コレクション

Austrocylindropuntia cylindrica(Cane Cactus)

Austrocylindropuntia cylindrica(Cane Cactus)


学名

Austrocylindropuntia cylindrica (ラム)バッケベルク

一般名

杖サボテン、珊瑚サボテン

同義語

サボテンcylindricus (バシオニム)、Austrocylindropuntia intermedia、Cylindropuntia cylindrica、Cylindropuntia intermedia、Opuntia bradleyi、Opuntia cylindrica

科学的分類

家族: サボテン科
亜科: ウチワサボテン科
部族: Austrocylindropuntieae
属: Austrocylindropuntia

説明

Austrocylindropuntia cylindrica は、高さ14フィート(4.2 m)までの枝分かれした、ずんぐりしたサボテンで、直径2.4インチ(6 cm)までの緑色の茎部分があり、白い棘で覆われています。緑の葉はほぼ円筒形で、長さは最大1インチ(2.5 cm)です。花は小さく、緋色で、直径は最大3.8インチ(7 cm)です。緑黄色の果実には、ハードコートで覆われた多くの種子が含まれています。

丈夫さ

USDA耐寒性ゾーン9aから10b:20°F(-6.7°C)から40°F(+ 4.4°C)。

成長とケアの方法

内の多種多様な種が ウチワサボテン 属は、さまざまな種類のウチワサボテンがわずかに異なるケアを必要とする可能性があることを意味します。すべてが砂漠のサボテンであり、多くの太陽、多くの光、そして非常に少ない水を必要とします。あなたが暑くて乾燥した地域に住んでいるなら、これらの植物は一般的に屋外に植えられ、放っておいて、楽しむことができます。

砂漠のサボテンとして、ウチワサボテンは繁栄するために最大の日光を必要とし、可能な限り直射日光にさらされるべきです。水はほとんど必要ありません。これらの干ばつに強い植物は、暑くて乾燥した地域で最もよく育ち、過剰な水はそれらを腐らせる可能性があります。高温が最適ですが、これらのサボテンは非常に広い範囲の温度に耐えることができます。の最も重要な土壌要件 ウチワサボテン それはよく排水するということです。それ以外は、基本的な培養土は大丈夫です、これらのサボテンはロックガーデンでも育ちます。

でも ウチワサボテン 庭でうまく育ちますが、鉢でも育てられます。植え替えるには、土が乾いていることを確認してから、土を取り除き、古い土をノックアウトします。切り傷を殺菌剤で処理した後、ウチワサボテンを新しいポットに入れ、培養土で埋め戻します。新しいカッティングと同様に、根が腐らないように、新しく植え替えたウチワサボテンに短期間水をやらないように注意してください…–詳細は次を参照してください:ウチワサボテンの成長とケアの方法

原点

エクアドルとペルー原産。

リンク

  • 属に戻る Austrocylindropuntia
  • 多肉植物:学名、一般名、属、家族、USDA耐寒性ゾーン、起源、または属別のサボテンで多肉植物を閲覧する

フォトギャラリー


今すぐ購読して、最新のニュースやアップデートを入手してください。





Austrocylindropuntia cylindrica

家族
ネイティブ
説明

この種はクリステートの形をしており、白いアレルと小さな棘を持つエメラルドグリーンの「扇形」の成長を生み出します。

環境

この植物は多孔質のサボテン土壌で最もよく育ち、良好な排水が必要でした。日光に優しい植物で、これには十分な明るい光と空気の流れが必要です。土が乾いて触れると、水やりが必要になります。

風景の用途

自然柵として栽培されており、コンテナ植物やサボテン園としても利用できます。

生き続けるのが最も簡単-サボテンは怠慢で繁栄します!砂漠気候から来るサボテンは太陽が大好きです!ただし、インドの午後の太陽に注意してください。特に熱を拡大するガラスの後ろでそれらを極端な熱に保つと、サボテンが燃える可能性があります。太陽に面した側でサボテンが茶色または黄色に変わることに気付いた場合は、涼しい場所で繁栄してみてください。

サボテンに水をやる場合、黄金律は水をやる前に土壌が完全に乾いていることを確認することです!これは根が腐敗するのを防ぎます。余分な水が排出されるように、常に排水穴のある鉢を使用することをお勧めします。日当たりの良い場所に保管する場合は、週に1回水をやる必要があります。半日陰またはフィルター処理された明るい場所にある場合は、2週間に1回水をやる必要があるかもしれません。

通気性が良く、水はけの速いサボテンのような土壌。サボテンは、成長期の夏に施肥することができます。冬の間は、肥料を減らして植物を休ませるのが最善です。


  • 1カンナビノイド
  • 2トリプタミン
    • 2.1キツネノマゴ科
    • 2.2カエデ科
    • 2.3ハマミズナ科
    • 2.4キョウチクトウ科
    • 2.5マメ科(マメ科)
    • 2.6ジャケツイバラ亜科
    • 2.7クスノキ科
    • 2.8キントラノオ科
    • 2.9ニクズク科
    • 2.10オクナ科
    • 2.11タコノキ科
    • 2.12イネ科(イネ科)
    • 2.13タデ科
    • 2.14アカネ科
    • 2.15ミカン科[73] [74]
  • 3フェネチルアミン
  • 4ベータカルボリン
    • 4.1キョウチクトウ科
    • 4.2ノウゼンカズラ科
    • 4.3ロウバイ科
    • 4.4アカザ科
    • 4.5シクンシ科
    • 4.6カヤツリグサ科
    • 4.7グミ科
    • 4.8イネ科
    • 4.9クスノキ科
    • 4.10マメ科
    • 4.11マチン科
    • 4.12キントラノオ科
    • 4.13ニクズク科
    • 4.14オクナ科
    • 4.15パルマエ
    • 4.16ケシ科
    • 4.17トケイソウ科
    • 4.18タデ科
    • 4.19アカネ科
    • 4.20ミカン科
    • 4.21アカテツ科
    • 4.22ニガキ科
    • 4.23ナス科
    • 4.24ハイノキ科
    • 4.25シナノキ科
    • 4.26ハマビシ科
  • 5他の精神活性物質を含む植物
  • 6関連項目
  • 7参考文献
  • 8参考文献
  • 9外部リンク

大麻 (マリファナ)は、医学的および娯楽的によく使用される人気の向精神薬です。の向精神薬 大麻、THCは、窒素を含まず、インドール、トリプタミン、フェネチルアミン、抗コリン作用薬(デリリアント)、または解離性薬物ではないという点で独特です。 大麻 植物は変化する傾向があり、異なる菌株はカンナビノイド(THC、CBDなど)の動的バランスを生み出し、著しく異なる効果をもたらします。人気のある菌株はしばしばの雑種です 大麻サティバ そして 大麻インディカ.

