コレクション

ヘシアンバエの害虫–ヘシアンバエを殺す方法を学ぶ

ヘシアンバエの害虫–ヘシアンバエを殺す方法を学ぶ


投稿者:Tonya Barnett、(FRESHCUTKYの作者)

近年、家庭菜園での小麦などの穀物への関心が飛躍的に高まっています。より持続可能になることを望んでいるか、家庭のビール醸造で使用するために穀物を育てることを望んでいるかどうかにかかわらず、庭に穀物を追加することはあなたの成長力を強化するための刺激的な方法です。

野菜パッチに他の新しい作物を追加する場合と同様に、栽培者が最初に一般的である可能性のあるまたは予防可能な問題に精通することが重要です。これは特に穀物の場合に当てはまります。ヘシアンバエの蔓延に対する感受性が収量の大幅な低下につながる可能性があるためです。ヘシアンフライマネジメントの詳細については、以下をお読みください。

ヘシアンバエとは何ですか?

ヘシアンバエの害虫は、小麦作物に特に関心を持って、穀物ファミリーの多くのメンバーを攻撃します。その小さくてブナのような外観のために、ヘシアンバエはしばしば見過ごされます。実際の成虫のハエは小麦作物に与えられた損害に対して責任がありませんが、これらのハエからの幼虫(またはウジ)は深刻な穀物の損失を引き起こす可能性があります。これは特に商業用穀物生産に当てはまります。

孵化後、ヘシアンバエのウジは小麦の苗を食べ始めます。ヘシアンバエのウジが実際に植物の茎に入ることはありませんが、それらの摂食はそれを弱めます。多くの場合、これにより小麦(または他の穀物)が倒れ、給餌場所で壊れます。これらの壊れて損傷した植物は、収穫可能な穀物を生産することができなくなります。

ヘシアンバエ害虫の防除

家庭菜園や非営利の植栽でこのような被害を受ける可能性があるため、多くの栽培者はヘシアンバエを殺す方法を尋ねられています。侵入がすでに発生した後はほとんど何もできませんが、ヘシアンバエの管理に関してはいくつかの選択肢があります。

ヘシアンバエの蔓延は、ハエに対してある程度の抵抗力を示すさまざまな穀物、特に小麦を植えることによって回避できます。これらの品種は、成虫が産卵するのを困難にします。これにより、植物は宿主としての魅力が低下します。

これに加えて、栽培者は、特定の栽培地域で「ヘシアンバエフリー」の日付が経過するまで待つことにより、植え付けのガイドラインに従うことができます。この日付は、秋にヘッセのハエの活動が停止し、作物がハエの幼虫の影響を受けにくくなるポイントとして機能します。

この記事の最終更新日


南東部のヘシアンバエの生物学と管理

ENTFACT-155:南東部のヘシアンバエの生物学と管理| PDFをダウンロード

キャシーL.フランダース、エクステンションスペシャリスト兼教授、昆虫学および植物病理学、オーバーン大学Dominic D. Reisig、ノースカロライナ州立大学昆虫学エクステンションスペシャリスト兼助教授G. David Buntin、ジョージア大学昆虫学教授マシューウィンズロウ、バージニア工科大学大学院研究助手D.エイムズハーバートジュニア、バージニア工科大学および大学昆虫学教授ダグラス・W・ジョンソン、ケンタッキー大学昆虫学の拡張教授およびIPMコーディネーター
図1.ヘシアンバエの成虫(写真提供者:Scott Bauer、

USDA農業研究サービス、Bugwood.org)

ヘシアンバエ、 ヘシアンバエの破壊者 (言う)、米国南東部の冬小麦の深刻な害虫です。ヘシアンバエの蔓延の重症度は、年ごとに、場所によって異なります。この昆虫の発生は、1800年代半ばに導入されて以来、米国で定期的に発生しています。ヘシアンバエは、独立戦争中にヘシアン兵士が使用したわらの寝具で、ニューヨーク州ロングアイランドに導入されたと考えられています。ヘシアンバエは小麦を食べることを好みますが、ライコムギ、オオムギ、ライ麦にも寄生する可能性があります。ヘシアンバエはオーツ麦やライグラスを攻撃しません。今後数年間、昆虫学者はヘシアンバエによる経済的損失のリスクが続くと予想しています。この理由には、同じ分野で連続して小麦を植えることにつながる輪作スキームの採用、カバー作物としての小麦の使用、より早い小麦の植え付け日への移行、および小麦の作付面積の増加が含まれます。ほとんどのコムギ品種の耐性を克服するヘシアンバエのバイオタイプの出現は、ヘシアンバエに耐性のあるコムギ品種の供給不足につながっています。この出版物は、ヘシアンバエの生物学について論じ、この昆虫を管理するための提案を提供します。

図2.葉の上のヘシアンバエの卵(写真提供者:Dominic Reisig)

説明とライフサイクル

ヘシアンバエ(図1)は、蚊のような小さなハエで、長さは約1/8インチです。ヘシアンバエのメスの成虫は赤褐色から黒色ですが、わずかに小さいオスは茶色または黒色です。ヘシアンバエに似た成虫のハエの多くは、小麦畑で見つけることができます。ヘシアンバエの成虫は、体長以上の長さの12〜16個のセグメント化されたビーズ状(モニリフォーム)の触角、黒色の羽、および脚の存在によって、同様のサイズの他の小さなハエと区別できる場合があります。成虫の雌は1〜2日生き、小麦の葉の上側の溝に250〜300個の小さな楕円形のオレンジ色の卵を産むことができます(図2)。多くの場合、ヘシアンバエは実生の出現後すぐに卵を産み始めます。卵は、若い葉の上面の静脈の間に「卵の線」で単独または端から端まで堆積します。

図3.ヘシアンバエの幼虫

ウジ(幼虫)は3〜10日後に卵から孵化し、4〜5日間オレンジ色になり、その後白くなります(図3)。幼虫が成熟すると、背中の真ん中に半透明の緑色の縞模様が現れます。ウジは完全に成長したときの長さは約1/4インチです。ウジの最終段階は、亜麻仁または蛹の中で過ごします。亜麻仁は、長さ約1/8インチの光沢のある茶色の保護ケースです(図4)。昆虫の皮から作られ、亜麻の植物の種子に似ていることから名付けられました。特に激しい蔓延では、ヘシアンバエのウジや亜麻仁が前後に積み重なっているのを見つけることは珍しくありません(図5)。気象条件が良好な場合、ヘシアンバエは亜麻仁の中で蛹化(成虫に変化)します。その後、大人が現れ、新しい世代を始めます。暑すぎたり寒すぎたりすると、ヘシアンバエは天候が穏やかになるまで亜麻仁の中にウジとして残ります。

