コレクション

冬に多肉植物を修理する

冬に多肉植物を修理する


多肉植物とサボテンは、ほとんどの場合、その起源の範囲から遠く離れて成長しているため、それらの成長にとって正確に理想的な条件ではない気候条件で成長します。

これらの気候と環境の違いを解決するために、温室栽培や植物の屋内栽培などの解決策を見つけることができます。

しかし、サボテンや多肉植物などの植物を育てるときは、植物が常に健康で開花が良好であることを保証するために、光の時間と温度に関して通常の季節サイクルを保証するよう常に努める必要があります。その結果、私たちの多肉植物は冬の間に植物の休息に入る必要があり、20〜25°Cの夏の気温で一年中滞在する必要はありません。しかし、私たちがどんな種類の避難所も持たずにそれらを屋外に置いた場合、私たちの植物は、私たちの国の多くの地域に典型的な、多肉植物の起源の地域に存在する冬の気候からはほど遠い、過度の冬のフェドに抵抗しません。過度の寒さを避け、同時に多肉植物とサボテンが冬の栄養停滞を確実に受けられるようにするために、温室とトンネルでそれらを保護することができます。これは、外気温を少し穏やかに保つのに理想的です。


冬の寒さから守る植物(パートI)

暖かいですか、それとも寒いですか?もちろん冬!水晶玉を持っていないので、無原罪の御宿り以降、穏やかな空気で数メートルの雪と晴れた空の間で振動する、このますます狂った天気の予測を危険にさらすことは不可能です...

しかし、確かに言えることは、季節がどうであれ、 素朴でない植物は、私たちの防寒の助けなしにそれを克服することはできません。植物の種類、そしてもちろん、居住地の気候帯だけでなく、毎日の天気予報にも応じて区別する必要があるヘルプ。問題は単純ではありませんが、すべてについてアドバイスする価値があります。 植物を救うことと失うことの違いを生むので、保護を1つ増やすことは、保護を1つ減らすよりも優れています。.

保護する繊細な植物

種は、約15°Cまで抵抗し、苦しみに陥り、12°Cを下回ると死ぬ場合に「繊細」と定義されます。、もちろんゼロより上。

彼らはほとんどに加えて、このカテゴリに属しています すべての通常の観葉植物エキゾチックな顕花植物といくつかの多肉植物。いくつか例を挙げると: Allamanda、Aristolochia、Asarina、Banksia、Bauhinia、Calliandra、Cassia(またはSenna)、Cestrum、Choisya、Clusia、Cuphea、Erythrina、Eugenia、Hibiscus rosa-sinensis、Iochroma、Ipomoea、Jacobinia、Mandevillea、Pandorea、Petraea、Plum 、Sesbania、Solandra、Stephanotis、Streptosolen、Thunbergia、Tibouchina、熱帯の睡蓮と蓮ですが、リストは完全に部分的です。

ザ・ 多肉植物 ほとんどを除いて、非常に寒いです サボテン科、の セダム と神々 デロスペルマ そしてすべてのSempervivum。

それらはすべて行く植物です イタリア北部とアペニン山脈に沿って鉢植えで栽培、冬の暖かさに移動できるようにするために、少し穏やかな地域では、熱降下が予想される場合にのみ入院でき、南イタリアでは、毎日の天気予報に従って、オープングラウンドで飼育することもできます12月から2月まで。

知らない植物を買うときは、名札が付いていることを確認してください、またはそれを教えてもらい、すぐに携帯電話に書き込んでください。新しい到着の扱い方を知るだけでなく、特に冬を考慮して、保護を提供する必要があります。

保護する半音響植物

5〜6°Cまでの温度に耐え、時折0°Cまたは0°Cより2〜3度下がる植物はすべて半音響です。、短期間の限り、乾燥した基質(水は温度を下げ、根を腐らせ、さらにはそれらを凍らせます)で、そして冷たい風から保護された日当たりの良い位置にあります。

これらの好ましい条件を確保できない場合は、 温度計が5°Cを下回ると予想される場合は、損傷のリスクが高いため、温度計を保護することをお勧めします。 IS 多くの場合、損傷はすぐには現れませんが、1週間後または春の回復時にさえ現れます、それは遅れて発育不全になり、しばしば植物を排除することを余儀なくされます。半音響も強制的に栽培されています ポー平原から上向きの鉢植えと半島の山々、沿岸の地中海地域にいる間、彼らはまた、常に天候に目を向け、保護シートに手を置いて、オープングラウンドに住むことができます。

の間に セミアコースティックエキゾチック 含める: アブチロン、アニゴザンサス (そして一般的にオーストラリアの植物)、エキゾチックな竹、 Brugmansia、Callistemon、Cesalpinia、Cycas、Dipladenia、Hardenbergia、Leptospermum、Strelitzia、Zamia そして地元の睡蓮、常に最も有名なものだけに言及します。の間に 半音響多肉植物 ほとんどすべてがあります サボテン科.