一部の大学や研究会社は現在、大麻の薬効を研究しています。多くの法域には、医療用および娯楽用大麻の販売および使用を規制または禁止する法律があります。

サイケデリックな植物の多くにはジメチルトリプタミン(DMT)が含まれており、これは鼻から吸い込むか(ビロラ、ヨポの嗅ぎタバコ)、気化させるか、MAOI(アヤワスカ)で飲みます。 MAOIなしでは経口的に活性がなく、気化させるには極度に濃縮する必要があるため、単純に食べることはできません。

キツネノマゴ科編集

, アルカロイド含有量は、与えられている場合、乾燥した材料を指します

  • Fittonia albivenis、南アメリカからの一般的な観賞植物。

カエデ科編集

  • エイサーサッカリナム (シルバーメープルツリー)は、葉にインドールアルカロイドグラミン(活性がなく、非常に毒性が高い)を0.05%含むことがわかったため、この植物ファミリーの他のメンバーに活性化合物が含まれている可能性があります。 [1]

ハマミズナ科編集

  • Delosperma acuminatum、DMT、5-MeO-DMT [2] [信頼できないソース?]
  • Delosperma cooperi、DMT、5-MeO-DMT [2]
  • Delosperma ecklonis、DMT [2]
  • Delospermaesterhuyseniae、DMT [2]
  • デロスペルマハリイ、5-MeO-DMT [2]
  • Delosperma harazianum、DMT、5-MeO-DMT [2]Delosperma harazianum
    シバーム、DMT [2]
  • デロスペルマヒルタム、DMT [2]デロスペルマハリイ
    aff。リトラル
  • Delosperma lydenbergense、DMT、5-MeO-DMT [2]
  • Delosperma nubigenum、5-MeO-DMT [2]
  • Delosperma pageanum、DMT、5-MeO-DMT [2]
  • Delosperma pergamentaceum、DMTの痕跡[2]
  • Delosperma tradescantioides、DMT [2]

キョウチクトウ科編集

マメ科(マメ科)編集

  • アカシアアクミナタ、最大1.5%のアルカロイド、主に樹皮と葉のジメチルトリプタミンからなる[4]また、ハルマン、トリプタミン、NMT、その他の葉のアルカロイド。 [要出典]
  • アカシアアルピナ、葉の有効成分[5] [信頼できないソース?]
  • アカシアangustissima、β-メチル-フェネチルアミン、[6]葉のNMTおよびDMT(1.1-10.2 ppm)[7]
  • アカシアの香り、トリプタミンアルカロイド。 [8]種子中のかなりの量のトリプタミン。 [9]
  • Acacia auriculiformis、茎の樹皮の5-MeO-DMT [10]
  • アカシアバイレヤナ、0.02%トリプタミンおよびβ-カルボリン、葉、テトラヒドロハルマン[11]
  • アカシアbeauverdiana、向精神薬[12]ピトゥリで使用される灰。 [13]
  • アカキア・ベルランディエリ、DMT、アンフェタミン、メスカリン、ニコチン[14]
  • アカシアカテチュ、DMTおよび葉、樹皮中の他のトリプタミン[要出典]
  • アカシア洞窟、向精神薬[15]
  • アカシアチュンドラ、DMTおよび葉、樹皮中の他のトリプタミン
  • アカシアコレイ、DMT [16]
  • アカシアコンプラナタ、葉と茎に0.3%のアルカロイド、ほとんどすべてのN-メチル-テトラヒドロハルマン、微量のテトラヒドロハルマン、一部のトリプタミン[17] [18] [19]
  • ソウシジュ、葉、茎および樹皮のDMTおよびNMT 0.04%NMTおよび茎の0.02%DMT。 [5]またN、N-ジメチルトリプタミンN-オキシド[20]
  • ナガホアリアカシア、向精神薬、[15]トリプタミン[21] C.RastchによるDMT。
  • アカシアカルトリフォルミス、トリプタミン、葉、茎[5]および種子。 [9]葉と種子中のフェネチルアミン[9]
  • アカシアcuthbertsonii、向精神薬[12]
  • ミモザアカシア、向精神薬、[15]、ただし0.02%未満のアルカロイド[11]
  • アカシアdelibrata、向精神薬[12]
  • アカシアファルカタ、向精神薬、[12]が0.02%未満のアルカロイド[11]向精神薬0.2-0.3%アルカロイド[要出典]
  • アカシアファルネシアナ、果物中の微量の5-MeO-DMT [22]。 β-メチルフェネチルアミン、花。 [23]エーテルは、乾燥した葉の質量の約2〜6%を抽出します。 [24]アルカロイドは樹皮[25]と葉に存在します。 [26]アンフェタミンとメスカリンも木に見られます。 [21]
  • Acacia flavescens、強い向精神薬、樹皮。
  • アカシアフロリバンダ、トリプタミン、フェネチルアミン、[27]花中[9]他のトリプタミン、[28] DMT、トリプタミン、NMT 0.3-0.4%葉状腫瘍。 [29]
  • Acacia georginae、向精神薬、[15]プラス致命的な毒素
  • アカシアホリダ、向精神薬[15]
  • アカシアインプレクサ、向精神薬[30]
  • アカシアジュレマ、DMT、NMT
  • アカシアカルー、向精神薬
  • アカシアラエタ、DMT、葉の中[5]
  • ナガバアカシア、樹皮、葉、一部の花に0.2%トリプタミン、花にフェニルエチルアミン、[27]植物に0.2%DMT。 [31]ヒスタミンアルカロイド。 [11]
  • アカシアソフォラエ、葉、樹皮中のトリプタミン[9]
  • アカシアマクラデニア、トリプタミン[9]
  • Acacia maidenii、0.6%のNMTとDMTが茎の樹皮に約2:3の比率で存在し、どちらも葉に存在します[5]。
  • アカシアマンギウム、向精神薬[15]
  • アカシアメラノキシロン、DMT、樹皮および葉、[32]が、総アルカロイドの0.02%未満[11]
  • アカシアメリフェラ、DMT、葉の中[5]
  • アラビアゴムモドキ、DMT、葉の中[5]
  • Acacia niloticasubsp。収斂剤、向精神薬、葉のDMT
  • アカシアニューロフィラ 樹皮のDMT、葉のハーマン。 [33]
  • アカシアobtusifolia、トリプタミン、DMT、NMT、その他のトリプタミン、[34]乾燥樹皮で0.4-0.5%、葉で0.15-0.2%、枝の先端で0.07%。 [35]
  • アカシアエルフォタ、葉のDMTが0.1%未満、[36] NMT
  • アカシアペニネルビス、向精神薬[12]
  • アカシアフレボフィラ、葉に0.3%DMT、NMT [5]
  • アカシアpodalyriaefolia、葉中のトリプタミン、[5]新鮮な樹皮中の0.5%から2%のDMT、フェネチルアミン、微量。 [27]この種は新鮮な樹皮に0.5%から2%のDMTを含むと主張されていますが、参考記事のどこにもアカシアPodalyriffoliaへの言及がないため、これに関する言及は無効です。さらに、DMTのよく知られた実証済みの抽出技術では、さまざまな季節に採取された複数のサンプルで、新鮮な樹皮または葉からDMTまたはアルカロイドを生成できませんでした。 DMTが実際にこの種のアカシアに存在する場合、DMTは非常に少量で存在し、HCl / Na(OH)2を使用した酸/塩基抽出技術ではアルカロイドを生成できませんでした。同じように、サンプルの適切な化学分析を用いて、この種および他のオーストラリアのアカシア種のDMT含有量についてより多くの学術研究が確実に必要とされています。 [要出典]
  • アカシアポリアカンサ、葉のDMT [5]および葉、樹皮の他のトリプタミン
  • アカシアポリアカンサ ssp。 campylacantha、葉中のDMTが0.2%未満、葉、樹皮中のNMTDMTおよびその他のトリプタミン[37]
  • アカシアリジデュラ、DMT、NMT、トリプタミン、微量のアンフェタミン、メスカリン、ニコチンなど[38]
  • アカシアサッサ、向精神薬[15]
  • アカシアシャフネリ、β-メチル-フェネチルアミン、フェネチルアミン[39]アンフェタミンおよびメスカリンも検出されました。 [21]
  • アカシアセネガル、葉中のDMTが0.1%未満、[5] NMT、その他のトリプタミン。植物のDMT、[23]樹皮のDMT。 [9]
  • アカシアセヤル、DMT、葉の中。 [5]エーテルは、乾燥した葉の質量の約1〜7%を抽出します。 [24]
  • Acacia sieberiana、DMT、葉の中[5]
  • アカシアシンプレックス、DMTおよびNMT、葉、茎および幹の樹皮、樹皮中の0.81%DMT、MMT [5] [40]
  • アカシアトルティリス、DMT、NMT、およびその他のトリプタミン[30]
  • アカシアベスティタ、トリプタミン、葉と茎、[5]が、総アルカロイドの0.02%未満[11]
  • アカシアビクトリア、トリプタミン、5-MeO-アルキルトリプタミン[9]
  • サンプリングされた材料にアルカロイドがほとんどまたはまったく含まれていないアカシア種のリスト:[11]
    (0%≤< displaystyle leq>C≤< displaystyle leq> 0.02%、アルカロイドの濃度)
    • アカシアアシナセア
    • アカシアバイレヤナ
    • ミモザアカシア
    • アカシアdealbata
    • アカシアmearnsii
    • アカシアドラムモンディ
    • アカシアエラタ
    • アカシアファルカタ
    • アカシアレプロサ
    • アカシアリニアリス
    • アカシアメラノキシロン
    • アカシアピクナンサ
    • アカシアレチノード
    • アカシア・サリグナ
    • アカシアストリクタ
    • Acacia verticillata
    • アカシアベスティタ
  • Albizia inundata 葉にはDMTが含まれています。 [15]
  • Anadenanthera colubrina、ブフォテニン、豆、[41] [42]酸化ブフォテニン、豆、[41] N、N-ジメチルトリプタミン、豆、[41] [42]ポッド、[41]
  • Anadenanthera colubrinavar。セビル -ブフォテニンとジメチルトリプタミンは種子と種子のさやから分離され、5-MeO-DMTは茎の樹皮から分離されました。 [43]種子には、12.4%のブフォテニン、0.06%の5-MeO-DMT、および0.06%のDMTが含まれていることがわかった。 [44]
  • ヨポ,