南部ではこの害虫の世代が年間3〜6世代あり、北部の緯度では世代が少なくなっています。世代は重複する傾向があります。ライフサイクル全体は華氏70度で約35日かかりますが、昆虫は冷血であるため、低温ではさらに時間がかかります。ウジは、気温が華氏40度を超え、華氏80度を下回る限り、餌を与え続けます。害虫は、小麦の無精ひげの亜麻仁として夏を越します。第一世代は、緯度に応じて9月または10月に発生し、一般に、ボランティアの小麦または野草の宿主に見られます。その中で最も重要なのは、小さな大麦です。 Hordeum pusillum 。アラバマ州とジョージア州では秋と初冬にさらに2世代が存在することがよくありますが、ノースカロライナ州では秋と冬に1世代しかありません。冬の終わりまたは春に、気温が華氏50度から60度に達すると、成虫が出現して新しい世代を開始します。通常、アラバマ州北部、ジョージア州北部、ノースカロライナ州に1世代の春がありますが、アラバマ州南部とジョージア州南部。

図4.小麦植物の根元にあるヘシアンバエの幼虫(亜麻仁)(写真提供者:Dominic Reisig) 図5.ひどい蔓延では、多くのヘシアンバエが単一の葉鞘の後ろに見られます。 (写真提供者:Rudy Yates)

新しく孵化したヘシアンバエのウジは、葉の鞘の後ろを移動して下に移動し、最終的には地下の小さな小麦植物の根元に位置し、そこで餌を与えます。幼虫は、温度にもよりますが、14〜30日間摂食することができ、葉や幹細胞を破裂させることによって植物を傷つける可能性があります。それらはまた、植物に根元の周りに栄養組織の領域を形成させてそれらの摂食を強化し、それは分げつ発育阻害および立ち枯れをもたらす可能性があります。ヘシアンバエがはびこっている植物は、さまざまな症状を示します。発育不全または枯死した分げつ(図6)、および薄い小麦の林分は、初期の蔓延の典型的な兆候です(図7および8)。発育不全の栄養分げつは、しばしば濃い緑色であり、時には青い色合いを持っています。蔓延した分げつの葉身は通常よりも幅が広く短く、葉鞘は短くなっています(図9)。小さいときに出没した分げつが生き残り、穀物の頭を作る場合、頭は小さく、茎は発育阻害されます。

図6.ヘシアンバエの初期の侵入によって引き起こされた死んだおよび発育不全の分げつ

図7.ヘシアンバエの深刻な蔓延に起因する薄い林分と発育阻害植物

図8.ヘシアンバエの深刻な蔓延に起因する薄い林分と発育阻害植物

図9.早期に蔓延する小麦分げつは葉鞘を短くしました

ヘシアンバエの成虫は、できれば最上部の葉に産卵します。したがって、植物が成長するにつれて、ウジは植物のさらに上にありますが、常に茎の関節のすぐ上の葉鞘の後ろにあります。関節間の距離が短いことは、ヘシアンバエの蔓延の症状です。春に出没する分げつは、茎が弱くなり、頭が小さくなり、穀物の頭が低品質の穀粒で十分に満たされていない可能性があります。多くの場合、小麦はひどく蔓延している畑に宿ります。

頭の少ない発育不全の小麦植物からなる薄い林分は、植物が小さいときに始まった非常に重いヘシアンバエの蔓延の兆候です。中程度の蔓延は、明らかでない症状を伴う収量の減少をもたらす可能性があります。耕うん機の5〜8%以上が分げつ初期段階で蔓延している場合、通常、収量の損失は重大です。冬の終わりまたは春の初めの世代のヘシアンバエも、かなりの被害をもたらす可能性があります。ケンタッキーなどの一部の地域では、ヘシアンバエの春の蔓延は秋の蔓延よりも一般的です。春に分げつが蔓延する場合、茎の15〜20%にヘシアンバエが蔓延すると、収穫量の減少が予想されます。ヘシアンバエは冬コムギの飼料収量を減少させますが、コムギの飼料品質には大きな影響を与えません。

経営戦略

耐性と耐性のある品種

正しい品種の選択は、おそらくヘシアンバエ管理の最も安価で効果的な方法です。この抵抗は、ヘシアンバエが餌を与える栄養組織の周りの細胞死と細胞壁の強化を引き起こすことによってしばしば機能します。多くの小麦品種は、ヘシアンバエ耐性を持っていると宣伝されています。

ほとんどの場合、耐性は、ヘシアンバエの遺伝子と一致しなければならない品種に存在する単一の遺伝子に基づいています。残念ながら、ヘシアンバエは宿主植物の耐性メカニズムを克服することができ、その結果、バイオタイプと呼ばれる新しい菌株が形成されます。植物育種家は、異なる耐性遺伝子を持つ小麦品種を生産することにより、バイオタイプの先を行くことを試みます。効果的であるためには、小麦の品種は、地元のヘシアンバエの遺伝子型に特に耐性がなければなりません。追加情報リンクで提供される情報に加えて、栽培者は地元のランドグラント大学からヘシアンバエ耐性品種に関する情報を入手できます。ほとんどの場合、「良好な」耐性があると評価された品種は、ヘシアンバエによる経済的損失を回避するのに十分な保護を提供するはずです。深刻なヘシアンバエの問題がある地域では、耐性と耐性のある品種の使用は、侵入の発生を防ぐのに十分ではないかもしれません。

回転

ヘシアンバエは他の状況では深刻になる可能性がありますが、ヘシアンバエは小麦の無精ひげで夏を越すため、小麦が小麦の無精ひげまたは小麦の無精ひげの隣の畑に早く植えられたときに最も深刻な蔓延が発生します。新しい小麦が以前の小麦作物の無精ひげの中または近くに植えられるのを防ぐ輪作は、ヘシアンバエの蔓延の可能性を減らします。耕作を行わない小麦を継続すると、ヘシアンバエやテイクオール病に深刻な問題が発生する可能性があるため、避ける必要があります。ヘシアンバエは弱い飛翔体であるため、新しい小麦の植え付け場所と前シーズンの小麦畑の間に距離を置くと、侵入を防ぐのに役立ちます。