保護する素朴な植物

寒さに最も鈍感なカテゴリーには、間違いなく–5°Cまで損傷なしで抵抗する種が含まれます:バラやリンゴの木など、–25 / 30°Cまで耐えられるものもあれば、–10 / 12/15°Cまで耐えられるものもありますが、完全に乾燥している場合に限り、太陽の下で冷風がありません。

冬が「普通」の場合、彼らはそれを屋外で過ごします ポー平原で問題なく (最小値が「通常」–6 / 7°Cを下回らない場合)一方、 アルプスで 「極性の低い」ものの場合、10度を超えるゼロ未満の低下は、可能であれば、保護シートが処理されるか、シェルターに移動することにつながる必要があります。

イタリアの植物相に属するすべての植物は素朴です、それが属する気候帯によって定義された植物の種類に応じて:例えば。 キョウチクトウ 何千年もの間、南部では帰化種でしたが、アルプスでは、同じ種類に属するすべての植物、つまり「地中海植物」のように、屋外で越冬することはできません。この特定のカテゴリの指数、 アルプスとアペニン山脈では、鉢植えでのみ栽培する必要があります.

庭の植物を保護する

庭のオープングラウンドでは、繊細な植物は南イタリアでしか生き残れません、常に日当たりの良い場所にあり、北風と北風から保護されています。大雨と気温の低下が組み合わさった場合に備えて、必要に応じてプラスチックシートで覆うことができればさらに良いでしょう。

スピーチ 半音響にも適用されます、同様の場所で南の丘でもそれを作ることができますが、南の山では危険にさらされています:大きなプラスチックシートを支えるトレリスから始めて、保護の準備を提供することが不可欠です雨や雪から救うために。

素朴なものは一般的に深刻な損傷なしにうまくいきますが、いくつかの小さな保護上の注意もそれらのために予約することができます。

樹木や低木は、気候帯に植えられた場合、植え付け後の最初の冬を除いて、通常は保護する必要はありません。良い時 根おおい 乾いた草または葉、天然またはギフト用のわら、樹皮、泥炭または堆肥、削りくず、木片またはおがくず、ジュートまたはキャンバスの断片を石で固定するベース。バラの茂みは例外で、アルプスでも動けません。

ザ・ 多年生草本植物 寒い地域では、乾燥したり、空中部分が失われたりする場合は、根元でマルチングする必要があります。春以降に植えられた植物には、予防策がさらに有効です。 基礎マルチに加えて、他の重要な保護手段は、重いプラスチックまたはプチプチと組み合わせたストローマットによって提供されます。 バナナの木を含む「ゾーン外」の低木の保護に役立ちます。

植物は最終的に最初に行きます サイズを小さくするために剪定、次に柔らかいプラスチックの糸で結び、あまり締めすぎずに枝と葉を締めようとします。その後、 葉は1つまたは複数のストローマットで包まれています、トランクの根元から始めて、らせん状に巻いたネクタイで止めます。一人でいる場合は、2人でいる場合は簡単に実行できます。マットの端を下で止めて、トランク。 締めすぎないでください:植物は、特にマットが隙間を埋めてはならない上部で呼吸する必要があります。安全のため、マットに加えて、いつでもプラスチックシートを包むことができます トップを空けておく、大雨や雪が予想される場合は別の布で閉じ、降雨が止まったら取り外します。マットの代わりに、 重いものを選んで不織布 またはそれを2倍にします。洗濯バサミで繁栄を固定することにより、ネクタイで作られたクロージャーを仕上げることができます。

特に価値のある植物の場合は、木製の支柱の構造を設定することができます、地面にしっかりと固定され、保護対象の標本よりもわずかに高く、植物を囲み、保護シートを広げるために、ステープルガンでしっかりと固定されます。

作戦の終わりには、その地域の気候に適した樹木、低木、草本植物だけが庭で保護されていないままでなければなりません。雪が降った場合は、すぐにパーゴラとガゼボ、温室、保護された植物、保護されていない常緑低木から雪を(古いほうきで)取り除きます(生け垣に注意してください!)。それらを変形させたり、損傷させたりします。

鉢植えの植物を保護する

植物は鉢に住んでいるか、種であるため 繊細または半素朴であるため、保護する必要があります。 または、テラスまたはバルコニーしか利用できず、この場合、素朴な植物は問題なく越冬できますが、他のすべての植物は保護が必要です。可能であれば屋内に撤去するか、内部にスペースがない場合や花瓶が今は動かせません。

あらゆる種類の保護の前に、可能であれば、標本を剪定してそれらを再配置し、それらの負担を減らし、より大きなものについては、葉の結束を進めるのが良いです。 庭の低木について説明したように。

