コレクション

サトウキビの利点:サトウキビは何に適していますか

サトウキビの利点:サトウキビは何に適していますか


投稿者:メアリーエレンエリス

サトウキビは何に適していますか?この栽培草は、ほとんどの場合、商業規模で栽培されていますが、庭でも栽培できます。かわいらしい装飾的な草、自然なスクリーンとプライバシーの境界線、そして秋にサトウキビを収穫するときに手に入る甘いジュースと繊維をお楽しみください。

サトウキビはあなたに良いですか?

砂糖は最近悪いラップになります、そして確かに砂糖が多すぎるというようなものがあります。しかし、健康的な食事を補うために、より自然な未加工の砂糖に興味がある場合は、自分でサトウキビを育ててみませんか。

家庭菜園で最も役立つサトウキビの種類は、シロップと咀嚼杖です。シロップサトウキビは結晶化しにくいため、加工してシロップを作ることができます。咀嚼杖の中心は柔らかく繊維質で、簡単に皮をむいて食べたり、レシピで楽しんだりできます。

サトウキビの潜在的な健康上の利点の1つは、実際には体重管理です。研究者たちは現在、サトウキビ繊維を食べることで、人々が健康的な体重を維持し、体重を減らし、糖尿病を発症するリスクを減らすのに役立つ可能性を研究しています。食物繊維は、砂糖を食べた後に経験する血糖値の上昇を遅らせるなど、砂糖の健康への悪影響を相殺する傾向があるため、これは機能する可能性があります。

サトウキビの他の健康上の利点には、加工砂糖よりも多くの栄養素を摂取することが含まれます。未処理のサトウキビには、植物ポリフェノール、抗酸化物質、タンパク質、マンガン、鉄、カルシウム、カリウム、およびビタミンB群が含まれています。サトウキビは、皮膚の炎症を軽減し、コレステロールと血圧を下げ、口臭を改善するのに役立つ可能性があります。

サトウキビの使い方

サトウキビの恩恵を受けるには、庭からサトウキビを収穫して楽しむ必要があります。難しいことではありません。杖を根元で切り取り、外層を剥がすだけです。内部は食用で、砂糖、繊維、その他の栄養素が含まれています。

それを押してサトウキビジュースを作ることができ、それを何にでも加えることができます。または、単に杖の内側を噛むこともできます。杖を棒状に切り刻んで、食べ物の串焼きや飲み物の攪拌機や甘味料に使用します。杖を発酵させてラム酒を作ることもできます。

砂糖は常に食事に制限されるべきですが、あなた自身の庭からの天然の籐用の加工砂糖を控えることは素晴らしい選択肢です。

この記事の最終更新日

サトウキビについてもっと読む


今週の材料:サトウキビ

サトウキビジュース (画像:Shutterstock)

サトウキビ、またはスワヒリ語のムワ(複数のミワ)が多年草であることをご存知ですか?彼らは本当に背が高くなります-2フィートから20フィート以上まで何でも。

緑のハードカバーが付いているサトウキビの幹は、直径2インチほどの厚さにすることができます。杖の根元は、複数の太い茎を生み出す横方向の芽を形成します。

インドの学生時代、私は冷たくて甘くておいしいサトウキビジュースをたくさん飲みました。今でも親として、この食用草の栄養たっぷりの甘さを楽しんで、ありがたいことにそれを愛している子供たちと共有しています。

サトウキビは糖分が非常に多いため、糖尿病の人にはそうではありませんが、サトウキビジュースにはたくさんの健康上の利点があります。骨を強化し、消化を促進し、ストレスを和らげ、エネルギーを高める栄養素が含まれています。サトウキビを噛むと口臭や虫歯と戦います。

サトウキビについての驚くべき事実は、皮膚がそれから得る利益です。ジュースの形で(添加物の有無にかかわらず)消費され、傷を減らし、にきびと戦い、肌をしなやかに保ち、老化を遅らせます。

シンプルでヘルシーなサトウキビジュースのレシピ:搾ったサトウキビジュース、ココナッツウォーター、ジンジャージュースにライムジュースを加えます。冷やしてお召し上がりいただくと、味が良くなりました。

  1. 続きを読む
  2. 1.キッチンガジェット:サトウキビジューサー
  3. 2.女性のティーバッグハックは、汚れたベーキングトレイをこすらずに新品同様に見栄えよくします
  4. 3.今週の材料:Mrenda
  5. 4.今週の材料:セロリ


内容

  • 1語源
  • 2説明
  • 3歴史
  • 4栽培
    • 4.1害虫
    • 4.2病原体
    • 4.3窒素固定
    • 4.4サトウキビ労働者の条件
  • 5処理
    • 5.1ミリング
    • 5.2精製
    • 5.3リボンサトウキビシロップ
    • 5.4サトウキビ加工による汚染
  • 6生産
  • 7エタノール
  • 8バガスアプリケーション
    • 8.1発電
    • 8.2バイオガス生産
  • 9食品としてのサトウキビ
  • 飼料としての10サトウキビ
  • 11ギャラリー
  • 12関連項目
  • 13参考文献
  • 14外部リンク