コントロールボランティア小麦

ヘシアンバエは9月に出現するとボランティア小麦に引き付けられるため、植える前にボランティア小麦を管理することをお勧めします。さらに、この方法により、コムギ条斑モザイクウイルスの媒介動物であるコムギ条斑ダニが蔓延する可能性が低くなります。多くの場合、早期に植えられる小麦の野生生物の植え付けは、ヘシアンバエの発生源となる可能性があります。

作物を覆う

穀物用の小麦が覆い用の初期に植えられた小麦の近くに植えられた場所、または野生生物のために初期に植えられた小麦が存在した場所で、深刻なヘシアンバエの蔓延が発生しました。タバコ、ストリップティルコットン、ピーナッツ生産などの被覆作物が使用される作付体系では、他の小粒を使用するとヘシアンバエの個体数が減少します。ヘシアンバエは17属以上の草の上で発育することができますが、産卵と発育にとってより好ましい宿主であるものもあります。オーツ麦はヘシアンバエの繁殖には不向きであり、苗床としても機能しないため、穀物用の小麦も生産されている地域では、この穀物は小麦よりもカバークロップに適しています。

耕うんと燃焼

不耕起栽培の小粒は、従来の耕起畑に植えられたものよりも秋にゆっくりと成長する傾向があります。ヘシアンバエは、不耕起栽培と従来の耕起栽培の両方に同じ割合で蔓延しているようです。しかし、従来の耕作小麦は十分に速く成長するため、通常、ハエのウジが感染したものを殺すよりも速く新しい耕うん機を生産することができます。逆に、不耕起植物の成長が遅いと、ウジの摂食に追いつくことができず、植物は最終的に死んでしまいます。収穫後に小麦の無精ひげを耕すかディスクにすることは、過夏の亜麻仁を埋めることによってヘシアンバエを効果的に殺します。大豆の不耕起栽培を小麦の無精ひげに植えると、プパリアが夏を過ごす場所を保護することで、ヘシアンバエの生存率が向上します。

麦わらを燃やすと、夏を越す藁が減りますが、多くの藁は、火傷の影響を受けない土壌表面の下にあります。したがって、書き込みはディスクほど効果的ではなく、管理方法としてはお勧めできません。さらに、小麦を燃やすと、畑が二毛作大豆のトウモロコシ茎ボーラーの蔓延が少なくなる傾向があります。

全身シードトリートメント

正しい割合で適用された場合、全身殺虫種子処理(ネオニコチノイド処理)の使用は、成長期の最初の部分でヘシアンバエの個体数を減らすことができます。一般に、クロチアニジン、チアメトキサム、またはイミダクロプリドの最高のラベル付け率は、ヘシアンバエの公正から良好な制御を提供します。ただし、ヘシアンバエの生息数が多い場合、これらのシード処理の使用が常に効果的であるとは限りません。種子処理は、ヘシアンバエの晩冬と春の世代を制御しません。これらの種子処理の最低表示速度はアブラムシ防除用に設計されており、ヘシアンバエに対しては効果的ではありません。シード処理は高価であるため、現在の生産経済性を慎重に検討した後にのみ使用する必要があります。

葉面殺虫剤

コムギが出現した直後(2〜3葉期またはその前)に施用された葉状ピレスロイド殺虫剤は、ヘシアンバエの管理に効果的でした。適切なタイミングで適用された場合、ピレスロイドは成虫のハエを殺し、また孵化したばかりの幼虫が葉鞘の後ろに埋め込まれる前に殺す可能性があります。初期のヘシアンバエ防除にピレスロイドを使用する前に、次の条件のうち少なくとも3つを満たす必要があります。1)小麦が同じ畑に植えられているか、前年の作物に隣接しているか、近く(400ヤード以内)にある2)耐性のある小麦品種は植えられていません、3)種子はネオニコチノイド殺虫剤で処理されていません、4)ヘシアンバエはこの農場または近くで過去数年間に収量の損失を引き起こしました、または5)ヘシアンバエの卵は小麦の葉に存在します。

ヘシアンバエが大量に蔓延して冬を過ぎた畑も、作物の中でリサイクルされている次世代の幼虫によって攻撃されます。耕うん機の数が少ない畑では、冬の終わりに通常の窒素施肥を行う前に、1月または2月にヘシアンバエを調べる必要があります。ピレスロイド処理の必要性を判断するには、亜麻仁の植物を調べて、ハエの数が多い畑を特定します。いくつかの亜麻仁を絞って、得られた液体が白くて乳白色(まだ幼虫または初期の蛹)であるか、または赤みがかって比較的乾燥しているか(成虫が出現しようとしている)かどうかを確認します。後の偵察は、新しい葉の上面にある卵のためにひどく蔓延している畑に焦点を合わせる必要があります。卵は非常に小さく、長さは約1/32インチで、拡大が必要な場合があります。視力の良い経験豊富な人は、特に直射日光の当たる場所でヘシアンバエの卵を検出できます。これは、卵が輝くためです。葉あたり4個以上の卵数は、ピレスロイドの適用を正当化する可能性があります。耕うん機、特に死んだ耕うん機と発育不全の耕うん機は、ヘシアンバエのウジや蛹を探すために葉の鞘を注意深く剥がして調べる必要があります。この時点で、耕うん機の20%にヘシアンバエのウジや蛹が蔓延していると、収量が大幅に減少することが予想され、窒素に費やした費用で望ましい収量応答が得られない可能性があります。ハエが出現して産卵するときにピレスロイドが適用されると、ある程度の制御が達成される可能性があります。この春のレスキュー治療はめったに効果的ではなく、効果的である場合、それは一般的に高圧の状況でのみ効果的です。

植え付けの遅れ

栽培者は、州内の小麦に推奨される植え付け日に植えることをお勧めします。これらの日付より前に植えると、ヘシアンバエの蔓延や、オオムギの黄色い矮性やコムギ条斑モザイクなどの病気のリスクが高まります。これらの日付以降に植えると、通常、収穫量が減少する可能性があります。氷点下の気温はヘシアンバエの成虫を殺すので、ヘシアンバエの蔓延を防ぐための伝統的な方法は、最初の凍結後(しばしばハエのない日と呼ばれる)まで植え付けを遅らせることです。歴史的に、ヘシアンバエの日付は、ケンタッキー州北部の緯度で10月9日、テネシー州北部の緯度で10月16日、ジョージア州北部、テネシー州南部、アラバマ州北部で10月23日から27日であると報告されました。早期凍結は信頼できるイベントではないため、この概念はさらに南またはバージニア州とノースカロライナ州およびサウスカロライナ州ではうまく機能していません。確かに、小麦の推奨植え付け日からずっと後の12月まで、殺害凍結は発生しない可能性があります。ケンタッキーのような地域でも、栽培者は30日から60日の天気の見通しを見て、通常よりも暖かいと予測される場合は植え付けをさらに遅らせることをお勧めします。