1,2,3,4-テトラヒドロ-6-メトキシ-2,9-ジメチル-ベータ-カルボリン、植物、[45] 1,2,3,4-テトラヒドロ-6-メトキシ-2-メチル-ベータ-カルボリン、植物、[42] 5-メトキシ-N、N-ジメチルトリプタミン、樹皮、[42] 5-メトキシ-N-メチルトリプタミン、樹皮、[42]ブフォテニン、植物、[42]豆、[41]ブフォテニンN-オキシド、フルーツ、[42]豆、[41] N、N-ジメチルトリプタミン-オキシド、フルーツ[42] [46]

  • Anadenanthera peregrinavar。ペレグリナ、ブフォテニンは種に含まれています。 [47]
  • Desmanthus illinoensis、根皮の0〜0.34%DMT、非常に変動しやすい。 [48]また、NMT、N-ヒドロキシ-N-メチルトリプタミン、2-ヒドロキシ-N-メチルトリプタミン、およびグラミン(毒性)。 [49]
  • Desmanthus leptolobus、根皮中の0.14%DMT、D。illinoensisよりも信頼性が高い[48]
  • Desmodium caudatum[50](同義語。 Ohwia caudata)、ルーツ:0.087%DMT、
  • Desmodium intortum、ブフォテンチン、DMT [51]
  • Codariocalyx motorius(syn。 マイハギ)、DMT、5-MeO-DMT、葉、根
  • Desmodiumracemosum、5-MeO-DMT
  • Desmodium triflorum、0.0004%DMT-N-オキシド、根、[52]茎では少なく[52]、葉では痕跡。 [52]
  • Lespedeza capitata,
  • ヤマハギ、DMT、葉と根の5-MeO-DMT [53]
  • ヤマハギvar。ジャポニカ、DMT、葉および根皮の5-MeO-DMT
  • ミモザ眼球中心、乾燥した根:DMT 1.6%、NMT 0.0012%およびホルデニン0.0065%[54]
  • ミモザスカブレラ、樹皮中のトリプタミン、NMT、DMTおよびN-メチルテトラヒドロカルボリン[55]
  • ミモザソムニアン、トリプタミンおよびMMT
  • ミモザテヌイフローラ (同義語「Mimosahostilis」)、0.31〜0.57%DMT(乾燥した根の樹皮)。 [56]
  • ミモザverrucosa、根皮のDMT [57]
  • ハッショウマメ、「葉、種子、茎、根には、L-ドーパ、セロトニン、5-HTP、ニコチン、N、N-DMT、ブフォテニン、5-MeO-DMTが含まれています。」 [58]
  • Petalostylis casseoides、葉および茎中の0.4〜0.5%のトリプタミン、DMTなど[53]
  • Petalostylis labicheoidesvar。カセオイデス、葉と茎のDMT
  • Phyllodium pulchellum(syn。 Desmodium pulchellum)、0.2%5-MeO-DMT、少量のDMT [53] DMT(苗木および若い植物で優勢)、5-MeO-DMT(成熟した植物で優勢)、植物全体、根、茎、葉、花
  • Erythrina flabelliformis、その他 エリスリナ 種、種子にはアルカロイドのエリソジンとエリソビンが含まれています[59]。

ジャケツイバラ亜科編集

  • Petalostylis cassioides:葉と茎に0.4-0.5%のトリプタミン、DMTなど[60]
  • Petalostylis labicheoides、葉と茎のトリプタミン、MAOは最大0.5%[61] [信頼できないソース?]