「サトウキビ」という用語は、砂糖とサトウキビという2つの単語を組み合わせたものです。前者の意味は、最終的にサンスクリット語शर्करा(サーカーラ)作物が東南アジアで発生したため。砂糖が取引されて西に広がると、これはسُكَّر(sukkar) アラビア語で、 ズッケロ イタリア語で、 ズッカラム ラテン語で、そして最終的には スクレ 中世フランス語と中英語の両方で。カリブ海のプランテーションで作物が栽培されたため、2番目の用語「サトウキビ」が一緒に使用されるようになりました ガナ サトウキビのヒンディー語です(ガナ=サトウキビ)。この用語は、最終的にはヘブライ語に由来します-קנה(KaNeH)「葦」または「茎」を意味します。 [8]この用語は、17世紀にフランス領西インド諸島(グアドループとマルティニーク)でセファルディムユダヤ人によって導入されました。彼はユダヤ系スペイン語を話し、サトウキビ作物を生産するアフリカの奴隷によって働いていた砂糖農園を所有し、王によって追放されました。の一部として1685年にルイXIV コードノアール. [9]

サトウキビは熱帯の多年生草で、根元に横方向の芽を形成し、通常、高さ3〜4 m(10〜13フィート)、直径約5 cm(2インチ)の複数の茎を生成します。茎はサトウキビの茎に成長し、成熟すると植物全体の約75%を構成します。成熟した茎は通常、11〜16%の繊維、12〜16%の可溶性糖、2〜3%の非糖、および63〜73%の水で構成されます。サトウキビの作物は、気候、土壌の種類、灌漑、肥料、昆虫、病害防除、品種、収穫時期に敏感です。杖の茎の平均収量は、1ヘクタールあたり60〜70トン(24〜28ロングトン/エーカー27〜31ショートトン/エーカー)です。ただし、この数値は、サトウキビ栽培で使用される知識と作物管理アプローチに応じて、1ヘクタールあたり30〜180トンの間で変動する可能性があります。サトウキビは換金作物ですが、家畜の飼料としても使用されます。 [10]

サトウキビの栽培化には2つのセンターがあります。 サトウキビ ニューギニアのパプア人と別の サトウキビsinense 台湾と中国南部のオーストロネシア人による。パプア人とオーストロネシア人はもともと、飼いならされた豚の餌として主にサトウキビを使用していました。両方の広がり サトウキビ そして S. sinense オーストロネシア人の移住と密接に関連しています。 サトウキビbarberi の導入後、インドでのみ栽培されました サトウキビ. [11] [12]

サトウキビ ニューギニアとウォレス線の東の島々でパプア人によって最初に家畜化されました。そこでは、それは多様性の現代の中心地です。約6,000BPから、ネイティブから品種改良されました。 Saccharumrobustum。ニューギニアからオーストロネシア人との接触後、西に海域東南アジアに広がり、そこで交配しました。 サトウキビ属spontaneum. [12]

2番目の家畜化センターは中国南部と台湾本土であり、 S. sinense オーストロネシア人の主要な栽培種でした。サトウキビの言葉は、台湾のオーストロネシア祖語に存在し、次のように再構築されています。 *təbuS または ** CebuS*テブ プロトマレーポリネシア語で。それは少なくとも5,500BPからのオーストロネシア人の最初の主要な作物の1つでした。甘いものの紹介 サトウキビ 海域東南アジアで栽培されている範囲全体で徐々に置き換えられている可能性があります。 [14] [15] [13] [16] [17]

島東南アジアから、 サトウキビ オーストロネシア語族の航海者によって、カヌーの植物として東に向かってポリネシアとミクロネシアに約3,500BPまで広がりました。それはまた、オーストロネシア語族の貿易業者によって中国とインドに約3,000 BPだけ西と北に広がり、そこでさらに交配しました。 サトウキビsinense そして サトウキビbarberi。そこからそれはさらに西ユーラシアと地中海に広がりました。 [12] [13]

結晶糖の最も初期の既知の生産は、インド北部で始まりました。最初のサトウキビの砂糖生産の正確な日付は不明です。砂糖生産の最も初期の証拠は、古代のサンスクリット語とパーリ語のテキストから来ています。 [19] [20] [21] [22] 8世紀頃、イスラム教徒とアラブ人の商人は、中世のインドから地中海、メソポタミア、エジプト、北アフリカ、アンダルシアのアッバース朝の他の地域に砂糖を持ち込みました。 10世紀までに、情報筋によると、メソポタミアのすべての村でサトウキビが栽培されていました。 [18]それは、スペイン人、主にアンダルシア人がカナリア諸島の畑から、そしてポルトガル人がマデイラ諸島の畑からアメリカ大陸に持ち込んだ初期の作物の1つでした。スペインでのサトウキビ栽培に関する記事が、イブン・アルアッワームの12世紀の農作業で取り上げられました。 農業に関する本. [23]

クリストファー・コロンブスは、最初にイスパニョーラ島(現代のハイチとドミニカ共和国)への南北アメリカへの2回目の航海中に、最初にサトウキビをカリブ海に運びました。植民地時代には、砂糖はヨーロッパの製造品やアフリカの奴隷とともに、新世界の原材料の三角貿易の片側を形成していました。砂糖は、しばしば糖蜜の形で、カリブ海からヨーロッパまたはニューイングランドに出荷され、そこでラム酒の製造に使用されました。砂糖の販売による利益は、製造品の購入に使用され、西アフリカに送られ、そこで奴隷と物々交換されました。その後、奴隷はカリブ海に戻され、砂糖プランターに売られました。奴隷の売却による利益は、その後、砂糖をさらに購入するために使用され、ヨーロッパに出荷されました。

フランスは、サトウキビの島々が非常に価値があることを発見したため、「数エーカーの雪」と呼ばれるカナダの一部を、七年戦争の終わりにグアドループ、マルティニーク、セントルシアに返還するためにイギリスに効果的に交換しました。オランダ人も同様に、ニューネーデルラント(ニューヨーク)の返還を求める代わりに、南アメリカの砂糖の植民地であるスリナムを維持しました。