ヘシアンバエを広める収穫後の慣行

ヘシアンバエの蛹は、わらの収穫の過程を生き残ることができます。したがって、ヘシアンバエはそのわらが使用されている新しい場所に移動することができます。これにより、ヘシアンバエの新しいバイオタイプが広まる速度を上げることができます。

ヘシアンバエ管理慣行の要約

管理プログラムが最も効果的であるためには、生産者は、できれば近隣の生産者と調整して、上記の技術の組み合わせを実施しなければなりません。小麦を輪作する生産者の努力は、小麦を覆い作物として植える隣人、または自分の農場に隣接して不耕起の二重作物の大豆畑を持っている隣人によって挫折する可能性があります。これらの管理戦略の1つまたは組み合わせにより、ヘシアンバエの被害を最小限に抑えることができます。

  • ヘシアンバエに強い品種を選択してください。
  • 放牧やカバークロップには、ヘシアンバエの宿主ではないオーツ麦やその他の作物を植えます。
  • 可能であれば、小麦の残骸を埋める耕うん法を使用してください。
  • ボランティア小麦を管理します。
  • 野生生物の植え付けに感受性の高い小麦を使用しないでください。
  • 古い小麦の無精ひげの中や近くに植えることは避けてください。
  • お住まいの地域の推奨植え付け日より前に小麦を植えないでください。可能であれば、最初の霜の後に植えてください。
  • 影響を受けやすい小麦品種が栽培されている場合は、全身種子処理の使用を検討してください。
  • 上記の5つの条件のうち3つが当てはまる場合は、初期の葉面殺虫剤を検討してください。

もともとはアラバマA&Mとオーバーン大学によって1/13に発行されました。

あぶない! この出版物の推奨農薬は、米国ケンタッキー州でのみ使用するために登録されています。一部の製品の使用は、お住まいの州または国では合法ではない場合があります。この出版物に記載されている農薬を使用する前に、最寄りの郡の代理店または規制当局に確認してください。

もちろん、 農薬を安全に使用するために、常にラベルの指示を読み、それに従ってください!


  • JPASSコレクションのすべてにアクセスする
  • すべての記事の全文を読む
  • 最大120の記事PDFをダウンロードして、保存および保存します
199ドル/年

この研究は、コムギ(Triticum aestivum(L。))におけるヘシアンバエ(Mayetiola destructor(Say))の全身殺虫剤防除の有効性を決定するために設計されました。温室研究では、2.2〜9.0 kg / haの割合のカルボフランがヘシアンバエの防除ハエの蔓延は、対照の152亜麻仁(100植物)から1.1および2.2 kg / haのカルボフラン率でそれぞれ33および0に抑制されました。冬コムギを用いた野外試験では、ヘシアンバエの防除はありませんでした。カルボフラン、アルジカルブ、またはジスルホトンを「ホリー」、「アーサー」、または「アーサー71」の栽培品種に適用した場合、1.1 kg / haの割合で記録されました。 0、1.1、2.2、3.3、4.4 kg / ha(カルボフラン)と種子処理(カルボフラン75%活性FT)で処理した場合、1.1 kg / haを超えるすべての処理は、ヘシアンバエの防除に非常に効果的でした。カルボフラン処理の割合が高くなると、収量が増加しました。そしてシード処理によって。

ジャーナルは、主に小麦、ライ麦、大麦、オート麦、トウモロコシの育種、遺伝学、生理学、病理学、生産に関する新しい科学的結果を紹介するオリジナルの論文を発表しています。

AkadémiaiKiadóは、ハンガリーで最も重要な科学および学術書や雑誌の出版社であり、さまざまな言語のさまざまな辞書の出版社でもあります。同社は、アムステルダムを拠点とする出版コングロマリットであるWolters Kluwerが過半数を所有し、ハンガリー科学アカデミーが少数を所有しています。 AkadémiaiKiadóは、長年にわたって国際的な科学出版分野で有名なブランド名です。その活動は科学と学問のすべての主要な分野をカバーしており、その成果の大部分は外国語、主に英語で表示されます。

このアイテムはJSTORコレクションの一部です。
利用規約については、利用規約をご覧ください。
シリアルリサーチコミュニケーションズ©1975AkadémiaiKiadó
権限のリクエスト


地上の害虫

陸軍ヤガ

キネリムシは、夜に最も活発な、くすんだ茶色がかった蛾の未熟な段階です。いくつかの種は小さな穀物を傷つける可能性があります。
キネリムシの蛾は、草が茂った雑草の多い畑に産卵します。陸軍のキネリムシの蛾は、裸の土壌でも産卵します。新しく孵化したキネリムシは茶色から黒色で、小粒の苗を食べます。古い幼虫は光沢があるか脂っこいように見えます(図7)。幼虫は、土壌表面またはその下の根系から植物の地上部分を切り取ります(図8)。蔓延している畑は、まるでそれらが密接に放牧されているように見え、被害は畑のスポットに「凝集」している可能性があります。

テキサスでは、小粒を攻撃する最も一般的なキネリムシ種は軍のキネリムシです(Euxoa auxiliarias)。それは真のキネリムシですが、アーミーワームのように餌を与えます。キャタピラーは表面フィーダーであり、夜や曇りの日には地上に移動して餌を与えます。彼らは土壌表面またはその近くで小さな植物を切り落としました。日中、幼虫は植物の根元近くの土塊やがれきの下に隠れます。陸軍のカットワームは1年に1世代あります。晩夏から初秋にかけて、雌の蛾は地域を移動するときに1,000から2,000個の卵を産みます。卵は数日で孵化し、幼虫は暖かい日には秋から冬にかけて定期的に餌を与えます。冬の半ばから後半までに、小さな粒の幼虫は1 / 3〜1½インチの長さになります。人口が多いと、特に2月と3月に穀物が緑化し始めると、植物を落葉させ、林分を減らすことでかなりの被害をもたらす可能性があります。軍のカットワームに対して特に脆弱です
薄い、植え付けが遅い、または分げつが不十分なスタンド。