小型船は入場できます 冷たい温室:市場に出回っているバルコニーモデルは多数あり、2、3、4階、または背の高い植物用の棚なし、自立型または傾斜型、金属フレームと柔らかいプラスチック製のカバーシートまたはプレキシガラスパネルを備え、あらゆるニーズとポケットに対応します。設定については、以下を参照してください。

ポットを屋外に残さなければならない場合、最も古典的な保護は次のもので構成されます。 植物の根元をストロー、乾燥した葉、またはのこぎりで包み、容器をジュート、不織布、またはプチプチで包み、木またはポリスチレンの錠剤で鍋を凍った床から持ち上げます。プチプチまたは不織布を髪の周りに巻き付け(上部が開いている)、プラスチックのワイヤーと洋服のピンで止めたり、ストローで包んだりして、上部を開いたままにして光を当てます。

それらも便利です バルコニーのより保護された部分に対してポットを動かす、おそらく屋根または上のバルコニーで覆われている壁に対して、南向きで冷風の突風が届かず、より繊細な標本がプラスチックシートで覆うことができるように集まっている場合に適しています(少し開いたままにします)または不織布(しっかりと閉じます)。

それを覚えておいてください シクラメン、ツバキ、ツツジ、シャクナゲなどの「それほど頑強でない」素朴なもの、夜間に気温が0°Cを下回った場合は、二重ガラスの間または踊り場で移動して、翌日元に戻す必要があります(ゼロより上に戻った場合)。この注意事項は、次の場合にも適用されます。 、花冠やつぼみを台無しにし、カビを好む。雨は常に地球の温度を下げ、したがって根の温度を下げます。受け皿がない限り、素朴な植物だけがそれに耐えることができます。

そこ 代わりに、それが数日間残っていれば、大きな問題は発生しません。雪が終わったらすぐに、茎の周りを指で動かして結晶を取り除きます。結晶は凍結すると組織に損傷を与える可能性があり、溶けたら持ち上げます。花瓶と下の水を一掃します。でも毛布が上がったら 20 cmを超える場合は、鉢、保護シート、温室、床からできるだけ取り除きます。、植物への損傷、過度の重み、および根底にある浸透を避けるため。最後に 冷たい風 特定の晴れた非常に寒い日にバルコニーを掃除するものは、マットまたはプラスチックシートで手すりの内側を裏打ちすることによって寄せ付けないようにすることができます。

植物を保護するための材料

植物の抵抗性について疑問がある場合は、 植物の根元、つまり根系と首輪の保護。まず、土壌を冷却することによって分散面を増加させる草を排除する必要があります。次に、地球は泥炭、わら、乾燥した葉などのさまざまな材料で断熱する必要があります。植物の足元の周りに断熱材で厚いマウンドを作成することは、下層土から来る熱を利用すると同時に、寒さが危険な深さに達するのを防ぐことを意味します。

最後に、良い植物の世話のために 空中部分を保護する、地面に杭で固定された金属メッシュで植物を囲み、次に得られたシリンダーにストロー、乾燥した葉、または泥炭を充填します。これにより、より強い風からも断熱されます。

THE ポリエチレンまたはPVCのプラスチックフィルム 透明性のために貴重です:保護される標本の周りに小さな温室を構築するには、適切な高さの竹の杖を地面に貼り付け、シートまたはプラスチックチューブで構造を覆い、上部をネクタイで閉じて固定します下の方は石で。この場合、植物の足は、構造物の内部に泥炭またはわらを置いて、15〜20cmの高さまで保護する必要があります。

空気の循環を最小限に抑え、保護内部の過度の結露を防ぐために、プラスチックフィルムに小さな穴を開けることをお勧めします。さらに良いのは、 バブルポリエチレンシート (包装用プチプチプラスチック)。

もう1つの非常に便利な資料は TNT (不織布)は、繊維をプレスして接着したもので、晴れた日に過度の過熱を引き起こすことなく、植物がより多く呼吸できるようにします。この場合、植物は呼吸できるので、開口部を残す必要はありません。不織布はPVCのように使用でき、葉の周りにしっかりと巻き付けて、たとえばキョウチクトウで枝を幹に近づけることもできます。得られた円錐形は、とりわけ、積雪による損傷を回避し、風にさらされる表面を低減します。

(ElenaTibiletti著-Gardening10 / 2013に公開)