17世紀から19世紀の沸騰した家は、サトウキビジュースを生の砂糖に変えました。これらの家は、西部の植民地の砂糖農園に取り付けられていました。奴隷はしばしば非常に劣悪な条件下で沸騰プロセスを実行しました。レンガや石の長方形の箱が炉として機能し、下部に火を点けて灰を取り除くための開口部がありました。各炉の上部には、最大7つの銅製のやかんまたはボイラーがあり、それぞれが前のものよりも小さく、高温でした。サトウキビジュースは最大のやかんから始まりました。次に、ジュースを加熱し、石灰を加えて不純物を除去しました。ジュースはすくい取られ、次に小さなやかんに送られました。最後のやかん、「ティーチ」は、サトウキビジュースがシロップになった場所でした。次のステップは、糖蜜の粘着性のあるコアの周りで砂糖の結晶が硬化する冷却トラフでした。次に、この生の砂糖は、冷却トラフからホッグスヘッド(木製の樽)にシャベルで運ばれ、そこから養生場に運ばれました。

大英帝国では、奴隷は1833年以降解放され、多くの奴隷は選択の余地があったときにサトウキビ農園で働くことはなくなりました。したがって、サトウキビ農園の英国の所有者は新しい労働者を必要としており、彼らは中国とインドで安い労働力を見つけました。 [24] [25]人々は、奴隷制に似た、一定期間の奴隷制とは別に、一定期間の強制労働に拘束される長年の契約形態である契約書の対象となった。 [26]インドからの契約労働者を乗せた最初の船は、1836年に出港した。[27]サトウキビ農園に奉仕するための移住により、かなりの数のインド人、南東アジア人、中国人が世界のさまざまな地域に定住した。 [28]一部の島や国では、南アジアの移民が人口の10〜50%を占めています。サトウキビのプランテーションとアジアの民族グループは、フィジー、南アフリカ、ビルマ、スリランカ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ブリティッシュギアナ、ジャマイカ、トリニダード、マルティニーク、フランス領ギアナ、グアドループ、グレナダ、セントルシア、セント。Vincent、St。Kitts、St。Croix、Suriname、Nevis、およびMauritius。 [27] [29]

1863年から1900年の間に、英国のクイーンズランド植民地(現在はオーストラリアの州)の商人とプランテーションの所有者が、南太平洋諸島から55,000人から62,500人の人々をサトウキビのプランテーションに連れてきました。これらの労働者の3分の1は、強制的に奴隷制に誘拐されたと推定されています(ブラックバーディングとして知られています)。他の多くの人々は非常に低い賃金を支払われました。 1904年から1908年の間に、オーストラリアを人種的に均質に保ち、白人労働者を安価な外国人労働者から保護するために、残りの10,000人の労働者のほとんどが国外追放されました。 [30]

サトウキビ由来のキューバ砂糖はソ連に輸出され、そこで価格支持を受け、保証された市場が確保されました。 1991年のソビエト国家の解散により、キューバの砂糖産業のほとんどが閉鎖されました。

サトウキビは、ドミニカ共和国、グアドループ、ジャマイカ、その他の島々とともに、ガイアナ、ベリーズ、バルバドス、ハイチの経済の重要な部分であり続けています。

世界で生産される砂糖の約70%は サトウキビ そしてこの種を使用する雑種。 [2]

サトウキビの栽培には、年間最低60 cm(24インチ)の水分を伴う熱帯または亜熱帯気候が必要です。これは、植物界で最も効率的な光合成装置の1つです。 Cです4 入射太陽エネルギーの最大1%をバイオマスに変換できるプラント。 [31]熱帯および亜熱帯の主要な栽培地域では、サトウキビ作物は15 kg / m2を超えるサトウキビを生産する可能性があります。かつて米国南東部の主要作物であったサトウキビの栽培は、20世紀後半に衰退し、主に21世紀のフロリダ、ルイジアナ、テキサス南東部の小さなプランテーションに限定されていました。ハワイで最後に操業していた砂糖農園が2016年に閉鎖されたとき、サトウキビの栽培はハワイで中止されました。[32]

サトウキビは、自然の降雨または灌漑のいずれかから、毎年6〜7か月以上の継続的な期間、豊富な水が供給されている地域の熱帯および亜熱帯で栽培されています。作物は厳しい霜に耐えられません。したがって、世界のサトウキビのほとんどは北緯22度から南緯22度の間で栽培され、一部は北緯33度から南緯33度まで栽培されています。 [33]南アフリカのナタール地域など、この範囲外でサトウキビの作物が見つかった場合、それは通常、海岸を一掃する暖かい海流など、この地域の異常な気候条件が原因です。標高に関しては、サトウキビの作物は、コロンビア、エクアドル、ペルーなどの国の赤道に最も近い1,600メートルまたは5,200フィートまで見られます。 [34]

サトウキビは、肥沃で水はけのよいモリソルから、ひび割れの激しいバーティソル、不毛の酸オキシソルとアルティソル、泥炭のヒストソル、岩の多いアンディソルまで、さまざまな土壌で育つことができます。豊富な日光と水の供給の両方が杖の生産を増加させます。これにより、エジプトなどの優れた灌漑施設を備えた砂漠の国々は、サトウキビの収穫量が最も多い地域の1つになっています。サトウキビは世界のカリ肥料生産の9%を消費します。 [35]

