディーゾ国立公園)を含む世界で最初の保護地域は、参照として「イエローストーンモデル」を採用し、1871年に作成された同名の国立公園の例を再現しました。いう "その「荒野」を変えることなく、汚染されていない場所を維持するために“ (1) 訪問者は許可しますが、内部の住民は許可しません"(Brown et al。、2005)。

この管理は、生態学的バランスの仮定によってサポートされています: "自然は閉じたバランスの取れたシステムです"。したがって、この「荒野」または「荒野”, “それらは安定した、独立した、弾力性のあるユニットでした"(Sepúlvedaetal。、1997)。このモデルは、今日世界中に存在する国立公園と保護区のシステムを生み出したものでした。しかし、1970年代から、保護地域の以前の孤立した自給自足の概念に対する批判が始まり、体系的なアプローチが広まりました。」自然はオープンで継続的でダイナミックなシステムです"(Pickett y Ostfeld、1995)。

保護地域は「紙の保護地域「(Browny Mitchell、2000)、つまり、架空のものにすぎません。」法律によって確立されると、その有効性は、地域社会の参加とそれらが挿入されている保護されていない自然の景観に基づく包括的な管理モデルなしでは制限されます。"(Borrini-Feyerabend、1996)。

したがって、コミュニティは、保全目標を達成するために貢献が不可欠である活発な対話者になりました。

保護された景観アプローチ/保護された景観アプローチ

現在の人口は増加しており、これは利用可能なスペースの占有につながりました、今日、人類は水平方向の拡大を完了しました、すなわち「全世界はある程度人間の存在の痕跡です"(Sanderson et al。、2002)。したがって、保全は、その積極的な役割と多くの場所で発生した生物多様性との共存の経験を認識し、人間社会を巻き込んだ新しい戦略のおかげでのみ可能です。したがって、南アフリカのダーバンで開催されたV World Congress of Parks(UICN、2003)では、「保護地域」という新しいアイデアが支持され、住民コミュニティの中心的な役割を強調しています。保護された景観アプローチ」(保護された景観へのアプローチ)。

この概念は、自然と社会全体のビジョンを適用します。保護された景観とは、そこに生息する人間社会と共進化した文化的景観であり、文化的多様性と生物的多様性の接点です。"(Brown et al。、2005)。

この新しいパラダイムは、以前のモデルとは多くの点で異なります。管理は訪問者よりも居住者に集中しており、保護地域の存在を地元住民のニーズや自然の文化的価値と統合しています。地域の認識は保護地域の管理に含まれ、保護地域はネットワークを構成し、保護された空間間の接続性を高めるために個別のカテゴリが統合されています「(フィリップス、2003年)。

保護されたランドスケープのアイデアには、多くの重要な運用上の影響があります。 保護地域のこの新しいパラダイムの中で、生物多様性が著しく存在する地域だけでなく、農村地域などの人間社会との歴史的な相互作用があった地域も含まれます。 これは、単に保護地域に適用される規則を他の地域に拡張することを意味するのではなく、保護地域の外にある自然遺産の存在が認識され、それを変化の主体として含めることによってコミュニティが責任を負うことを意味します。

ナチュラ2000ネットワーク(生息地指令1992)は、このパラダイムの適用例です。欧州共同体は、野生種の管理を農村地域を含むすべての生息地に拡大し、保全特別区(SAC)の生態学的ネットワークを確立しました。この指令は、保全が優先される生息地と種のリストと加盟国を確立し、彼らの領土内の絶滅危惧種と生息地の存在を特定し、制限しました。出発点は、人間が管理する農業景観やその他の地域が何世紀にもわたって生物多様性の重要な存在を維持し、それが土地利用のタイプに関連することになり、したがって土地の特定の伝統的な利用と小さな人間の存在を維持することでした集落は野生種の管理に有利な重要な役割を果たします。