多肉多肉植物

ザ・ ジューシーなジューシーな 私たちの家に広く行き渡っています、 彼らはたくさんの光を必要としますそうしないと、葉が黄色になり、茎が柔らかくなったり伸びたりして、淡い色になります。これらの植物は、夏の季節に、 彼らは豊富な水やりを必要とします 温度が10度を下回ったときに中断されている間は定期的に。 植え替えは毎年行う必要があります、遅くとも2年ごとに、そして植物の首輪は常に土壌のレベルより上に留まらなければなりません。ザ・ ジューシーなジューシーな それらは、播種だけでなく、増殖します。 葉の挿し木によって、 にとって 茎の挿し木 またはのために シュートの分割 根付いた。クラッスラ属、ダドレヤ属、ユーフォルビア属、メセンブリアンテマ属、スベリヒユ属はこの属に属します。

多肉植物-いくつかの非常に人気のある品種

ハオルシア: 直射日光や換気の良い環境でも、多くの光と熱が必要ですが、冷風は必要ありません。土壌が完全に乾いたときにのみ水をやる必要があります。他の期間は、水が多すぎて土壌が完全に乾きません。 春先に植え替えます サボテンに土を使う。

ダドレヤ: 常に豊富な光が当たる場所に設置してください。開花時には、水で希釈するために良質の肥料が投与されます。冬の間、これらは 完全に停止する必要があります (植物が加熱された環境にない場合)、夏の間は15日に1回水をやります。

エケベリアアガボイド: それは、排水性の高い、柔らかくて一貫性のない土壌を好みます。非常に干ば​​つに強い植物:散発的にのみ、4〜5週間に1回、コップ1〜2杯の水で水を与え、土壌を数日間乾燥させてから再び水をやります。

多肉多肉植物-サンセベリアの分裂と増殖

そこ サンセベリア、堅い剣形の葉を持つサンセベリア品種では、それは古典的な観葉植物です。の 簡単な栽培、房の分割で新しい植物に生命を与えることができます。

  1. の植物を分割する必要があります サンセベリア 根系が地球から出ていることに気づいたとき。若い葉は苦しみ、植物は成長しませんでした。
  2. すべて削除します 大地のパン 根を傷つけないように注意してください。抽出を容易にするために、ポットを数回タップして、植物をそっと「引き離し」ます。
  3. 私たちは慎重にすべての土壌を取り除き、根をもたらします サンセベリア。根をつなぎ合わせ、根系を分割することで、余分な土を取り除きます。
  4. 十分な大きさのポットを選んで、植物を歓迎する新しいポットを準備しましょう。一番下に置きます 砕石層 1であります 表土層.
  5. 手で軽く押す必要がある地球の層に根をうまく配置しようと慎重に植物を配置します。
  6. ポットに残りの土を入れて作業を完了します。私たちは手で地球を押します、 私たちは水で水をやります 室温で。


多肉植物と多肉植物:それらを育てる方法

多肉植物と多肉植物は絶対に魅力的です。2ユーロ硬貨のサイズの約50個のミニジャーが入ったポリスチレントレイをご存知でしょう。 優雅で魅惑的な形?または、すでに大きくて美しいぽっちゃりした人々である主題、おそらくいくつかによって飾られている 芽の形で寛大な約束? 1つまたは複数があなたの家に入ります:あなたは彼らがほとんどスペースをとらず、彼らがほとんど世話を必要としないことをすでに知っています(少数ですが、まったくありません!)。

ここに 多肉植物はイタリアの家で最も一般的です特に冬の間は、緑の必要性が強いですが、かさばり、要求の厳しい屋内の緑の植物では必ずしも満足できるとは限りません。

太い?いいえ、ジューシーです!

実際、それらを「多肉植物」と呼んでください それは完全に正しくありません:それは、共通の概念ですべての植物を多肉質の葉または茎と結び付ける定義です(その中で予備の水が集められ、元の乾燥した環境で生き残るのに役立ちます)。しかし、すべてのグローバル化と同様に、 定義は何の意味もありません、美的観点からも文化的観点からも。

まず、「脂肪」を取るので 非常に異なる形状とサイズ: について考える リトープス (「生きている石」)またはEchinocactus grusoni (「義母の枕」)、ai エピフィラム (「義母の舌」)またはカランコー(カランコエブロスフェルディアナ)、「メセンブリアンテマ」へ(ランプラントゥス、ランプラントゥス、ドロテアンサス など)またはstapeliadsに..。

第二に、今述べた種だけだから 彼らは確かに同じ文化的ケアを望んでいません:栽培することを主張する リトープス カランコーのように、それはそれを短時間で死に至らしめることを意味し、逆もまた同様です。確かに、この種の植物に注意を払うことは、ほとんどすべての緑の植物と比較して非常に少ないですが、その少数はよく知られており、遵守されている必要があります。

むしろ「」と呼びましょう多肉植物"、生地の肉厚へのオマージュの正確な用語、それらを本当に結合するユニークな事実。問題は山羊の毛ではありません。なぜなら、カテゴリーごとに異なるケアが必要だからです。