一部のサトウキビは種子を生産しますが、現代の茎の挿し木が最も一般的な繁殖方法になっています。 [36]各挿し木には、少なくとも1つの芽が含まれている必要があり、挿し木は手作業で植えられる場合があります。米国やオーストラリアなどのより技術的に進んだ国では、ビレットの植え付けが一般的です。機械式収穫機で収穫されたビレット(茎または茎の部分)は、地面を開閉する機械によって植えられます。植えられると、各収穫後にスタンドを数回収穫することができ、杖はラトゥーンと呼ばれる新しい茎を送り出します。連続した収穫は収量の減少をもたらし、最終的には植え替えを正当化します。培養の種類にもよりますが、通常2〜10回の収穫が行われます。北米のように大規模な畑の高生産を求めている機械農業のある国では、収穫量の低下を避けるために、2、3回の収穫後にサトウキビが植え替えられます。フランスのレユニオン島のように、畑が狭く手摘みで収穫される伝統的なタイプの農業では、サトウキビは植え替えの10年前までに収穫されることがよくあります。

サトウキビは手作業で機械的に収穫されます。手摘みは生産の半分以上を占め、発展途上国で支配的です。手摘みでは、畑は最初に火がつけられます。火は乾燥した葉を燃やし、茎や根を傷つけることなく、毒ヘビを追い払ったり殺したりします。次に、収穫者は、サトウキビのナイフまたはマチェーテを使用して、地面のすぐ上でサトウキビを切ります。熟練した収穫者は、1時間あたり500 kg(1,100ポンド)のサトウキビを切ることができます。 [ 要出典 ]

機械的収穫は、コンバインまたはサトウキビ収穫機を使用します。 [37]オリジナルのモダンハーベスターデザインであるAustoft7000シリーズは、現在、Cameco / JohnDeereを含む他の企業によってコピーされています。 [ 要出典 ]機械は、茎の付け根で杖を切り、葉を剥ぎ取り、杖を一定の長さに切り刻み、それに沿って輸送業者に置きます。次に、収穫機はゴミを畑に吹き返します。このような機械は1時間に100ロングトン(100トン)を収穫できますが、収穫されたサトウキビは迅速に処理する必要があります。一度切断されると、サトウキビは糖度を失い始め、機械的収穫中にサトウキビが損傷すると、この減少が加速します。最新のチョ​​ッパーハーベスターは、手作業による切断や積み込みよりも迅速かつ効率的に収穫を完了することができるため、この減少は相殺されます。 Austoftはまた、ハーベスターと連携して、たとえば最寄りの鉄道側線への杖のより迅速な移動を可能にする一連の油圧式高揚力内野トランスポーターを開発しました。この機械的収穫では、畑に火をつける必要はありません。機械によって畑に残された残留物は、次の植え付けのマルチとして機能するサトウキビのてっぺんと枯れ葉で構成されます。

害虫編集

サトウキビ(サトウキビグラブとしても知られています)は、イミダクロプリド(Confidor)またはクロルピリホス(Lorsban)で防除できる根を食べることにより、作物の収穫量を大幅に減らすことができます。他の重要な害虫は、カブラヤガ、サトウキビボーラー(Diatraeasaccharalis)、アフリカのサトウキビボーラー(エルダナサッカリーナ)、メキシコのライスボーラー(エオレウマロフトニー)、アフリカシロナヨトウ(スポドプテラ免除)、ハキリアリ、シロアリ、アワフキムシ(特に マハナルバ・フィンブリオラタ そして Deois flavopicta)、そしてカブトムシ。 Migdolus fryanus。ウンカ昆虫 Eumetopina flavipes サトウキビ病のラムスタントを引き起こすウイルスベクターとして機能します。 [38] [39]

病原体編集

多くの病原体がサトウキビに感染します。 ファイトプラズマ、ホイップテール病またはサトウキビ黒穂菌、 pokkah boeng のせいで Fusarium moniliforme、Xanthomonas axonopodis菌はガム病を引き起こし、赤腐病は Colletotrichum falcatum。サトウキビに影響を与えるウイルス性疾患には、サトウキビモザイクウイルス、トウモロコシ条斑ウイルス、およびサトウキビ黄葉ウイルスが含まれます。 [40]

窒素固定編集

一部のサトウキビの品種は、細菌に関連して大気中の窒素を固定することができます Gluconacetobacter diazotrophicus。 [41]細菌と関連して土壌に根粒を形成するマメ科植物や他の窒素固定植物とは異なり、 G.ジアゾトロフィカス サトウキビの茎の細胞間空間に住んでいます。 [42] [43]種子をバクテリアでコーティングすることは、すべての作物種がそれ自身の使用のために窒素を固定することを可能にすることができる新しく開発された技術です。 [44]

サトウキビ労働者の条件編集

過去20年間に、中央アメリカで少なくとも20,000人が慢性腎臓病(CKD)で死亡したと推定されています。そのほとんどは、太平洋岸のサトウキビ労働者です。これは、十分な水分摂取がないまま、暑さの中で長時間働いていることが原因である可能性があります。 [45]

伝統的に、サトウキビの処理には2つの段階が必要です。製糖所は収穫したてのサトウキビから生の砂糖を抽出し、「ミルホワイト」砂糖は砂糖抽出工場で最初の段階の直後に生産されることがあり、地元での消費を目的としています。砂糖の結晶は結晶化プロセス中に自然に白い色に見えます。二酸化硫黄が追加されます。 [46] [47]北米、ヨーロッパ、日本の消費者の近くにあることが多い製油所は、精製された白糖を生産します。 99%スクロース。これらの2つの段階はゆっくりと融合しています。サトウキビを生産する熱帯地方での豊かさが増すと、精製砂糖製品の需要が高まり、製糖と精製を組み合わせた傾向が促進されます。