発生年には、畑には1平方フィートあたり10〜20匹のキネリムシがいる可能性があります。晴れた日には、がれきの下や土の表面より少し下になります。侵入が1平方フィートあたり4〜5匹のキネリムシに達したときに、殺虫剤を適用することを検討してください。幼虫は春先に土壌で蛹化し、約3〜4週間後に蛾として出現します。これらの蛾は光に引き付けられ、家や建物の周りの迷惑になる可能性があります。蛾はグレートプレーンズからロッキー山脈に移動して夏の暑さから逃れ、夏の終わりと初秋に戻ってサイクルを再開します。キネリムシの数を最小限に抑えるには、休耕地の雑草や作物残渣を減らし、畑がきれいに耕されるまで植え付けを遅らせます。

ツマジロクサガメ

ツマジロクサガメの幼虫(スポドプテラ フルギペルダ (J. E. Smith))秋に苗木を食べ、林分を間伐し、初期の飼料の生産を減らします。幼虫は最も一貫して茶色の色合いですが、緑がかった色からほぼ黒色になることもあります(図9および10)。それらは、目の間に白い逆「Y」があり(図11)、8番目の腹部セグメントの上に4つの異なる黒い斑点があります。成熟した幼虫は1½インチの長さです。小粒に加えて、ツマジロクサガメはアルファルファ、トウモロコシ、綿、ササゲ、ピーナッツ、グレインソルガム、ソルガム-グラスハイブリッドを食べます。

小粒の早期植え付けは、ツマジロクサガメの蔓延のリスクを大幅に高めます。蛾は実生の小粒の葉に卵塊(図12)を堆積させることがあります。小さな幼虫は葉の組織を食べ、葉に小さな「窓ガラス」を作ります。大きな幼虫は葉全体を消費し、制御がより困難になります。苗木では、ヤガが存在する場合は殺虫剤を適用し、スタンドを減らすことを検討してください。

植物が確立されたら、1平方フィートあたり1インチ以上の幼虫が4匹以上いる場合、およびそれらの損傷がスタンドを脅かす場合は、管理が推奨されます。植え付けを遅らせることで、他の宿主作物に大きな蔓延がある場合、または乾燥状態が他の宿主の魅力を制限する場合に、被害を減らすことができます。これらの条件下では、多数のアーミーワームが新しく植えられた小麦に寄生する可能性があります。

真のアーミーワーム

真のアーミーワームの幼虫(Pseudaletia unipuncta (Haworth))小さな穀物を大量に攻撃し、その経路にあるすべての材料をむさぼり食うことができます。発生は、3月下旬から6月までの涼しく湿った天候によって好まれます。完全に成長すると、幼虫は長さ1½インチで、側面と背面に明るい縞模様のある緑色から茶色になります(図13)。茶色または暗い帯が各腹脚の外側にあります(腹部の小さくて肉付きの良い脚)。網目状の細い線の模様の頭には、ツマジロクサガメの白い逆「Y」が欠けています。
ツマジロクサガメの幼虫は、日中の最高気温が平均華氏88度になるとうまく成長しません。熱はそれらの数を劇的に減少させます。蔓延は、小さな穀物が最も高く、最も厚い場所、または雑草が好ましい環境を提供する畑の端の近くで始まることがよくあります。日中、ヤガは植物の根元に隠れて植物を上に移動し、午後遅く、夜、曇りの時期に餌を与えます。それらが検出される前に、それらは作物の林冠の下に広範囲の損傷を引き起こす可能性があります。小さな幼虫は制御が容易であるため、アーミーワームの早期発見は重要です。また、幼虫が大きいほど、より多くを消費します。損傷の兆候には、落葉、あごひげ、頭の切り抜きなどがあります。旗葉と穀物の頭をアーミーワームの損傷から保護することが重要です。平方フィートあたり4〜5匹の幼虫が、下葉への大量の摂食の証拠と組み合わせて見つかった場合、管理措置が提案されます。

ウィートヘッドアーミーワーム

ヤガはコムギのマイナーな害虫ですが、テキサス高原では毎年晩期のコムギ害虫として出現します。ヤガ属には13種のヤガが知られています。 ダルギダ (シノニム ファロンタ)そしてすべての幼虫と蛾は似ています。蛾の翼幅は約1¼から1½インチです。蛾は黄褐色で、各前翅に縦に茶色の縞模様があります。それらは春に産卵するために出現し、第1世代の幼虫は5月下旬と6月に出現します。蔓延はしばしば畑の縁に沿って起こります。

幼虫は、穀粒の成熟度に応じて、細く、緑がかった色から淡褐色になります(図14)。それらは最大1½インチの長さにすることができます。黄色、白、茶色の縞模様が体の両側に縦に走っています。幼虫は小麦の頭を食べ、主に柔らかい生地の段階にある穀粒に損傷を与えます。蔓延は、乾燥地の畑や灌漑された畑の端でより重くなります。摂食による損傷は、収穫後、くり抜かれた穀粒が明らかになるときに最も頻繁に明らかになります。治療のための閾値は確立されていません。さらに、入手可能なほとんどの殺虫剤の収穫前間隔(PHI)により、幼虫が損傷を引き起こしている場合の治療が困難になります。他のヤガのラベルが貼られているほとんどの製品には、穀物のPHIが14〜35日あります。有効成分マラチオンとクロラントラニリプロールを含む殺虫剤のPHIはそれぞれ7日と1日です。

Greenbug

Greenbugs(Schizaphis graminum (ロンダーニ))は淡い緑色のアブラムシで、通常は背中に濃い緑色の縞模様があります(図15)。それらは約1⁄16インチの長さです。 Greenbugsは植物ジュースを吸い、小麦植物に毒素を注入し、葉を黄色くして死に至らしめます。それらはまた、大麦黄矮性ウイルスおよびおそらくより多くの植物病害の重要な媒介動物である。

好条件(55〜95°Fの温度)では、グリーンバグは急速に繁殖し、大量に発生し(図16)、経済的損失を引き起こす可能性があります。ただし、天敵は65°F未満の温度ではゆっくりと繁殖します。その結果、天敵がゆっくりと増殖している間、緑の虫は涼しい天候で膨大な数に増加する可能性があります。

冬には、気温が平均20°Fを少なくとも1週間下回ると、99%のグリーンバグが殺される可能性があります。人口はまた、積雪から保護されていない必要があります。 Greenbugsは、フィールド内またはフィールド全体のスポットに蔓延する可能性があります。個体数が増えると、アブラムシの餌付けによって畑の領域が黄色に変わることがあります。重く、制御されていない侵入は植物を殺すかもしれません。穏やかな冬と涼しい春の間に小さな穀物が水分を欠くと、グリーンバグはより多くの被害を引き起こします。損傷は、水分ストレス、窒素欠乏、または乾燥地の根腐れ(足の腐敗)と混同される可能性があります。

グリーンバグの蔓延の推定: The Glance ‘n Go greenbug sampling system calculates treat- ment thresholds based on the potential crop value, cost of control, and time of year. This method is quicker and simpler than counting greenbugs.
The system was developed by wheat researchers of Oklahoma State University and USDA–ARS at Stillwater, Oklahoma. For Glance ‘n Go information and scouting forms, visit http://entoplp.okstate. edu/gbweb/index3.htm.