それでは、専門家の助けを借りて見てみましょう アントニオ・ボルギ、多肉植物を専門とするBorghi di Vignola(MO)農場のオーナー保育士、アパートで彼らを歓迎し、冬を乗り切るために必要なこと、おそらく予期しない開花の贈り物。

サボテン科:少なくとも1つを持たないことは不可能

この家族にはすべての多肉植物が含まれます サボテンのような形、 どうやって エキノカクタス、フェロカクタス、ノトカクタス、エキノプシス、セレウス、マミラリア、だけでなく、 エピフィラム、 最もよく知られている属だけを挙げれば、細長い曲がりくねった葉があります。

そして、これらのジャンルが非常によく知られていて広く普及している場合、理由があります。 それらは年間を通して維持するのが最も簡単なものの1つです、ボルギによって確認されたように、一般的に夏の間は見事で比較的長い花で私たちの過度の注意を払っていません:「サボテンはメキシコまたは南アメリカ起源であり、ここイタリアでの栄養活動は春から夏にかけて行われます。

この意味は、 9月末から3月下旬までの理想の状態は「冬眠」、すなわち、重要な機能が生存に役立つ最小限に低下する栄養休息:それらは、閉じた、乾燥した、加熱されていない環境に置かれるべきです(ただし、温度は常にゼロより上に保たれます)、 給水なし。

一方、それらが間の温度の部屋に保管されている場合 12および20°C 「のフェーズに入る半休止状態"、つまり、植物はすべての機能を停止するわけではありませんが、最小限の植生を続けます。この場合、それは必要になります 20〜30日ごとに適度に水をやります、また、存在する光の量にもよりますが、これは自然に栄養活動に影響を及ぼします(光がない場合、灌漑間隔は長くなり、逆もまた同様です)」。

言うまでもなく 必要な休息を尊重しないと、植物は弱まります そして、おそらく、彼らは夏の間は開花することができません。

トウダイグサ、ポインセチアの親戚

この大規模で多面的な家族(クリスマススターも含まれます)に ユーフォルビアプルケリマ、まもなく私たちを待っている期間を予測するために)完全に異なる形のユーフォルビアに属します: 草本、肉質または樹木、最小限または巨大な葉を持つか、とげに変わりました。多肉植物の中で最もよく知られている例は ユーフォルビアミリイ、「スピナクリスティ」とも呼ばれますが、これらもカテゴリに分類されます E.肥満 (明らかに厄介ではない「ボール」のようなもの)、 E.トリゴナ (縦翼のサボテンの一種)、 E.caput-メデューサ (ねじれた茎付き)、 E.プラティクラダ

したがって、表面的にはサボテン科とそれほど変わらないように見えますが、まったくそうではありません。ボルギはさらに次のように説明しています。「ジューシーなトウダイグサはアフリカ原産であり、イタリアでは、 活動のほぼ連続的なサイクル、冬と夏など、彼らにとって不利な時期に機能が単純に遅くなる。寒い季節をうまく乗り切るために、温度がそれらが配置されている部屋にあることを確認してください 10°Cを下回ることはありません、そして散発的な水やりを彼らに提供します」。

アロエとリュウゼツラン、似ているが非常に異なる

ジャンル アロエ ユリ科に属しており、多肉植物の中でも、 ガステリア です ハオルシア。 後者は、とげがなく、細かく、規則的で優雅な形をしているので、衝動買いと配置に適しています。 非常に小さなスペース (棚の上でも、光が届く限り)。

の代わりに アロエ、 その成長は、直径と高さの両方で、1年強でも一般的に重要であり、すぐに、特に4つの壁の中でかなりかさばります。これらの中で、少数派(A.ベラ、A。バルバデンシス、A。フェロックス、A。サポナリア。 )が装備されています いばら その先端はフックで終わり、皮膚に引っ掛かりますが、一般的に深刻な結果はありません。

彼らと一緒に、他の多肉植物の家族のためにこれまでに言われたことを忘れてください:「アロエは南アフリカとマダガスカルの島から来たアフリカの種です」とボルギは説明します。 「したがって、 南半球に属し、イタリアでは秋冬に最大の栄養活動をしています、彼らにとって最良の環境条件を準備することが望ましい期間」。つまり、明るい場所、1つ 10〜18°Cの温度、 10〜15日ごとに中程度および定期的な灌漑を行います。

「しかし、あなたが彼らを入院させざるを得ないのなら、それを知ってください 過度の熱と光の欠如は異常な成長を誘発します、薄く、細長く、薄い葉の生成につながる「回転」の現象。問題は何よりも アロエベラ、A。フェロックス、A。アルボレスセンス、急速な成長と大きくて肉質の葉を持つ種として。一般的に植物を弱体化させるこの努力を避けるために、それを休ませることが好ましいです:それを 低温室、ただし、それらを凍結温度にさらさないでください(したがって、0°C未満ではありません) "。