ミリング編集

サトウキビ加工は サトウキビ (ショ糖)サトウキビから。加工の他の製品には、バガス、糖蜜、およびフィルターケーキが含まれます。

サトウキビジュースが抽出された後のサトウキビの残りの乾燥繊維であるバガスは、いくつかの目的に使用されます。

  • ボイラーと窯の燃料、
  • 紙、板紙製品、および再構成されたパネルボードの製造、
  • 農業用マルチなど、
  • 化学薬品の原料として。

バガスとバガス残留物の主な用途は、製糖工場でプロセス蒸気を生成するボイラーの燃料源です。乾燥したフィルターケーキは、動物飼料のサプリメント、肥料、サトウキビワックスの供給源として使用されます。

糖蜜は、特徴的な強い風味を持つブラックストラップと、より純粋な糖蜜シロップの2つの形態で製造されます。ブラックストラップ糖蜜は、食品および栄養補助食品として販売されています。また、動物飼料の一般的な成分であり、エタノールやラム酒の製造、クエン酸の製造に使用されます。より純粋な糖蜜シロップは糖蜜として販売されており、メープルシロップ、転化糖、またはコーンシロップとブレンドすることもできます。糖蜜の両方の形態は、ベーキングに使用されます。

洗練された編集

製糖は、生の砂糖をさらに精製します。それは最初に重いシロップと混合され、次に「アフィネーション」と呼ばれるプロセスで遠心分離されます。その目的は、結晶の内部よりも純度が低い砂糖の結晶の外側のコーティングを洗い流すことです。次に残りの砂糖を溶解してシロップを作ります。これは固形分約60重量%です。

リン酸カルシウムを沈殿させるために結合するリン酸と水酸化カルシウムの添加により、糖溶液が清澄化されます。リン酸カルシウム粒子は、一部の不純物を閉じ込めて他の不純物を吸収し、タンクの上部に浮かび、そこでそれらをすくい取ることができます。この「リン酸塩処理」技術の代替は「炭酸塩処理」であり、これは類似していますが、二酸化炭素と水酸化カルシウムを使用して炭酸カルシウム沈殿物を生成します。

残った固形物をろ過した後、清澄化したシロップを活性炭でろ過して脱色します。骨炭または石炭ベースの活性炭は、伝統的にこの役割で使用されます。 [49]残りの着色不純物の一部は炭素に吸着されます。次に、精製されたシロップは過飽和になるまで濃縮され、真空中で繰り返し結晶化されて、白色の精製糖が生成されます。製糖工場と同様に、糖蜜は遠心分離によって糖蜜から分離されます。残りのシロップをアフィニティーからの洗浄液とブレンドし、再び結晶化してブラウンシュガーを生成することにより、追加の砂糖を回収します。砂糖を経済的に回収できなくなった場合でも、最終的な糖蜜には20〜30%のショ糖と、15〜25%のブドウ糖と果糖が含まれています。

個々の穀物が固まらないグラニュー糖を製造するには、まず回転式乾燥機で加熱し、次に冷気を数日間吹き込んで砂糖を乾燥させる必要があります。

リボンサトウキビシロップ編集

リボンケーンは、かつて米国南部、ノースカロライナ州沿岸部まで広く栽培されていた亜熱帯タイプです。ジュースは馬またはラバを動力源とする粉砕機で抽出され、メープルシロップのように平らな鍋で煮られ、シロップの形で食品甘味料として使用されました。 [50]現在は商品作物ではありませんが、一部の生産者は自社製品の販売準備が整っていると感じています。 [ 要出典 ]

サトウキビ加工による汚染編集

粒子状物質、燃焼生成物、および揮発性有機化合物は、サトウキビの処理中に排出される主要な汚染物質です。 [48]燃焼生成物には窒素酸化物(NOバツ)、一酸化炭素(CO)、CO2、および硫黄酸化物(SOバツ)。潜在的な排出源には、砂糖造粒機、砂糖運搬および包装装置、バルクロードアウト操作、ボイラー、粒状炭素およびチャー再生キルン、再生吸着剤輸送システム、キルンおよび処理装置(一部の施設)、炭酸化タンク、多効用蒸発器ステーションが含まれます、および真空沸騰鍋。現代の汚染防止技術は、これらの潜在的な汚染物質すべてに対処することができます。 [ 要出典 ]

2018年のサトウキビ生産
製造
(数百万トン)
ブラジル 746.8
インド 376.9
中国 108.1
タイ 104.4
パキスタン 67.2
メキシコ 56.8
コロンビア 36.2
グアテマラ 35.5
オーストラリア 33.5
アメリカ 31.3
世界 1,907
出典:FAOSTAT、国連[51]

2018年の世界のサトウキビ生産量は19.1億トンで、ブラジルが世界全体の39%、インドが20%、中国とタイがそれぞれ約6%を生産しています(表)。

世界中で、2018年に2600万ヘクタールがサトウキビ栽培に充てられました。[51] 2018年のサトウキビ作物の世界平均収量は1ヘクタールあたり73トンで、ペルーが1ヘクタールあたり121トンでした。 [51]サトウキビの理論上の可能な収量は、1ヘクタールあたり年間約280トンであり、ブラジルの小規模な実験区画では、1ヘクタールあたり236〜280トンのサトウキビの収量が実証されています。 [52] [53]