Producers still wanting to count greenbugs can walk diagonally across the field, making at least five random counts per 20 acres of field area. Each count should consist of 1 linear foot of row. Green- bugs can be counted while they are on small plants. For larger plants, slap the plant against the ground or a clipboard to jar the insects loose for counting. If the greenbugs are numerous, estimate the number of insects present. Sample greenbugs during the warmest part of the day, when they are most likely to be exposed on the aboveground parts of the
植物。 During cool, dry weather, the insects may congregate in loose soil at the bases of plants, which makes detection and chemical control difficult.

When to treat greenbugs: Table 2 provides a general guide for determining the need for treat- ment when counting greenbugs. It is impractical to specify all the conditions under which to apply insecticides for greenbug control. Some of the factors are the number of greenbugs present, the size and vigor of the plants, air temperature, time of year, moisture conditions, plant growth stage, and effectiveness of parasites and predators. However, low temperatures slow the activity and effectiveness of most insecticides. It may take twice as long for an insecticide to kill at 45°F as it would at 70°F. For best results, apply insecticides when temperatures are above 50°F. If you must spray at lower temperatures, use the highest rate recommended.

Irrigated small grains can withstand larger greenbug populations. The presence of yellow or brown plants caused by greenbug feeding in spots in the field may indicate a need to estimate infestation levels. Occasionally, treating very young plants may be warranted when greenbug populations average 25 to 50 aphids per foot of drill row.

Heavy, rapidly increasing greenbug infestations can cause excessive damage. However, when the weather is warm, lady beetles and parasitic wasps can reduce greenbug populations. Where there are one to two lady beetles (adults and larvae) per foot of row, or 15 to 20 percent of the greenbugs are mum- mies from being parasitized, delay control measures until you can determine whether the greenbug population is continuing to increase. Other impor- tant predators include spiders, damsel bugs, lace- wing larvae, and syrphid fly larvae. When weather conditions are favorable for predators and parasites, they will significantly reduce greenbug populations within a week. More information is available in the Texas A&M AgriLife Extension publication Biological Control of Insect Pests of Wheat, which is available online at agrilifebookstore.org.

Insecticide-resistant greenbugs: In 1990, surveys conducted in sorghum fields in counties north of Amarillo found greenbugs that were resistant to some registered insecticides. And, a resistant population was again found in the western Panhandle in 2014. Resistant greenbugs may be mixed with susceptible greenbugs and be detected only after an insecticide application for greenbugs or Russian wheat aphids. To delay greenbug resistance to pesticides, apply insecticide only to fields where economic thresholds have been exceeded.

Host plant resistance: In 1996, TAM-110 was the first wheat variety to carry resistance to all current greenbug biotypes (E, I, and K). In 2005, TAM-112, which had the same greenbug resistance genes as TAM 110, was released with improved yield and milling characteristics. In some years, planting wheat varieties with resistance to disease may be equally or more important than planting varieties with resistance to insects.

Russian Wheat Aphids

The Russian wheat aphid (RWA) first appeared in the United States in March 1986 in the Texas High Plains. It has since spread throughout the Great Plains, into Canada, and to the West Coast. This aphid (Diuraphis noxia (Mordviko)) is lime green, spindle shaped, and about 1⁄16 inch long.

It has short antennae and a projection above the cauda, or tail. The projection gives the insect a “double tailed” appearance (Figs. 17 and 18).

Russian wheat aphids lack prominent cornicles. While feeding, Russian wheat aphids inject a toxin that causes white and purple streaks run- ning lengthwise on the leaves. Tillers of heavily infested plants appear flattened, and leaf edges roll inward, giving the entire leaf a tubelike appear- ance (Fig. 19). Russian wheat aphids prefer feeding on the younger, uppermost leaves of a plant. Unlike the greenbug and bird cherry-oat aphid, the Russian wheat aphid does not spread the barley yellow dwarf virus.

Because these aphids cause the most damage when small grains are moisture stressed, use cul- tural practices that reduce crop stress. Destroying volunteer wheat and planting later will delay the initial infestation.

Predators and parasites are also important in reducing Russian wheat aphid populations. Many of the natural enemies that attack greenbugs also attack Russian wheat aphids. To help conserve these natural enemies, use insecticide judiciously.

For hosts, the Russian wheat aphid prefers wheat and barley to oats, rye, and triticale. They are occasionally observed on corn and sorghum but are not known to cause any damage.

In 2003, a Russian wheat aphid biotype was detected that had developed resistance to all previ- ously resistant Russian wheat varieties with the Dn4 resistant gene. This aphid biotype, RWA2, was first found in Colorado. The formerly resistant wheat varieties are Ankor, Halt, Prairie Red, Prow- ers, and Stanton. Although adapted to the Texas High Plains, they were used primarily in Colorado and Western Kansas. A survey across the Great Plains in 2005 found that 88 percent of the Russian wheat aphids sampled from the Texas High Plains were the resistant RWA2 biotype. However, surveys in 2010 to 2013 indicated that the aphid had shifted to biotypes that were not resistant (90 percent)

Dn4 resistant gene. These changes in RWA biotypes indicate that to help protect against RWA damage, producers need to plant wheat varieties with the latest resistance to RWA. Also, scout the fields routinely for unexpected infestations and damage. RWA populations are largest and, consequently, the most damaging in the High Plains (Fig. 20).

Although the aphid occurs in the Rolling Plains, it is not an important pest because it cannot survive the summer (over-summer) there. In the High Plains, RWA can over-summer on warm-season grasses such as buffalo grass, green sprangletop, and several species of grama grass. Cool-season grasses that are wild hosts of the Russian wheat aphid include various brome grasses, jointed goat grass, and several species of wheat grasses. Insec- ticides applied to the seed can control early-season infestations of RWA. Once the crop has reached soft dough, an insecticide application may not be justified.