うまくいけば、アロエを入院させることもできます セラーまたはガレージで、灌漑が月に一度の水滴に制限されている限り、ほとんど光が入らない場所。

アロエとリュウゼツランを混同しないでください、外観は似ていますが、繊維状の葉で終わるのが特徴です 鋭くとがった先 これは誤って皮膚に食い込み、深く浸透してかなりの痛みを引き起こします(すべてのリュウゼツランを子供やペットから遠ざけてください!)。

また、ジャンル アガベ リュウゼツラン科の非常に異なる家族に属しています。 ノリーナ です サンセベリア (しかし、ジューシーではありません ドラセナ です ユッカ)。

そして、アロエとの類似性にもかかわらず、 リュウゼツラン 彼らはサボテンのように振る舞います。 秋冬に冬眠または半冬眠に送ります、サボテン科については、自然の生物学的サイクルに従って、春にそれらを生き返らせます」とボルギは指定します。

冬の終わりに花を咲かせるハマミズナ科(ハマミズナ科)

それは、単純化して、2つの大きなグループを含む大家族です:一方では 海や岩のそばのバルコニーや庭の植物、忍び寄るまたはふさふさした癖があり、肉質で細長い葉があり、すべてのサイズのヒナギクに似た花冠があります(直径1cmから Apteniacordifolia バクヤギクの最大10〜12 cm、 Carpobrotus acinaciforme)、通常はフクシアの花びらがあり、オレンジや黄色はめったにありません。上記の2種に加えて、それらが含まれています Dorotheanthus、Lampranthus、Delosperma、すべてのジャンルがポットライフに適していますが、屋外のみです。

それらはほとんどすべてです 多年生、 南部に植えることができます フルグラウンド、霜や雪が発表された場合は、先見の明だけを持って、乾燥した葉または不織布のシートでそれらを覆います。北イタリアでは、代わりに彼らは住んでいる必要があります 瓶、 涼しい(10〜12°C)明るい部屋で越冬し、20〜25日ごとに適度に湿らせることができます。この方法でのみ、4月から5月に発生する開花を誘導し続けることができます。実際、すべてのMesembriantemaceaeは南アフリカ原産です。それらの栄養サイクルは、ここで自然界で起こっていることとは逆になっています。

そしてまた 2番目のグループ化 (含んでいる リトープス、 インクルード コノフィツム、 インクルード 宝石職人 など、すなわちいわゆる「屋内植物」に起因する属)も例外ではありません。「最大の活動の瞬間は9月から5月の間に発生します」はBorghiを指定します。

「この期間中は、15〜18°Cの気温、適切な照明、15日ごとの定期的な水やりを見逃さないでください。 6月以降、休眠と冬眠のフェーズが始まります、尊重されなければならない:それらを屋外の日陰に置き、1ヶ月の干ばつの後の数滴を除いて、それらを濡らさないでください。

Crassule and echeverie:簡単で美しい

多くの属がベンケイソウ科に属しており、その中で最もよく知られているのは Crassula、Echeveria、Aeonium、Cotyledon、Pachyphytum、Kalanchoe (下記参照)、 セダム です センペルビブム (下記参照)。

それらはすべて非常に人気があり、愛されている植物です、まず第一に理由 とげなし (したがって、取り扱いと手入れが簡単です)、そしてそれらは通常の緑の植物に似ているため(後者がしばしば必要とする手入れを必要としないが)、またそれらのいくつかは非常に簡単に目立ち、耐久性を与えるため 花が咲く (カランコー、セダム、センペルビブムの場合と同様)。最後に、一部は彫刻的な形をとる傾向がありますが、剪定やくびれを必要とせずに、エレガントで無秩序になることはありません。

世話をするのが最も簡単なのは、少なくともヨーロッパに由来する場合は、絶対にセダムとセンペルビブムです。逆に、他のすべてのジャンルは南アフリカから来ています。もう一度、 彼らのサイクルは私たちの習慣に関して逆になっています 植物になると。 「」春と夏の間、クラッスラ属とクラッスラ属は休眠状態になります:ほとんど水をやらないで、日陰の場所を選んでください。秋が来たら、10〜18°Cの保護された明るい場所に置き、10〜15日ごとに適度な水やりを再開します」とBorghiは指定します。

理想は1つです 暖房のない部屋、ベランダ、踊り場、二重窓の間、光が届くが温度が下がらず、過度に上昇しない場所。アロエに関しては、彼らをアパートで越冬させるよりも、灌漑なしで、ほとんど暗闇の中で、2〜3〜8〜10°Cの温度で、ガレージ、セラー、道具小屋に連れて行く方が良いです、屋外に戻すため。事前に照明を当て、夜の気温が12〜13°Cを超えたらすぐに、風雨から保護します。

もちろん、目標はそこにあります 開花: un unico ma durevole momento che, per le piante protette nel luogo giusto, si verifica tra metà gennaio e metà marzo, mentre per quelle poste al buio verrà posticipato di un mesetto dopo la ricollocazione in piena luce. Lavorate a favore dei boccioli fornendo concime a partire da una quindicina di giorni prima del periodo previsto.