2016年のサトウキビの総生産量の3.2%のみが、ボンスクロやフェアトレードなどの自主的な持続可能性基準に準拠していましたが、持続可能な生産は従来の生産よりもはるかに速い速度で成長しています。 2008年から2016年にかけて、標準に準拠したサトウキビの生産は、年平均成長率が約52%でしたが、従来のサトウキビの増加率は1%未満でした。 [54]

エタノールは一般的に砂糖生産の副産物として入手可能です。ガソリンの代替バイオ燃料として使用でき、ブラジルの自動車に広く使用されています。ガソリンの代替品であり、砂糖ではなくサトウキビ加工の主要製品になる可能性があります。

ブラジルでは、ガソリンには少なくとも22%のバイオエタノールが含まれている必要があります。 [55]このバイオエタノールは、ブラジルの大規模なサトウキビ作物から供給されています。

サトウキビからのエタノールの生産は、トウモロコシやテンサイ、ヤシ/植物油からのエタノールよりもエネルギー効率が高く、特にサトウキビのバガスを使用してプロセスの熱と電力を生産する場合はそうです。さらに、バイオ燃料が作物の生産と輸送に使用される場合、各エタノールエネルギーユニットに必要な化石エネルギー入力は非常に低くなる可能性があります。 EIAは、サトウキビとエタノールの技術を統合することで、Well-to-Wheels CO2 排出量は、従来のガソリンよりも90%低くすることができます。 [55]

再生可能エネルギーに関する教科書[56]は、エネルギー変換について説明しています。

現在、ブラジルでは1ヘクタールあたり年間75トンの生サトウキビが生産されています。加工工場に運ばれる籐は、焼却(b&c)と呼ばれ、生の籐の質量の77%を占めます。この減少の理由は、茎が葉(燃やされ、灰が​​肥料として畑に残されている)から、そして次の作物のために発芽するために地面に残っている根から分離されているためです。したがって、平均的な籐の生産量は、1ヘクタールあたり年間58トンのb&cです。

1トンのb&cは、740 kgのジュース(135kgのショ糖と605kgの水)と260 kgの湿ったバガス(130 kgの乾燥バガス)を生成します。ショ糖の低位発熱量は16.5MJ / kg、バガスの低位発熱量は19.2 MJ / kgであるため、1トンのb&cの総発熱量は4.7 GJであり、そのうち2.2 GJはショ糖から、2.5はバガスからのものです。

年間1ヘクタールあたり、生産されるバイオマスは0.27TJに相当します。これは1平方メートルあたり0.86Wに相当します。 1平方メートルあたり225Wの平均日射量を仮定すると、サトウキビの光合成効率は0.38%です。

1トンのb&cで見つかった135 kgのショ糖は、燃焼エネルギー1.7GJで70リットルのエタノールに変換されます。したがって、実際のショ糖-エタノール変換効率は76%です(理論上の97%と比較してください)。

1ヘクタールのサトウキビは年間4,000リットルのエタノールを生産します(生産されたバガスが最終製品の蒸留に必要な量を超えるため、追加のエネルギー入力なしで)。ただし、これには耕作や輸送などに使用されるエネルギーは含まれていません。したがって、太陽エネルギーからエタノールへの変換効率は0.13%です。

サトウキビは多くの国で主要な作物です。生物変換効率が最も高い植物の1つです。サトウキビ作物は太陽エネルギーを効率的に固定することができ、土地1ヘクタールあたり年間約55トンの乾物を生産します。収穫後、作物は砂糖ジュースとバガス、繊維状の乾物を生産します。この乾物はバイオマスであり、エネルギー生産の燃料となる可能性があります。バガスは、製紙用のパルプの代替供給源としても使用できます。 [57]

サトウキビバガスは、ブラジル、インド、中国などのサトウキビの大規模生産者にとって潜在的に豊富なエネルギー源です。ある報告によると、最新の技術を使用して、ブラジルで毎年生産されるバガスは、2020年までにブラジルのエネルギー消費量の20%を満たす可能性があります。[58]

発電編集

多くの国、特に化石燃料が不足している国では、サトウキビの処理に使用されるエネルギーを最小限に抑え、余剰電力をグリッドに輸出するために、省エネと効率の対策を実施しています。バガスは通常、燃焼して蒸気を生成し、それが電気を生成します。モーリシャスで使用されているような現在の技術は、バガス1トンあたり100kWhを超える電力を生成します。世界全体で年間10億トン以上のサトウキビが収穫されており、バガスからの世界のエネルギーポテンシャルは100,000GWhを超えています。 [59]参照としてモーリシャスを使用すると、アフリカ全土で年間10,000GWhの追加電力が生成される可能性があります。 [60]バガスからの発電は、特にサトウキビ生産国の農村人口にとって非常に重要になる可能性があります。

最近のコージェネレーション技術プラントは、バガス1トンあたり200〜300kWhの電力を生産するように設計されています。 [61] [62]サトウキビは季節作物であるため、収穫後すぐにバガスの供給がピークに達し、発電所はバガスの貯蔵を戦略的に管理する必要があります。

バイオガス生産編集

発電のためにバガスを燃やすよりも環境に優しい代替手段は、バガスをバイオガスに変換することです。バガスを高度なバイオ燃料とバイオガスに変換するために酵素を使用する技術が開発されています。 [58]


サトウキビ

学名: サトウキビ

インドネシア語: テブ

バタク:とぶ

基本情報:

サトウキビ または サトウキビ 属の背の高い多年生草のいくつかの種と雑種を参照してください サトウキビ、砂糖生産に使用される部族Andropogoneae。 The plants are two to six metres (six to twenty feet) tall with stout, jointed, fibrous stalks that are rich in sucrose, which accumulates in the stalk internodes. Sugarcanes belong to the grass family Poaceae, an economically important flowering plant family that includes maize, wheat, rice, and sorghum, and many forage crops. It is native to the warm temperate to tropical regions of Southeast Asia and New Guinea.