クスノキ科編集

キントラノオ科編集

ニクズク科編集

  • Horsfieldia superba:5-MeO-DMT [53]およびベータカルボリン[60]
  • Iryanthera macrophylla:樹皮中の5-MeO-DMT [53]
  • Iryanthera ulei:樹皮の5-MeO-DMT
  • Osteophloem platyspermum:DMT、樹皮中の5-MeO-DMT
  • ビロラ・カリフィラ、0.149%DMTを残し、樹皮に0.006%MMT5-MeO-DMTを残します[64]
  • Virola calophylloidea、DMT
  • ビロラカリナタ、葉のDMT
  • Virola cuspidata、DMT [61]
  • ビロラdivergens、葉のDMT
  • ビロラエロンガタ(syn。 Virola theiodora)、DMT、樹皮、根、葉、花の5-MeO-DMT
  • Virola melinonii、樹皮のDMT
  • Virola multinervia、DMT、樹皮および根の5-MeO-DMT
  • ビロラパボニス、葉のDMT
  • Virola peruviana、5-MeO-DMT、樹皮中の微量のDMTおよび5-MeO-トリプタミン
  • ビロラ・ルフラ、樹皮および根のアルカロイド、その95%はMeO-DMT [65]樹皮の0.190%5-MeO-DMT、根の0.135%5-MeO-DMT、葉の0.092%DMT。
  • ビロラセビフェラ、樹皮には0.065%から0.25%のアルカロイドが含まれており、そのほとんどはDMTと5-MeO-DMTです。 [66]
  • Virola venosa、DMT、根の5-MeO-DMT、DMTを残す

オクナ科編集

タコノキ科編集

イネ科(イネ科)編集

一部のイネ科(草)種にはイネ科植物が含まれており、ヒツジの脳損傷、他の臓器損傷、中枢神経系損傷、および死を引き起こす可能性があります。 [67]

  • アルンドドナックス、乾燥根茎中の0.0057%DMT、茎なし、0.026%ブフォテニン、0.0023%5-MeO-MMT [68]
  • Phalaris aquatica、0.0007-0.18%総アルカロイド、[69] 0.100%DMT、[70] 0.022%5-MeO-DMT、[70] 0.005%5-OH-DMT [70]
  • クサヨシ、0.0004-0.121%総アルカロイド[69]
  • Phalaris brachystachys、総アルカロイドの最大3%の空中部分、DMTが存在する[要出典]
  • ヨシ、根のDMT。

上記のアルカロイドのどれもで発見されたとは言われていません Phalaris californica, カナリークサヨシ, ファラリスマイナー とのハイブリッド P. arundinacea 一緒に P.アクアティカ. [69]

タデ科編集

アカネ科編集

  • Psychotria carthagenensis、乾燥葉の0.2%平均DMT
  • Psychotria expansa、DMT [61]
  • Psychotria forsteriana、DMT [61]
  • Psychotria insularum、DMT [61]
  • Psychotria poeppigiana、[71] DMT [61]
  • Psychotria rostrata、DMT [61]
  • Psychotria rufipilis、DMT [61]
  • サイコトリアビリディス、DMT 0.1-0.61%乾燥質量。 [72]

ミカン科[73] [74]編集

  • Dictyoloma incanescens、葉の5-MeO-DMT、[65]樹皮の0.04%5-MeO-DMT [53]
  • Dutaillyea drupacea、> 0.4%葉中の5-MeO-DMT [30]
  • Dutaillyea oreophila、葉の5-MeO-DMT
  • ゴシュユ(syn。 ゴシュユ)、葉、果実、根の5-MeO-DMT
  • Limonia acidissima、ステム内の5-MeO-DMT
  • Euodia leptococca (以前は メリコペ)、0.2%の総アルカロイド、0.07%の葉と茎の5-MeO-DMT 5-MeO-DMT、また「5-MeO-DMT-酸化物とベータカルボリン」[60]
  • Pilocarpus Organensis、葉の5-MeO-DMT
  • ヴェプリスアンポディ、葉と枝で最大0.2%のDMT [53]
  • Zanthoxylum arborescens、葉のDMT
  • サンショウ属procerum、葉のDMT
  • Citrus_limon、DMT、葉中のN-メチル化トリプタミン誘導体[75] [76]
  • 柑橘類のシネシス、DMT、N-メチル化トリプタミン誘導体[75] [76]
  • 柑橘類のベルガモット、DMT、N-メチル化トリプタミン誘導体[75] [76]
  • マンダリンオレンジ 葉中の微量のN-メチル化トリプタミン誘導体。 [77] [76]
  • キノットの木、葉中のN-メチル化トリプタミン誘導体[77] [76]
  • 柑橘系のメディカ、葉中のN-メチル化トリプタミン誘導体[77] [76]

, アルカロイド含有量(フレッシュ) - アルカロイド含有量(乾燥)

  • コリファンタ マクロメリン、コリファンチン、 O-メチルカンディシン、コリパルミン、および N-メチル-コリパルミン。 [78] [79]
  • 天守閣 (syn。 Trichocereus bridgesii)、メスカリン> 0.025%、[80]またDMPEA [81]
  • Echinopsisscopulicola (syn。 トリコケレウススコプリコラ)、メスカリン[82] Lycaeum
  • Echinopsis pachanoi (syn。 Trichocereus pachanoi)、メスカリン0.006-0.12%、0.05%平均[83]メスカリン0.01%-2.375%[83]
  • トリコケレウススパキアナ (syn。 Trichocereus spachianus)、メスカリン[84]メスカリン[84]
  • Lophophora williamsii (ペヨーテ)、0.4%メスカリン[82] 3-6%メスカリン[84]
  • Opuntia acanthocarpa メスカリン[85]
  • Opuntia basilaris メスカリン0.01%、および4-ヒドロキシ-3-5-ジメトキシフェネチルアミン[84]
  • Austrocylindropuntia cylindrica (syn。 ウチワサボテン)、[86]メスカリン[84]
  • Cylindropuntia echinocarpa (syn。 Opuntia echinocarpa)、メスカリン0.01%、DMPEA 0.01%、4-ヒドロキシ-3-5-ジメトキシフェネチルアミン0.01%[84]
  • Cylindropuntiaspinosior (syn。 ウチワサボテン)、[87]メスカリン0.00004%、3-メトキシチラミン0.001%、チラミン0.002%、3-4-ジメトキシフェネチルアミン。 [84]
  • Echinopsis macrogona (syn。 Trichocereus macrogonus)、> 0.01-0.05%メスカリン[88]
  • Echinopsis peruviana (syn。 Trichocereus peruvianus)、メスカリン0.0005%-0.12%[83]メスカリン
  • Echinopsis tacaquirensis 亜種 taquimbalensis (syn。 Trichocereustaquimbalensis)、[89]> 0.005-0.025%メスカリン[88]
  • Echinopsis terscheckii (syn。 Trichocereus terscheckii, Trichocereus werdemannianus)[90]> 0.005-0.025%メスカリン[88]メスカリン0.01%-2.375%[83]
  • エキノプシスバリダ、0.025%メスカリン[82]
  • Pelecyphora aselliformis、メスカリン[82]

ベータカルボリンは「可逆的」MAO-A阻害剤です。それらはアヤワスカを作るために使用されるいくつかの植物に見られます。高用量では、テトラヒドロハルミンはそれ自体でいくらか幻覚を起こします。 β-カルボリンはベンゾジアゼピン受容体インバースアゴニストであるため、けいれん、不安惹起、記憶増強効果があります。 [91]

キョウチクトウ科編集

  • チョウジソウ、ハルミン
  • Aspidosperma exalatum、ベータカルボリン[92]
  • アスピドスペルマポリニューロン、ベータカルボリン[92]
  • Apocynum cannabinum、ハーマロール
  • Ochrosia nakaiana、ハーマン
  • Pleicarpa mutica、ベータカルボリン[92]