Quali possono vivere in casa?

Come si diceva all’inizio, l’acquisto di una pianta succulenta prelude nella maggioranza dei casi al suo posizionamento fra quattro mura, complici la bellezza e le dimensioni ridotte.

Ma, come ha ampiamente sottolineato Borghi, a dispetto delle più diffuse convinzioni, le succulente non sono adatte a vivere recluse in appartamento: in estate prediligono l’aria aperta, all’ombra se a riposo, a mezz’ombra o mezzo sole (mai in pieno sole: si scottano!) se in attiva vegetazione. In inverno desiderano il riposo a bassa, ma non gelida, temperatura se hanno lavorato in estate, e la pensione né al caldo né al freddo se riprendono a vegetare proprio ora. Tutt’al più queste ultime tollerano un letargo forzato a bassa temperatura, procrastinando necessariamente il momento in cui vegeteranno e fioriranno. In nessun caso è consigliata la vita in casa: se è troppo caldo anche per quelle che stanno vegetando, figuratevi che inferno (letteralmente, di calore) per quelle che devono finalmente riposarsi.

Ma allora, quali succulente possiamo tenere in appartamento senza che soffrano per l’aria calda, la mancanza di luce, l’ambiente chiuso o la corrente d’aria improvvisa? “Vale la pena di provare le Haworthia, Liliacee che in natura crescono sotto i cespugli in piena ombra. In alternativa, provate le Cactacee a forma globosa e a sviluppo lento, come gli Echinocactus e i Ferocactus”.

Qual è il rischio nel mantenere in appartamento le succulente durante l’autunno-inverno? Quello di ritrovarsi piante deboli, che non fioriranno mai, soggette a marciumi basali per eccesso d’irrigazione e a parassiti come la cocciniglia cotonosa. Via libera invece nelle altre stagioni, quando il riscaldamento è spento e solo se le tapparelle rimangono alzate tutto il giorno, naturalmente.

I più facili: sedum e sempervivum

Non vi chiedono nulla, ma possono darvi tanto: Sedum e Sempervivum sono succulente che “vivono di niente” (alcune specie vengono – da sempre e tuttora – utilizzate come copertura di tetti e giardini pensili), ma con l’arrivo della bella stagione si possono riempire di fiori, più o meno appariscenti, bianchi, rosa o gialli.

Tutti i Sempervivum e quasi tutti i Sedum svernano senza problemi all’aperto, anche sotto lo zero o coperti da una coltre di neve: sono tutti quelli originari delle nostre Alpi o di altre montagne del mondo. Qualche nome? Sedum acre (fiori gialli), S. album (fiori bianchi), S. telephium (fiori rosa), S. sieboldii (fiori rosa), S. spectabile (fiori rosa), S. spathulifolium (fiori gialli) ecc. Sempervivum arachnoideum (fiori rosa-rosso), S. allionii (fiori gialli), S. tectorum (fiori rosso porpora), S. soboliferum (fiori gialli). Molti di essi sono decorativi anche per il fogliame, che varia dal verde intenso al glauco, al blu, al rosso, al porpora ecc.

Tutti questi, in inverno, non hanno bisogno di alcuna protezione, né di irrigazioni. Anzi, è proprio l’esposizione al freddo a indurne la fioritura primaverile-estiva: se rimangono a temperature superiori a 6-8 °C, non fioriranno. Il loro limite è piuttosto il caldo: in estate andrebbero tenuti a mezz’ombra, lontano da raggi solari diretti, in una posizione fresca e ventilata, possibilmente senza superare i 25 °C. Fra i Sedum, attenzione solo a S. morganianum: sotto i 5 °C gela irreparabilmente.

Utilizzateli per creare composizioni rustiche, in coccio o terracotta (anche all’interno di tegole e coppi), a piacere mescolando le diverse specie.

Calancoe, la più amata dagli italiani

Le calancoe sono fra le più amate dagli italiani: è merito del costo assai contenuto (a partire da 3-4 Euro) e della bellezza durante la fioritura – multicolore e ormai anche multiforme – che, in aggiunta, si protrae per almeno un paio di mesi.

Dalla primavera alle soglie dell’autunno vanno mantenute preferibilmente in esterni, a mezz’ombra, senza esagerare con le irrigazioni: sono in fase di riposo.

Da ottobre e per tutto l’inverno invece sono in piena attività” osserva Borghi. “Vanno perciò collocate in un ambiente a temperatura compresa fra 12 e 18 °C, molto luminoso, dove inizieranno a fiorire”. Vengono indotte alla formazione di boccioli proprio dall’accorciarsi delle giornate, che le risveglia a partire da settembre.