Sampling and economic thresholds for RWA: Sampling involves walking across a field and randomly selecting 100 tillers, each from a dif- ferent site. To prevent bias, reach down and grab the tillers without looking at them. Then carefully examine each tiller and record the number of tillers that are infested. Consider any tiller with one or more Russian wheat aphids as infested. Determine the percentage of tillers that are infested. Then use Table 3 to decide whether treatment is justi- fied. For example, if the market value of the crop is projected to be $50 per acre and control costs are $9 per acre, the treatment threshold is 36 percent infested tillers. The thresholds in Table 3 are for Russian wheat aphids infesting wheat in late winter and spring. The thresholds are based on the cost of control and the market value of wheat.すべてのための
1 percent of the tillers infested, yield drops by 0.5 percent.

Table 3. Russian wheat aphid economic threshold using percent infested wheat tillers as the sampling unit

Control cost per acre $ Market value of crop ($) per acre
50 100 150 200 250 300
Percent infested tillers
4 16 8 5 4 3 3
5 20 10 7 5 4 3
6 24 12 8 6 5 4
7 28 14 9 7 6 5
8 32 16 11 8 6 5
9 36 18 12 9 7 6
10 40 20 13 10 8 7
11 44 22 15 11 9 7
12 48 24 16 12 10 8

A formula for calculating when to treat can be used instead of the table. The formula for deter- mining the economic threshold level is based on the percentage of tillers infested before flowering:

To calculate the threshold during and after flowering, substitute 500 for 200 in the formula.

Bird cherry-oat aphid

Bird cherry-oat aphids feed on various grains and grasses and are particularly abundant on small grains. These aphids (Rhopalosiphum padi (L.)) are yellowish green, dark green, or black and have a reddish-orange area around the base of the cornicles (Fig. 21). Because bird cherry- oat aphids do not inject a toxin while feeding (unlike the greenbug), they are less damaging. Control measures for the bird cherry-oat aphid are rarely needed to prevent damage from direct feeding. However, an insecticide treatment may be neces- sary when this aphid is very abundant and the crop is under moisture stress. Like the greenbug, the bird cherry-oat aphid is an important vector of the barley yellow dwarf virus and possibly other diseases. Seed treatments to control early-season infestations of greenbugs and bird cherry-oat aphids may reduce the potential spread of barley yellow dwarf virus by these aphids.

English Grain Aphid

English grain aphids (Macrosiphum (Sitobion) avenae (F.)) are about 1⁄10 inch long and larger than other cereal aphids. They are light green to brown and have long, black antennae, cornicles, and legs (Fig. 22). These aphids can be a concern in the spring, when they feed on stems during flowering and on developing kernels in the wheat heads. Their feed- ing can result in shrunken grain and lower test weight. Because many of the same predators and parasites that help control the greenbug also control English grain aphids, they seldom cause yield losses. They are a vectors of barley yel- low dwarf virus. Treatment thresholds for English grain aphid have not been developed for Texas.
Until more information is available, the thresholds used on winter wheat in Nebraska can serve as a guide for managing English grain aphid in Texas.

  1. Count the English grain aphids on each stem and each head at several sites across the
  2. Calculate the average number of aphids per stem (including those on the head).
  3. Consider applying insecticide if infestations across the field average
    1. 5 or more aphids per stem during the flowering stage
    2. 10 or more per stem during the milk stage of grain development
    3. More than 10 aphids per stem during the milk to medium dough stage

Rice Root Aphid

The rice root aphid (Rhopalosiphum rufiabdominalis (Sasaki)) feeds on plant roots in spots within wheat fields. Stunted plants may be the first indica- tion of its presence, with only a small percentage of plants infested. These aphids are olive or dark green and up to 1⁄10 inch long (Fig. 23). They usually have a reddish area at the rear between and
around the base of the cornicles. Rice root aphids vector barley yellow dwarf virus. Insecticidal control measures have not been developed for this insect. Its primary hosts are peaches and plums. Secondary host plants include rice, wheat, and other small grains.

Winter Grain Mite

The winter grain mite (Penthaleus major (Dugés)) feeds on the leaves of barley, oats, and wheat. Feeding turns the leaf tips brown, stunts the plants, and causes them to appear silvery gray. These mites range from 1⁄32 inch to 1⁄16 inch long. The adult has four pairs of reddish-orange legs, and the body is dark brown to black (Fig. 24). Winter grain mites feed primarily at night and remain around the base of the plant during the day. They are less active in hot, dry weather. The most significant damage occurs in winter and early spring. It is usually more severe in fields where small grains were planted in previous years. To reduce infestations, rotate with other kinds of crops. The appearance of feeding symptoms and the presence of mites indicate the need for control.

Brown Wheat Mite

The brown wheat mite (Petrobia latens (Müler)) is about the size of the period at the end of this sentence and is considerably smaller than the winter grain mite. Its rounded body is metal- lic dark brown with a few short hairs on the back. The front legs are about twice as long as the other three pairs of legs (Fig. 25). This mite occurs throughout the High Plains and Roll- ing Plains. Brown wheat mites are most prevalent in dry weather (Fig. 26), and populations increase when wheat suffers from deficient moisture.
Miticides are often not warranted if the crop is so drought stressed that it cannot respond.

Wheat curl mite

The wheat curl mite (Aceria tosichella Keifer) is white, sausage shaped, and about 1⁄100 inch long (Fig. 27). It has four small legs on the front. This mite vectors wheat streak mosaic, triticum mosaic, and wheat mosaic virus (formerly called High Plains virus) but causes very little damage otherwise. Mite feeding alone causes the leaves to roll and take on an onion leaf appear- ance. If the virus is present, the leaves become mottled and streaked with yellow. Wheat curl mites reproduce fastest at 75 to 80°F. They crawl very slowly and depend almost entirely on wind for dispersal. The mite is most active during warm weather and moves mostly on warm, southwesterly winds.

Consequently, most symptoms of the wheat streak mosaic virus develop from southwest to northeast across a field. The mites over-summer on grass- type hosts and volunteer wheat. Volunteer wheat is the most important host for the mite as well as for the wheat mosaic virus, wheat streak mosaic virus, and possibly the triticum mosaic virus.

Populations of wheat curl mites are likely to be highest when:

  • Mites migrate to early volunteer wheat after hail damages wheat that is nearing
  • July rains produce good stands of volunteer wheat.
  • Volunteer wheat is not destroyed, or not de- stroyed until after the planted wheat is
  • Wheat is planted
  • Summers are
  • Autumn is warm and dry, the optimum con- ditions for mite reproduction and

There are no remedial control options once a wheat plant is infected with the wheat streak mosaic virus or wheat mosaic viruses. Chemi- cals do not control the mites or prevent disease infections. Therefore, the most effective control strategies are avoiding infection and choosing

plant resistant varieties. Research has shown that TAM112 has resistance but not immunity to both the mite and the viral diseases.