ノウゼンカズラ科編集

ロウバイ科編集

アカザ科編集

シクンシ科編集

カヤツリグサ科編集

グミ科編集

  • Elaeagnus angustifolia、ハーマンなど
  • Elaeagnus commutata、ベータカルボリン[92]
  • Elaeagnus hortensis、テトラヒドロハルマンなど。
  • Elaeagnus orientalis、テトラヒドロハルマン
  • Elaeagnus spinosa、テトラヒドロハルマン
  • Hippophae rhamnoides、ハーマンなど
  • シェフェルディアアルゲンテア、テトラヒドロハーモル
  • シェフェルディアカナデンシス、テトラヒドロハーモル

イネ科編集

  • アルンドドナックス、テトラヒドロハルマン
  • Festuca arundinacea、ハーマンなど
  • ロリウムペレンヌ、(ペレニアルライグラス)、ハーマンなど。
  • Phalaris aquatica、ベータカルボリン[92]
  • クサヨシ、ベータカルボリン[92]

クスノキ科編集

マメ科編集

  • アカシアバイレヤナ、テトラヒドロハルマン
  • アカシアコンプラナタ、テトラヒドロハルマンなど。
  • ブルケアアフリカーナ、ハーマンなど
  • Desmodium gangeticum、ベータカルボリン[92]
  • マイハギ、ベータカルボリン[92]
  • Desmodium pulchellum、ハーマンなど
  • ハッショウマメ、6-メトキシ-ハーマン
  • Petalostylis labicheoides、テトラヒドロハルマンMAOは最大0.5%[61]
  • プロソピスニグラ、ハーマンなど
  • シェフェルディアプルケラム、ベータカルボリン[92]

マチン科編集

キントラノオ科編集

  • バニステリオプシスアルゼンチン、5-メトキシテトラヒドロハルマン、(-)-N(6)-メトキシテトラヒドロハルマン、ジメチルトリプタミン-N(6)-オキシド[6]
  • バニステリオプシスカアピ、ハルミン0.31-0.84%、[93]テトラヒドロハルミン、テレパシン、ジヒドロシフニン、[94]樹皮中の5-MeO-DMT [95]
  • Banisteriopsis inebrians、ベータカルボリン[92]
  • バニステリオプシスルテア、ハルミン、テレパシン[6]
  • バニステリオプシスメタリックロール、ハルミン、テレパシン[6]
  • バニステリオプシスムリカタ 最大6%のハルミン、最大4%のハルマリン、およびDMT [96]
  • ディプロプテリスカブレラナ、ベータカルボリン[92]
  • Cabi pratensis、ベータカルボリン[92]
  • Callaeum抗熱性(syn。 カビパラエンシス)、ハルミン
  • Tetrapterys methystica(syn。 Tetrapteris methystica)、ハルミン[97]

ニクズク科編集

  • Gymnacranthera paniculata、ベータカルボリン[92]
  • Horsfieldia superba ベータカルボリン[60]
  • Virola cuspidata、6-メトキシ-ハーマン
  • ビロラ・ルフラ、ベータカルボリン[92]
  • Virola theiodora、ベータカルボリン[92]

オクナ科編集

パルマエ編集

ケシ科編集

  • Meconopsishorridula、ベータカルボリン[92]
  • Meconopsis napaulensis、ベータカルボリン[92]
  • Meconopsis paniculata、ベータカルボリン[92]
  • Meconopsisrobusta、ベータカルボリン[92]
  • Meconopsis rudis、ベータカルボリン[92]
  • ヒナゲシ、ベータカルボリン[92]

トケイソウ科編集

  • トケイソウアクチニア、ハーマン
  • ブラジルトケイソウ、ハーマン
  • トケイソウアルバ、ハーマン
  • Passiflora bryonoides、ハーマン
  • Passiflora caerulea、ハーマン
  • Passiflora capsularis、ハーマン
  • Passiflora decaisneana、ハーマン
  • Passiflora edulis、ハーマン、果実中0-7001 ppm [23]
  • Passifloraeichleriana、ハーマン
  • Passiflora foetida、ハーマン
  • Passiflora incarnata (ミツバチを含む)、ハルミン、ハルマリン、ハーマンなど0.03%。 [98]果実の皮に含まれるアルカロイド0.25%[98]
  • Passiflora quadrangularis、ハーマン
  • Passifloraruberosa、ハーマン
  • Passiflora subpeltata、ハーマン
  • Passiflorawarmingii、ハーマン

タデ科編集

  • 最小カリゴナム、ベータカルボリン[92]
  • Leptactinia densiflora、レプタフロリンなど。
  • Ophiorrhiza japonica、ハーマン
  • Pauridiantha callicarpoides、ハーマン
  • Pauridiantha dewevrei、ハーマン
  • Pauridiantha lyalli、ハーマン
  • Pauridiantha viridiflora、ハーマン
  • Simira klugei、ハーマン
  • シミラルブラ、ハーマン

アカネ科編集

  • Borreria verticillata、ベータカルボリン[92]
  • Leptactinia densiflora、ベータカルボリン[92]
  • Nauclea diderrichii、ベータカルボリン[92]
  • Ophiorrhiza japonica、ベータカルボリン[92]
  • Pauridiantha callicarpoides、ベータカルボリン[92]
  • Pauridiantha dewevrei、ベータカルボリン[92]
  • Pauridiantha yalli、ベータカルボリン[92]
  • Pauridiantha viridiflora、ベータカルボリン[92]
  • Pavetta lanceolata、ベータカルボリン[92]
  • Psychotria carthagenensis、ベータカルボリン[92]
  • サイコトリアビリディス、ベータカルボリン[92]
  • Simira klugei、ベータカルボリン[92]
  • シミラルブラ、ベータカルボリン[92]
  • Uncaria attenuata、ベータカルボリン[92]
  • Uncaria canescens、ベータカルボリン[92]
  • Uncaria orientalis、ベータカルボリン[92]

ミカン科編集

  • ゴシュユ (syn。 エボディア)種:一部にはカルボリンが含まれています
  • Euodia leptococca ベータカルボリン[60]
  • Araliopsis tabouensis、ベータカルボリン[92]
  • Flindersia laevicarpa、ベータカルボリン[92]
  • Xanthoxylum rhetsa、ベータカルボリン[92]

アカテツ科編集

ニガキ科編集

  • Ailanthus malabarica、ベータカルボリン。 [92] NagChampaも参照してください。
  • Perriera madagascariensis、ベータカルボリン[92]
  • Picrasma ailanthoides、ベータカルボリン[92]
  • Picrasma crenata、ベータカルボリン[92]
  • Picrasma excelsa、ベータカルボリン[92]
  • Picrasma javanica、ベータカルボリン[92]

ナス科編集

ハイノキ科編集

シナノキ科編集

ハマビシ科編集

  • ファゴニアクレティカ、ハーマン
  • ニトラリア・スコベリ、ベータカルボリン[92]
  • ペガヌムハルマラ、(Syrian Rue)、種子には約2〜6%のアルカロイドが含まれており、そのほとんどがハルマリンです。 [99]ペガヌムハルマラも堕胎です。
  • Peganum nigellastrum、ハルミン[100]
  • ハマビシ、ハーマン
  • Zygophyllum fabago、ハーマン、ハルミン

Argyreia nervosa(ハワイアンベイビーウッドローズ)