“Se costrette in interni riscaldati dove la luce difetta, tenderanno a filare, cioè ad allungare notevolmente gli internodi, perdendo la caratteristica forma aggraziata, e ad assumere un colorito verde pallido tendente al bianco. Piuttosto, ponetele a 5-8 °C: ritarderanno la fioritura, ma soffriranno meno!”.


Occorrente

La dipladenia cresce sana e forte se viene coltivata sia in terreno aperto che in vasi ampi, tuttavia in entrambi i casi è importante fare in modo che sia esposta alla luce e al sole per molte ore al giorno. Quando arriva la stagione invernale è bene tenere sotto controllo la pianta ed essere pronti a proteggerla nel caso in cui le temperature fossero troppo basse: al di sotto dei 5-10°, infatti, può soffrire parecchio, pertanto è importante adottare delle soluzioni per ripararla dal vento e dal gelo. Se la dipladenia è situata in un terreno ampio si può proteggere posizionando dei paraventi intorno alla pianta, da mantenere soprattutto durante la sera e la notte. Di giorno, invece, se la giornata è soleggiata è meglio tenere la pianta libera e ben esposta alla luce.


I principali accorgimenti per preservare le vostre piante fino alla primavera

  1. Portarealchiusolepiante in vaso per alcune specie è la prima e più semplice soluzione al freddo. Vanno bene locali non riscaldati come verande e garage: l’importante è che ci sia luce a sufficienza e che il passaggio da esterno a interno sia graduale. Se le piante vivranno in appartamento, collocatele lontano da fonti di calore e vicino alle finestre orientate a seconda delle loro esigenze di sole a est e ovest per ottenere il massimo della luce, mentre a nord e a sud per necessità minori. Evitare ovunque di mettere piante in vaso vicino alle aperture, nella corrente. Controllate che abbiano sempre il giusto tasso di umidità, con nebulizzazioni sulle foglie e terriccio dei vasi mantenuto umido (ma non fradicio): ovviamente questi non sono che dei consigli generici, perché ogni pianta può richiedere condizioni ambientali assai differenti.
  2. Preparare una location riparata e soleggiata: se non potete ricoverare le vostre piante in un ambiente chiuso, sotto un patio o una tettoia, cercate almeno di collocarle accanto a frangivento, siepi o a ridosso di muri o pareti che possano fornire loro un minimo di riparo dai venti gelati dell’inverno. Raggruppare tanti vasi vicini uno all’altro può giovare e contribuire a trattenere il calore vicino alle piante.
  3. Costruire una miniserra per le piante in vaso all’aperto o un tunnel per quelle a terra richiede invece un po’ più di tempo e perizia: su internet potete trovare molti tutorial per il fai da te con legno, pvc o altri materiali di recupero e senza spendere un capitale. Che si tratti di serra a casetta o ridossata a un muro, oppure di un tunnel, abbiate cura di assicurare sempre una buona circolazione dell’aria all’interno ed evitatene il surriscaldamento durante le giornate invernali di sole, spalancando le aperture con regolarità.
  4. Potreste anche avere bisogno di improvvisare un piccolo impianto di riscaldamento in queste serre fredde: come fonti di calore “volanti” in questo caso molti siti suggeriscono di utilizzare luci di Natale o una lampadina da 100 watt, ovviamente di quelle predisposte per l’illuminazione esterna. Assicuratevi sempre che non siano a contatto ravvicinato coi materiali di copertura o con le parti delle piante.
  5. Coprire il vaso e la parte aerea delle piante (anche a terra) per difenderle dal gelo della notte è decisamente più facile: il vaso può essere avvolto in un sacco di Juta, pluriball o fogli di giornale con un’imbottitura di paglia per preservare le radici, mentre la pianta va incappucciata con materiale traspirante come il tessuto non tessuto, oppure con un telo di plastica, avendo cura in quest’ultimo caso di lasciarvelo solo lo stretto necessario, nelle ore più fredde, e poi levarlo per far circolare l’aria del mattino. Il tutto va sempre fermato con solidi legacci. Il cappuccio va rimboccato sotto il vaso e non attorno al tronco della pianta, in modo che quest’ultima possa godere del calore irradiato dalla terra inoltre andrebbe sostenuto da una piccola intelaiatura, in modo che non vada a contatto diretto con foglie e rami.
  6. Applicareinfineuno strato dipacciamatura per proteggere radici e colletto della pianta dagli sbalzi termici e preservare il calore della terra: ricoprite il terreno di qualche centimetro isolante di paglia, terriccio di foglie o torba, fino alla stagione temperata.

Video: 多肉植物冬越し管理方法 このポイントを押さえればok