情報

緑の新年! Trädgårdの編集スタッフのすべてが前向きと後ろ向きです

緑の新年! Trädgårdの編集スタッフのすべてが前向きと後ろ向きです


編集者は楽しみにしています-そして後ろ向きに1.あなたが来シーズンにしない間違い!

Magnus Hagstedt、Webエディター

「早く始めて-すべてで!」

1.フランス!そこには素晴らしい伝統的な城の庭園がありますが、革新的でもあります。壊れて目立つことをあえてする庭。私は植物の展示会に行き、苗床や庭を訪れ、途中でおいしい食べ物や飲み物も手に入れることを知っています。私自身の家庭菜園は、フランスのポテジャー・アラ・セーデルマンランドを目指しています。ここでは、何らかの理由でフランスへの旅行がうまくいかない場合は、シャンパンを飲んだり、国から直接新鮮なイチゴを食べたりすることもできます。

2.新しい花壇は、去年掘って植えたときに思っていた通りになること。夏の終わりには有望に見えた。花壇の花は白、ピンク、そしてさまざまな色の葉に対してバーガンディです。しかし、白 カンゾウ 「ArcticSnow」は黄色(「雪の中でキス」のようなもの)であることが判明したので、交換する必要があります。

早く始めて-すべてで!もっと咲いて時間内に熟したいのなら、春にはもう少し先を行くことが重要です。だから早くそして早く植えなさい。最高の助けは、湿気と熱を保持し、寒さを遮断する不織布です。そのため、春になると庭は白い幽霊の待ち合わせ場所のように見えますが、トマトがほとんどない、またはまったくない別の季節になりたくない、または夏の花が秋になるまで始まらないようにします。 !!

アンナ・ラガーマン、layoutare

「来年は大根とルッコラの上に不織布があります。」

フェアノルディックガーデンのガーデンについて!

1.私は4月8日から11日までエルブシェで開催される公正な北欧庭園に触発されました。夏の終わりに、私はタキシンゲ城の公園にある美しいガーデンフェアに行きます。

2.私は自分の農場で育ち、干ばつや霜に毎日適応できないので、適度に湿った暖かい春が良いでしょう。

3.来年は、播種から収穫まで、大根とルッコラの上に不織布を敷きます。それから私はすべてのノミを避けます。私はまた、バルコニーのユリよりもカラフルで耐久性のあるものに投資しています。彼らは8月に開花し始めるまでかなり鈍いものでした。

アンナGタフベソン、編集者。

「スコットランドはエキサイティングで未踏の気分です。」

スコットランド-ここに来ました!

スコットランドへの旅行を望んでいます。少しエキサイティングで未踏の気分です。壮大な城の環境と小さなプライベートガーデンの両方があり、すべて素晴らしい風景に囲まれています。

2.私のピンピネルローズ「スタンウェルパーペチュアル」が咲きます。 2年前に植えました。初年度はバラの茎に襲われ、芽が出る直前にすべての芽が枯れてしまいました。今年は1つ(1!)の花がありました。だから来年はもう少し贅沢になるかもしれません!

3.私はシーズンの初めに自分自身に固執し、野菜があまり多くないので、世話をする時間がありません。手放すのに苦労しますが、夏は色んなところにいることが多いので、残念ながら咲くだけのサラダがたくさんあります。代わりに私の多年草のベッドに火薬を置き、チェリーボウルからもう少し地面を手に入れようとするべきです!


ビデオ: 前向きと後ろ向き何が違う