Austrocylindropuntia種、サボテン、サンゴサボテン

家族: サボテン科(kak-TAY-see-ee)(情報)
属: Austrocylindropuntia(oss-troh-sil-in-droh-PUN-tee-uh)(情報)
種: cylindrica(sil-IN-dree-kuh)(情報)
シノニム:ウチワサボテン
シノニム:Cylindropuntia cylindrica
シノニム:Austrocylindropuntia intermedia
シノニム:Cylindropuntia intermedia
シノニム:ウチワサボテン

カテゴリー:

水の必要量:

xeriscapingに適した干ばつ耐性

平均的な水需要水は定期的に水をやりません

太陽に当たる:

葉:

紅葉:

高さ:

間隔:

丈夫さ:

USDAゾーン9a:〜-6.6°C(20°F)

USDAゾーン9b:〜-3.8°C(25°F)

USDAゾーン10a:〜-1.1°C(30°F)

USDAゾーン10b:〜1.7°C(35°F)

成長する場所:

一年生植物として成長することができます

危険:

植物に棘や鋭いエッジがある場合は、取り扱いに細心の注意を払ってください

ブルームカラー:

ブルームの特徴:

ブルームサイズ:

開花時期:

その他の情報:

土壌のpH要件:

特許情報:

伝播方法:

植える前に、切断面が無神経になるのを待ちます

最後の霜の後の種子直接播種から

シード収集:

傷のない果実がきれいで乾燥した種子を熟成させる

傷のない果実は、種子をきれいで乾燥した種子を収穫する前に、かなり熟しすぎている必要があります

適切に洗浄され、シードを正常に保管できます

地域

この植物は、次の地域で屋外で育つと言われています。


Austrocylindropuntia cylindrica (サボテン)

ツールボックス

Austrocylindropuntia cylindrica(サボテン)

インデックス

  • ピクチャー
  • 身元
  • 侵略性の要約
  • 分類ツリー
  • 分類と命名法に関する注記
  • 説明
  • 植物の種類
  • 分布
  • 度数分布表
  • 導入と普及の歴史
  • 導入のリスク
  • ハビタ
  • 生息地リスト
  • 生物学と生態学
  • 気候
  • 緯度/高度範囲
  • 大気温
  • 降雨
  • 降雨体制
  • 土壌公差
  • 天敵に関する注意
  • 移動と分散の手段
  • 経路の原因
  • 経路ベクトル
  • 影響の概要
  • 影響
  • リスクとインパクトファクター
  • 用途
  • 用途リスト
  • 他の種/条件との類似点
  • 予防と管理
  • 参考文献
  • 寄稿者
  • 分布図

概要

  • 最終更新日
  • 2019年12月17日
  • データセットタイプ
  • 侵入種
  • 優先学名
  • Austrocylindropuntia cylindrica
  • 優先される一般名
  • 杖サボテン
  • 分類ツリー
  • ドメイン:真核生物
  • 王国:植物
  • 門:種子植物
  • 亜門:被子植物
  • クラス:双子葉植物
  • 侵略性の要約
  • Austrocylindropuntia cylindrica オーストラリア、南アフリカ、ヨーロッパでは侵略的であると報告されています。属の他の種も、特に侵入性として報告されています A. subulata そして、最近では、 A. vestita 南アフリカで。

    レポート全体は必要ありませんか?

    必要なセクションのみを含む印刷しやすいバージョンを生成します。

    ピクチャー

    題名習慣
    キャプションAustrocylindropuntiacylindricaの習慣。カナリア諸島、フェルテベントゥラ島。 2017年9月。
    著作権©JuliusSenegal /ウィキペディア経由-CCBY-SA 4.0
    題名習慣
    キャプションAustrocylindropuntiacylindricaの習慣。カナリア諸島、フェルテベントゥラ島。 2017年9月。
    著作権©JuliusSenegal /ウィキペディア経由-CCBY-SA 4.0

    身元

    優先学名

    優先される一般名

    その他の学名

    • Austrocylindropuntia cylindrica(Juss。exLam。)バッケベルク。
    • Austrocylindropuntia intermedia Rauh&Backeb。
    • サボテンcylindricusジャス。元ラム。
    • Cereus cylindricus(Lam。)ホー。
    • Cylindropuntia cylindrica(Lam。)F.M。クヌース
    • Cylindropuntia intermedia Rauh&Backeb。
    • Opuntia cylindrica(Juss。exLam。)DC。
    • Opuntia cylindrica(Lam。)DC。

    国際的な一般名

    侵略性の要約

    Austrocylindropuntia cylindrica オーストラリア、南アフリカ、ヨーロッパでは侵略的であると報告されています。属の他の種も、特に侵入性として報告されています A. subulata そして、最近では、 A. vestita 南アフリカ(Smith and Figueiredo、2016)、および密接に関連する属の種 Cylindropuntia。それは、道端に沿って、荒れた土地と低木地の端に、幅8mまでのパッチを形成することができます。人気のある栽培観賞用植物として、さらに導入されるリスクが高く、壊れた植物の破片から容易に広がるため、栽培から逃げて広がるリスクが高くなります。

    Austrocylindropuntia cylindrica 南アフリカではカテゴリー1aの侵入種としてリストされています(Environment South Africa、2019)。のすべての種 Austrocylindropuntia、Cylindropuntia そして ウチワサボテン オーストラリアの国家的に重要な雑草(Chinnock、2015年)、および A. cylindrica クイーンズランド州では、カテゴリ3の制限要件が与えられています。つまり、「人はこれらの侵入植物を環境に放出したり、植物またはその種子がはびこっている何かとして譲渡または販売したりしてはなりません」。

    分類ツリー

    • ドメイン:真核生物
    • 王国:植物
    • 門:種子植物
    • 亜門:被子植物
    • クラス:双子葉植物
    • 注文:ナデシコ目
    • 家族:サボテン科
    • 属:Austrocylindropuntia
    • 種:Austrocylindropuntia cylindrica

    分類と命名法に関する注記

    Austrocylindropuntia 11の受け入れられた種が含まれています(The Plant List、2013)。それは一般にopuntioidグループと呼ばれるもので、大きなサボテン科の一部です。円柱状のサボテン Cylindropuntia から分離されました ウチワサボテン、平らな手のひらの形をした「葉」が特徴です。 ウチワサボテン その後、南アメリカからの属に分けられて、さらに分割され、 Austrocylindropuntia。 ただし、二項式 ウチワサボテン 今日でも広く使用されています。

    説明

    Austrocylindropuntia cylindrica はジューシーでとげのある低木で、高さ0.5〜1.5 m、時には3 m、濃い緑色で、長さ15〜50 cm、直径3.5〜4.0 cmの短い枝があり、光沢があり、目立つように白い斑点があります。落葉性、長さ3〜5 mm、幅1.5〜1.8 mmの新しい成長のみを残しますが、再成長時には最大10mmの長さです。棘は黄白色から淡褐色で、紙の鞘はなく、アレルあたり3〜6、長さ9〜25 mm、さらに小さな棘、アレルあたり3〜5、長さ5.5mmまで。花のつぼみに特徴的な硬い赤いキャップ、花は赤から赤オレンジ、長さ2.5〜5 cm、幅2.5〜3.5cm。果実の卵形、孤立した、または長さ2〜4、3〜6(-10)cm、幅2.5〜4.5 cm、深緑色から黄緑色の小さな鎖。

    植物の種類

    分布

    USDA-ARS(2019)は説明します A. cylindrica ペルー北部の低地(ピウラ)と隣接するエクアドル(カニャル、カルチ、チンボラソ、コトパクシ、ピチンチャ、トゥングラワ)に自生しています。 Chinnock (2015) also gives the native range as Peru and Ecuador but notes that there is some confusion in the literature, with Lamarck who first described the species in 1783 noting only Peru, many other authors noting Chile, whereas Britton and Rose in 1937 saying it was abundant in Ecuador but not found in either Peru and Chile. For a detailed analysis of native range populations, especially in Ecuador, see Loaiza and Morrone (2011). Native populations are classified a ‘near threatened’ in the IUCN Red List (Loaiza, 2017), which also provides a map including a large area in central Ecuador and a small disjunct area in the very north of Peru.