Sugarcane is the world’s largest crop by production quantity, with 1.8 billion tonnes [ clarification needed ] produced in 2017, with Brazil accounting for 40% of the world total. In 2012, the Food and Agriculture Organization estimated it was cultivated on about 26 million hectares (64 million acres), in more than 90 countries.

About 70% of the sugar produced globally comes from a species of sugarcane called Saccharum officinarum and hybrids of this species. [1] All sugarcane species can interbreed, and the major commercial cultivars are complex hybrids. [2]

Sugarcane accounts for 79% of sugar produced most of the rest is made from sugar beets. While sugarcane predominantly grows in tropical and subtropical regions, sugar beets typically grow in colder temperate regions.

Sucrose (table sugar), extracted from sugarcane in specialized mill factories, is either used as raw material in the food industry or fermented to produce ethanol. Products derived from sugarcane include falernum, molasses, rum, cachaça, and bagasse. In some regions, people use sugarcane reeds to make pens, mats, screens, and thatch. The young, unexpanded flower head of Saccharum edule (duruka) is eaten raw, steamed, or toasted, and prepared in various ways in Southeast Asia, including Fiji and certain island communities of Indonesia. [3]

Sugarcane was an ancient crop of the Austronesian and Papuan people. It was introduced to Polynesia, Island Melanesia, and Madagascar in prehistoric times via Austronesian sailors. It was also introduced to southern China and India by Austronesian traders at around 1200 to 1000 BC. The Persians and Greeks encountered the famous “reeds that produce honey without bees” in India between the 6th and 4th centuries BC. They adopted and then spread sugarcane agriculture. [4] Merchants began to trade in sugar, which was considered a luxurious and expensive spice, from India. In the 18th century AD, sugarcane plantations began in Caribbean, South American, Indian Ocean and Pacific island nations and the need for laborers became a major driver of large migrations of people, some voluntarily accepting indentured servitude [5] and others forcibly exported as slaves. [6]

Health Benefits:

1. Caring for the Skin In fact, the antioxidants contained in sugar cane can help you take care of your skin. Sugarcane juice can help you relieve skin infections, improve skin appearance, and reduce symptoms of premature aging. 2. Eliminating Bad Breath Many factors make you feel uncomfortable with your own bad breath. You can consume sugar cane juice to get rid of bad breath. Cane contains a mineral source that can keep your tooth enamel clean. 3. Strengthen your bones and teeth Sugar cane contains calcium which is quite high, so it’s good enough for its benefits to strengthen your bones and teeth. You can consume sugar cane juice or even chew sugar cane stems that have been cleaned and cut into small pieces. That way, you will increasingly be able to feel the benefits of sugar cane. 4. Hydrate the Body When the weather is hot, you should consume sugar cane water. The reason is sugarcane juice is useful for hydrating your body. Sugarcane juice which has many benefits in fact can add fluid to your body, so you avoid dehydration. 5. Strengthening the Immune System If you are diligent in consuming sugar cane water it will certainly bring many health benefits. One of them is to increase your immune system. The content of vitamin C and antioxidants in sugar cane can prevent you from some serious diseases, such as prostate cancer and breast cancer. 6. Natural Energy Enhancer Sugarcane juice contains glucose high enough, so that it can help increase your body’s energy. Cane contains natural glucose which can encourage metabolism in the body. 7. Make the Body Relax and Reduce Stress Sugarcane juice contains amino acids which can make your body feel more relaxed and reduce stress hormone levels. Amino acids can also help you have a better quality of sleep, so that you sleep more soundly and your mind becomes calmer.

8. Maintain Nail Health Sometimes the appearance of nails can be an indicator of the health of a person’s body. If nutrient intake is lacking, the nails will turn out to be less bright. The mineral content in sugar cane can help you take care of your nail health, so it’s good for you to consume.

Source:

Https://id.wikipedia.org/wiki/Tebu

Https://www.halodoc.com/artikel/8-manfaat-tebu-untuk-kesehatan-tubuh

Fun Facts:

It turns out that if we eat sugar cane using our teeth, then automatically when we bite it indirectly, the bagasse can clean our teeth from dirt and dirt.

Source:

Https://www.newtimes.co.rw/section/read/188675

How To Plant a Saccharum Officinarum tree?

1. Choose a Healthy Sugar Cane Plant

Sugar cane is most easily found during the harvest season, in late summer and early autumn (Note: in Indonesia, in the dry months). If you cannot find sugarcane seeds at the local garden center, often these plants can be found growing on the roadside and in the farm market. Asian specialty grocery stores abroad, usually also provide sugarcane (stem) plants.

Look for long, thick stems, large ones that will produce healthy new plants.
The stem has several books, and new plants will sprout from each of them. Buy the sugar cane you need to get the crop you want.

2. Cut the Cane Sprout into Parts with a Length of About 30 cm

Try each piece of three to four books, so it is bigger to produce lots of tuna. If you still have leaves or flowers on the sugar cane, remove the section. To cut the shoots it is also necessary to use a sugar cane bud cutting machine to facilitate the taking of the candidates for sugarcane shoots to be planted.
3. Making lines (elongated grooves, such as trenches) on the part of land that is exposed to the sun

Sugar cane is planted in a horizontal position on the sloping ground, at the height of the groove or trench around 10 cm. The process of planting sugar cane requires full sun, so choose an area that is not shaded. Galih strains that are long enough for each cane you will plant, by giving a distance between lines about 30 cm.