結論

モデル 保護された景観アプローチの 歴史的現実を認識します。人間の遍在がほぼすべての場所に私たちのマークをもたらしたため、人間のいない風景はありません。人間の視覚だけが「風景」と見なされ、自然に単独の領域であった風景を呼びます。 「」そして、私たちがこれの重要な相互関係を作ったので、風景のない人は誰もいません"(マルティネスデピソン、2005年)。

したがって、将来直面する課題の1つは、保護地域の管理の種類をより広い領域に拡大することであり、たとえばチリの地中海地域などの地域では、保護することは不可能であることに気づきます。人間が管理するすべての領域を含む概要のない現在の固有種。

保護された景観は、社会と自然環境の間に具体的なつながりを作り、保護地域に限らず自然遺産への責任を促進するのに役立ちます。間違いなく、私たちが受けた自然遺産があり、将来のために管理する必要があります。世代。

聖書の情報源

Borrini-Feyerabend G.、1996年。 保護地域の共同管理:状況へのアプローチの調整。 IUCN、スイス、グラン。 1-67p。

ブラウンJ.、ミッチェルN.、2000年。 スチュワードシップアプローチとその保護された景観との関連性。に: ジョージライトフォーラム。 17(1):70-79p。

ブラウンJ.、ミッチェルN.、ベレスフォードM.、2005年。 自然、文化、コミュニティをつなぐ保護された景観アプローチ。 UICN、スイスのグラン、英国のケンブリッジ。

ComisiónEuropea、1992年。 DirectivaHábitat92/ 43 / EEC。 Oficina de Publicaciones Oficiales de la Comunidad Europea、ルクセンブルグ。

マルティネスデピソンE.、2005年。 重要な文化的デルパイサジェ。センターユニバーシタリインターナショナルメネンデスペラヨデバルセロナ(CUIMPB)IIIセミナリインターナショナルソブレパイサッゲの広報Paisatgesincógnits、territoris ocults:les geografies de la invisibilitat"、2003年11月15日13-14日、スペイン、バルセロナ。

フィリップスA.、2003年。 アイデアを頭に浮かび上がらせる:保護地域の新しいパラダイム:保護された景観。に: ジョージライトフォーラム、20(2):8-32p。

Pickett S.T.A.、Ostfeld、R。S.、1995年。 エコロジーの変化するパラダイム。に: 天然資源管理の新世紀、ナイトR.LYベイツS.F. (編)、ワシントン、米国、アイランドプレス。 261-278ページ

Primack、R.、Rozzi R.、Feinsinger P.、2001。 Establecimientodeáreasprotegidas。 En:Primack R.、Rozzi、R.、Feinsinger、P.、Dirzo R.、Massardo F.、 FundamentosdeConservaciónBiológica。フォンドデクルチュラエコノミカ、メキシコ、DF。 449-475ページ

Sanderson、E。W.、Malanding、J.、Levy M. A.、Redford K. H.、Wannebo、A。V.、Woolmer G.、2002。 人間の足跡と最後の野生。 En: バイオサイエンス。 52(10):891-904p。

SepúlvedaC。、Moreira A.、Villarroel P.、1997年。 Conservaciónbiológicafueradelasáreasprotegidassilvestres。 En: アンビエンスyデサロロ、13(2):48-58p。

UICN、2003年。 El Acuerdo de Durban。 Congreso Mundial de Parques、2003年9月8〜17日、南アフリカ、ダーバン。

注意

(1)人間とその活動が景観を支配している地域とは対照的に、汚染されていない地域または荒野は、地球とその生物のコミュニティが人間と統合されていない地域として認識されます。存在は滞在しないゲストです。 1964年の荒野法。

環境レビューの合計。 ISSN0717.9839。 2009年1月2日号


ビデオ: 経営者に告ぐ大変動時代成功への秘訣 事業の入れ替え成長分野への展開 不動産バブル東京大阪福岡伝説のコンサルタント立川昭吾