    Where introduced, Invasive Species South Africa (2019) note it as present in Eastern and Northern Cape, KwaZulu Natal, Gauteng and Mpumalanga, with the closely related A. subulata also present in Guateng. In Australia it is commonly found in South Australia and Victoria, and infrequently in New South Wales and Western Australia (Chinnock, 2015).

    A doubtful record of naturalized Austrocylindropuntia in Gran Canaria, Canary Islands, was confirmed as belonging to A. cylindrica (Verloove et al., 2018), but Euro+Med (2019) notes the species as present in four islands in the archipelago, but likely only as cultivated plants. Also, Mesa Coello (2017) included both A. cylindrica そして A. subulata together as widespread in Lanzarote, and puts them together at number 6 in the Top 20 most invasive species on the island. It is also present in the Mediterranean islands of Corsica, France, and Sardinia, Italy (Euro+ Med, 2019 ).

    As a popular ornamental, A. cylindrica may also be present in cultivation in very many other countries, at least as a house or garden plant, as indicated by even a cursory look at gardening websites or those of commercial suppliers of ornamental plants. GBIF (2019) included many other records, but these require verification and are thus not included in the following distribution data.

    Distribution Table

    The distribution in this summary table is based on all the information available. When several references are cited, they may give conflicting information on the status. Further details may be available for individual references in the Distribution Table Details section which can be selected by going to Generate Report.

    Africa

    Europe

    Oceania

    South America

    History of Introduction and Spread

    In Australia, the earliest samples in Australia’s Virtual Herbarium (Council of Heads of Australasian Herbaria, 2019) are from 1955 in Harden, New South Wales, and 1962 in South Mallee, South Australia, with the first record from Western Australia in 1999.

    It is likely A. cylindrica is already present in many other countries, but in captivity only. As such, the risk of A. cylindrica and other species of Austrocylindropuntia becoming naturalized and invasive in suitable environments is considered high .

    Risk of Introduction

    As a species of cactus that is popular as an ornamental species, risk of introduction is considered high. Novoa et al. (2015) identify the main reason for introductions of Cactaceae species to regions outside their native ranges as the horticulture trade. There are hundreds of specialized cactus and succulent societies around the world and very many journals, with many hundreds of websites.

    Of an estimated total of 1922 recognized cactus species (Novoa et al., 2015), only 57 have been recorded as invasive, with three invasion hotspots: South Africa, Australia and Spain, but there are large parts of the world with suitable climates at risk of future invasion, e.g. in eastern Asia and central Africa.

    Habitat

    It its native range it is common on dry rangelands, along riversides and in disturbed areas. Where introduced, A. cylindrica has escaped cultivation and become a minor environmental weed in the drier parts of south-eastern Australia. It is a potential weed of grasslands, shrublands and open woodlands, particularly in semi-arid regions (Queensland Government, 2016). It was recently listed as a priority environmental weed in Australian Natural Resource Management regions, though this may have been through confusion with Cylindropuntia fulgida var. mamillata, particularly in western Queensland and Western Australia, where both species are known as ‘coral cactus’ but where A. cylindrica is not known to be naturalised (Queensland Government, 2016).

    Habitat List

    カテゴリーSub-CategoryHabitatPresence状態
    Terrestrial ManagedManaged grasslands (grazing systems) Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial ManagedDisturbed areas Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial ManagedDisturbed areas Present, no further details Natural
    Terrestrial ManagedRail / roadsides Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial ManagedUrban / peri-urban areas Present, no further details Productive/non-natural
    Terrestrial ManagedBuildings Present, no further details Productive/non-natural
    Terrestrial Natural / Semi-naturalNatural grasslands Present, no further details Natural
    Terrestrial Natural / Semi-naturalRiverbanks Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial Natural / Semi-naturalScrub / shrublands Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial Natural / Semi-naturalScrub / shrublands Present, no further details Natural
    Terrestrial Natural / Semi-naturalDeserts Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial Natural / Semi-naturalDeserts Present, no further details Natural
    Terrestrial Natural / Semi-naturalArid regions Present, no further details Harmful (pest or invasive)
    Terrestrial Natural / Semi-naturalArid regions Present, no further details Natural
    Littoral Coastal areas Present, no further details Harmful (pest or invasive)

    Biology and Ecology

    Reproductive Biology

    Like all species in the Cactaceae family, plants produce viable seed, but the main means of reproduction is vegetatively through stem and leaf fragments. A. cylindrica has also been artificially propagated via in vitro culture (Seemann et al., 2007).

    Physiology and Phenology

    Significant differences were observed in anatomy, water relations and genetic variation between fasciated and normal stem segments in a study of A. cylindrica and related species (El-Banna et al., 2013). It was found that the tendency for fasciation could be triggered by environmental factors, and once triggered was transmissible by budding and grafting. It was concluded this was an epigenetic process.

    Patterns of CO2 exchange and diel fluctuations in tissue acid concentrations were measured in leafy and leafless shoots of A. cylindrica, and compared to nine other species (Martin and Wallace, 2000). This showed that CAM photosynthesis, an adaptation to arid environments, was decreasingly important in the leaves and increasingly important in the stems from AustrocylindropuntiaQuiabentiaPereskiopsisCylindropuntia。 This corresponds with a decrease in the size and longevity of the leaves, and increase in the size of the stems between these genera.

    Environmental Requirements

    Austrocylindropuntia cylindrica is native to semi-arid areas with up to 1000 mm annual rainfall, and from 500 to 3600 m altitude in Ecuador (Missouri Botanical Garden, 2019). The native range is typified by having cool and dry winters and mild and somewhat rainy summers. But is very adaptable, growing at sea level where introduced, and in a wide variety of climates where it also appears to be able to tolerate light frost.

    Climate

    Climate状態説明Remark
    As - Tropical savanna climate with dry summer Preferred 430mm and 10°C, Cold average temp. > 0°C, dry summers
    Cw - Warm temperate climate with dry winter Tolerated Warm temperate climate with dry winter (Warm average temp. > 10°C, Cold average temp. > 0°C, dry winters)
    Cf - Warm temperate climate, wet all year Tolerated Warm average temp. > 10°C, Cold average temp. > 0°C, wet all year
    Ds - Continental climate with dry summer Tolerated Continental climate with dry summer (Warm average temp. > 10°C, coldest month

    Air Temperature

    Parameter Lower limit Upper limit
    Absolute minimum temperature (ºC) 0
    Mean annual temperature (ºC) 10 20
    Mean maximum temperature of hottest month (ºC) 15 25
    Mean minimum temperature of coldest month (ºC) 5 15

    Rainfall

    ParameterLower limitUpper limit説明
    Dry season duration410number of consecutive months with Summer

    Soil Tolerances

    Soil drainage

    Soil reaction

    Soil texture

    Special soil tolerances

    Notes on Natural Enemies

    See Biological control section, and especially Zimmermann et al. (1979), who updated the checklist by Mann (1969) .