Use a shovel that has a flat end or a hoe, from using a trowel tipped or curved, to facilitate the excavation or manufacture of furrows.
Large-scale sugar cane growers should ideally have more sophisticated equipment for ditches.

Use a hose to prepare sugar cane preparation. Don’t forget to make sure that the water seeps into the soil and that there are no puddles left before you plant it.
5. Plant sugar cane

Plant sugar cane into the ground along the groove in a horizontal position, then cover with soil. It is not allowed to plant sugarcane stems in an upright position, because it will not grow.
6. Wait for the Cane to Grow

In the spring, usually in April or May, tuna will start growing from sugar cane books. At that time you will see these shoots suddenly poking out of the ground to form special sugar cane stems. This new sugar cane will grow taller until the end of summer.

What you can use all from the tree?


Sugar Facts and Myths: Why Sugar is Bad for You

No Organic Merchant sells white sugar or any products containing white sugar because it is a foodless food. It is 99.96% sucrose and when taken into the human body in this form is potentially dangerous. It is touted as an energy food, but such sugar myths are propaganda and is misleading for there is ample evidence that white sugar robs the body of B vitamins, disrupts calcium metabolism and has a deleterious effect on the nervous system. This is why processed sugar is bad for you.

The above sugar facts can be concluded by anyone through reading but in addition to the reading, I have taken the trouble to visit sugar refineries in both Hawaii and California. Aside from general curiosity, my reason for these visits was that I had been selling "raw" or brown sugar without understanding what they are. There was no information available which seemed dependable.

Sugar cane is grown with the use of synthetic fertilizers and weed sprays. The fields are burned just previous to harvest. These are destructive agricultural practices nothing truly good can come from soil so mistreated. I would, therefore, be uninterested in consuming anything derived from commercially grown sugar cane, either brown sugar or molasses.

Sugar refining is largely a mechanical process done in truly huge machines which boil, spin, filter and separate. Aside from water, the materials which enter the processing are lime, phosphoric acid and diatomaceous earth. I don't consider any of these additives significant where white sugar is concerned because one thing is certainly true about white sugar it is "pure". No chemical residues could possibly remain at the end of the line, so effective is their purification process.

There are three kinds of sugar which are not white: light brown, dark brown and Kleenraw. They are all made the same way—by adding back molasses to refined sugar. For years I have heard several different versions of how these so-called "raw" sugars are made. All of them led me to believe that the so-called "raw" sugar which has traditionally been used in the health food industry is a "partially refined" product removed from the refining process sometimes before the final stage of white sugar. But my investigation have proved this impression erroneous. All forms of non-white sugars are made from a base of white sugar.

The numbers go like this: Partially refined or "raw" sugar is 97% sucrose when it leaves Hawaii and goes through a gigantic California refinery to produce refined sugar, 99.96% sucrose. For Kleenraw they add back 5% molasses, for light brown they add back 12% molasses, for dark brown they add back 13% molasses. A special crystallization process is used for Kleenraw designed especially to create a raw-like illusion.

All sugar companies use similar processes, as it is against the law to sell sugar which has not been refined. Ostensibly, the purpose of this law is to protect us in reality it means we have no freedom to choose what kind of sugar we would use. Personally, I would like to be able to buy sugar from an organically grown cane in the form of an almost black, syrupy mass of crystals. It is rumored that the law which prevents us from buying such true raw sugar was enacted as a result of powerful lobbying on the behalf of the sugar refining companies.

Organic Merchants do not sell brown or "raw" sugar or any products containing brown sugar either, because the plain fact is that brown sugar is a shuck (for those not familiar with the term, let's call brown sugar phony).

It does not seem to me to be a good judgement to ban white sugar because it is refined to the point of foodlessness containing neither vitamins nor minerals, a definite potential human heath hazard. and then turn around and sell a product which is made from 87% of the very same white sugar. Having done a thorough personal investigation, I can assure you that brown sugar is nothing more than white sugar wearing a mask.

Besides not liking the 87% part of brown sugar—meaning the white sugar—I don't like much the 13% part either—the molasses. For one thing, the ecologically unsound agricultural practices I mentioned previously for another thing those mammoth filtration units the molasses comes out of which are filled with charred beef bones. A representative from one of the sugar companies who came to see me to answer some questions from a letter I have written said the burned beef bones were to give the white sugar a more pleasing "aesthetic" effect. He explained that burned beef bones make white sugar whiter. Of course it's purely personal opinion but I say God save us from such "aesthetics".

I have not seen Turbinado or Demarara sugar produced, but my understanding of sugar procesing enables me to make the following wager with complete confidence: I'll bet Turbinado sugar is at least 95% sucrose. I'm so confident that I would not lose those bets that I won't sell Turbinado or Demarara either. That wager makes no pretense of being founded on "scientific" grounds but on first-hand experience of what sugar looks like during the refining procedure.

Not having known the facts, some Organic Merchants have allowed so-called "raw sugar" to have a home in their stores. Probably some products containing it are popular. Our intention is not take the pleasure out of anyone's life, but to play a part in upgrading the quality of American food. If enought of us stop buying junk—even the better junk—the food manufacturers will listen.


ビデオを見る: マイクラハコクラEP20 必見高性能コンブ自動収穫機の作り方前編 #Minecraft #マインクラフト