    Means of Movement and Dispersal

    Natural Dispersal

    The main method of dispersal of Austrocylindropuntia species is by fragmentation of plant parts, including segments of stems and fruits (Chinnock, 2015). The closely related A. subulata was observed to be spread by floodwaters (Queensland Government, 2016).

    Vector Transmission (Biotic)

    Austrocylindropuntia cylindrica seeds can be spread by birds and animals eating the fruit, but dispersal can also be facilitated by any part of the plant getting attached to animal skin or fur and falling onto the ground, as fragments readily regrow to form a new plant (Invasive Species South Africa, 2019).

    Accidental Introduction

    Stem segments breaking off from the parent plant can be spread by animals, vehicles and machinery, and in dumped garden waste. Chinnock (2015) includes an image of stem fragments of a closely related Cylindropuntia species attached to a boot, indicating that accidental introduction by people or vehicles is possible, though the large sizes of the fragments mean that they should be easily identifiable and thus removable. A cultivation escapee was noted in New Zealand that was spread via illegal dumping of garden waste (NZPCN, 2019).

    Intentional Introduction

    Austrocylindropuntia cylindrica can be spread by people selling it or giving it away as an ornamental plant, unaware that it is an invasive species.

    Pathway Causes

    CauseNotesLong DistanceLocal参考文献
    Animal production Yes
    Botanical gardens and zoos Yes
    Digestion and excretion Yes
    Disturbance Yes
    Escape from confinement or garden escape Yes
    Flooding and other natural disasters Yes
    Garden waste disposal Yes
    Hedges and windbreaks Yes
    Horticulture Yes
    Internet sales Yes
    Landscape improvement Yes Yes
    Nursery trade Yes Yes
    Ornamental purposes Yes Yes

    Pathway Vectors

    Impact Summary

    カテゴリーImpact
    Cultural/amenity Positive
    Economic/livelihood Positive and negative
    Environment (generally) Negative
    Human health Negative

    Impact

    In many websites in Australia and South Africa, the impacts of opuntioid cactus species are treated together, i.e. Austroclyindropuntia spp., Cylindropuntia spp.そして Opuntia spp.

    Environmental Impact

    As a result of the invasion of A. cylindrica and related opuntioid cactus, deaths of different marsupials, mammals, birds and reptiles have been reported in Australia (Chinnock, 2015). These included a kingfisher impaled on the spines on a plant, and several carcasses of other animals, including a kangaroo, with evidence of them having also become impaled on plant parts.

    Risk and Impact Factors

    Economic Value

    As a popular ornamental species available for sale from many websites, A. cylindrica provides significant positive economic impact for commercial nurseries, and individual and social benefits through aesthetic value.

    Uses List

    Environmental

    Medicinal, pharmaceutical

    Ornamental

    Similarities to Other Species/Conditions

    Chinnock (2015) provides a key for identifying Austrocylindropuntia そして Cylindropuntia species present in Australia, as well as a useful guide with descriptions and photographs. In that guide, A. cylindrica is differentiated from A. subulata by having smaller leaves 2.5 mm wide in A. subulata), and shorter spines,

    Prevention and Control

    Due to the variable regulations around (de)registration of pesticides, your national list of registered pesticides or relevant authority should be consulted to determine which products are legally allowed for use in your country when considering chemical control. Pesticides should always be used in a lawful manner, consistent with the product's label.

    Physical/Mechanical Control

    Slashing and ploughing are not considered as an effective control method of the closely related A. subulata, as this can lead to further spread of the plant from the establishment of stem fragments (Queensland Government, 2016), which applies to all opuntioid cactus species including A. cylindrica。 Control can be achieved if isolated plants are cut, chipped and burnt on site, or if chips are bagged with disposal at council-approved landfill tips. Plant material must never be included with other green waste, ensuring that all tubers and plant parts that can regrow are removed and destroyed (Queensland Government, 2016). The best control of such species incorporates integrated management strategies, utilizing herbicides, mechanical and physical methods.

    Biological Control

    Moran and Zimmermann (1991) reported the origin, distribution, weed status and biological control of Austrocylindropuntia species, amongst other alien invasive cacti in South Africa, and highlighted the importance of recognizing them as weeds before they become widely distributed or of much economic importance, followed by the timely initiation of biological control. This built on a survey by Zimmermann et al. (1979) that found more than ten new species of insects feeding on Austrocylindropuntia, Cleistocactus, Eriocereus そして Monvillea species during a survey in Argentina, Uruguay, Bolivia and Brazil in 1970-75, in itself and update of Mann (1969) . In a separate list, the parasites and predators that are known to be associated with the cactus-feeding species of South America are listed under their host or prey species.

    The cochineal Dactylopius tomentosus proved very effective in the control of Cylindropuntia imbricate, the most widespread Cylindropuntia species in Australia. The insect was introduced to Australia in 1925 (Chinnock, 2015), but there is no information on attempts to identify suitable species of insect for the biocontrol of Austrocylindropuntia species. Discovery of new biotypes of D. tomentosus from Mexico also proved to very effective on Cylindropuntia fulgida in South Africa (Mathenge et al., 2009, Paterson et al., 2011). Cactoblastis cactorum was extremely successful for the control of Opuntia spp., but is not effective on Cylindropuntia or Austrocylindropuntia (Chinnock, 2015)

    Chemical Control

    Queensland Government (2016) stated that ‘treatment with herbicides can be effective’ on A. subulata, but did not specify which chemicals are effective.

    参考文献

    Environment South Africa, 2019. Alien invasive plants list for South Africa. EnviroEditor.www.environment.co.za/weeds-invaders-alien-vegetation/alien-invasive-plants-list-for-south-africa.html

    Jeanmonod D, Burdet HM, 1998. Notes and contributions on the flora of Corsica, XIV. (Notes et contributions à la flore de Corse, XIV). Candollea, 53(2), 171-210.

    Loaiza C, 2017. Austrocylindropuntia cylindrica (amended version of 2013 assessment). In: The IUCN Red List of Threatened Species 2017 , UK: IUCN.doi: 10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T152277A121466368.en

    Mesa Coello RA, Miranda Herrera MF, Rodríguez Rodríguez CG , 2017. (Fichas de especies de flora invasora en Lanzarote. Anexo. – informe seguimiento de especies de flora invasora en Lanzarote. ). [ed. by Mesa Coello RA, Miranda Herrera MF, Rodríguez Rodríguez CG ]. Lanzarote, Spain: Gabinete De Estudios Ambientales.136pp.


    ビデオを見る: Eves Needle Cactus Grower of the Month August 2020, Opuntia Subulata, Fast Growing Rewarding Plant!