Prevent the wheat curl mite from transmitting viruses by breaking the “green bridge” from one wheat crop to the next by using these management practices:

  • Eliminate grass weeds and volunteer wheat around your fields and neighboring proper-
  • Delay plantings near properties under the Conservation Reserve Program (CRP) or native stands of grasses until the grasses have
  • Destroy grass weeds and volunteer wheat by tillage or a burn-down herbicide at least 21 days before planting wheat.

Hessian Fly

The Hessian fly (Mayetiola destructor (Say)) infests wheat in the Central Rolling Plains and central and southwest Texas (Fig. 28). The mos- quito-like Hessian fly adult is 1⁄10 inch long and has dark wings, a black thorax, and a dark red abdo- men. Females deposit an average of 200 eggs in clusters of 5 to 12 glossy red eggs in the grooves on the upper leaf surface. They prefer to lay eggs on younger plants and leaves. After hatching, the lar- vae move down the leaf grooves and under the leaf sheath, coming to rest just above the plant crown or just above a node. As they develop, the larvae suck plant juices and form a shallow depression in the stem. Newly hatched larvae are red but turn lighter in a few days. Fully developed larvae are white with a semitransparent green stripe down the middle of the back (Fig. 29). At maturity, the larva forms rigid, dark brown, outer case, or puparium. This period is known as the “flaxseed” stage because the pupar- ium resembles a flax seed (Fig. 30). The Hessian fly survives the summer as a dormant, fully devel- oped larva inside the puparium. The adult fly emerges from the puparium (Fig. 31). It will live no more than 3 days.
The larvae injure wheat by feeding on stem tissue at the crown of young plants or just above the nodes on jointed wheat. They cause more damage to newly emerged and younger seedlings than to older, estab- lished plants. In the fall and early winter, feeding stunts infested tillers, and the leaves become somewhat broader and darker green. Stunted tillers, particularly in younger plants, usually wither and die. Consequently, stands are thin in the fall, less forage is produced, and more plants succumb to winterkill. If the infested tillers survive, their growth and yield will decrease. Hessian fly infestations in the spring also stunt tiller growth and cause uneven plant height. Larval feed- ing at the nodes weakens the stem at the feeding site and may cause significant lodging or stem breakage, making harvest more difficult. During kernel for- mation, feeding can also interfere with nutrient flow to the head, reducing grain quantity and quality.

Expect significant grain losses when fall infestations exceed 5 to 8 percent or when spring infestations exceed 20 percent of the stems.

Although the preferred host is wheat, infesta- tions have been seen on barley, emmer, rye, spelt, and triticale. Oats are not a host for the Hessian fly. It has occasionally been found on wild grasses such as little barley, goatgrass, quackgrass, timothy, and western wheatgrass. There are likely other grass hosts in Texas.

Management Strategies

To reduce economic losses, adopt the following cultural practices:

  • Grow adapted wheat varieties with resis- tance to Hessian Information about these varieties for your area is available from your county Extension agent and wheat seed dealer.
  • Plant later in the fall to reduce the potential for a fall generation.
  • Destroy volunteer wheat, which serves as an early-season host.
  • Bury crop residue 4 to 6 inches deep.
  • Rotate to crops other than wheat or barley to suppress the fly population.
  • Avoid moving infested straw to a non-infest- ed area.

Resistant varieties: Some wheat varieties are resistant to certain populations of the Hessian fly but susceptible to other populations of this pest. These unique populations of Hessian flies are called biotypes. They result from genetic changes that allow the flies to feed and survive on different varieties of wheat.

Some biotypes cannot survive on wheat varieties that have specific genes for resistance. This is why planting Hessian fly-resistant varieties usually works well to prevent losses.

However, Hessian flies can overcome resistance in wheat just as rust fungi develop new races. Over time, the widespread planting of one or two resis- tant varieties can favor biotypes that survive on the resistant varieties. This new, virulent biotype even- tually can become so common that the formerly resistant varieties begin to suffer damage.

ザ・ Texas Wheat Variety Trial Results lists the resistance of hard red winter varieties to Hessian fly each year. The report is posted under “Wheat Vari- ety Results – State Wide, at http://varietytesting. tamu.edu/wheat/#varietytrials. It includes a table, “Hard Red Winter Wheat Characteristics,” that lists the susceptibility or resistance of these varieties.

Delayed planting: Postponing planting mini- mizes the damage from the Hessian fly and reduces the number of fall generations.

A date in late fall after which flies do not emerge is called the fly-free date. In central Oklahoma and farther north in the wheat belt, planting after this date has effectively reduced or prevented Hessian fly infestations and damage. This practice has proved to be of limited value in Texas, where inter- mittent periods of warm weather allow the adults to emerge, mate, and lay eggs well into December.

If you must plant wheat early for grazing live- stock, minimize the risk of Hessian fly infestation by planting a variety that is resistant to the fly, or consider treating the seed with insecticide for fields with a history of Hessian fly damage.

Destroying volunteer wheat: Controlling vol- unteer wheat is a useful management tool for many wheat pests, including aphids, Hessian flies, and wheat curl mites. The lack of wheat deprives the first- generation adults of a place to deposit their eggs.

Reducing crop residue: Plowing under old wheat stubble 4 to 6 inches deep in August greatly reduces adult emergence from buried plant residue. However, soil erosion and moisture-retention prob- lems in some areas can dictate that residue burial be limited to conform to conservation practices.

Rotating crops: Although crop rotation helps reduce Hessian flies in a given field, they can remain in the old wheat residue for 2 years, and wind can carry the adults to nearby fields. Burning the straw kills the exposed pupae and larvae in the stems but not the pupae at the soil surface or below the soil line.

Containing infested straw: Avoid moving infested straw or hay to a non-infested area. When buying or selling wheat hay or straw, look for brown pupae behind the leaf sheaths at the nodes to make sure the material is not infested with live Hessian flies.

Applying pesticide: Insecticide seed treatments labeled for control of Hessian fly can suppress light infestations in seedling wheat in the fall. These treatments may not protect the seedling wheat from damage when large numbers of Hessian fly infest the crop.


Pest & Crop Newsletter, Entomology Extension, Purdue University


Hessian Fly Still a Concern in Wheat Growing States- (Brandi Schemerhorn & Sue Cambron

  • Remember to utilize fly free dates.
  • Destruction of volunteer wheat helps reduce insect reservoir to avoid spring infestations.

The Hessian fly is present in wheat growing areas throughout the US, including Indiana. The Hessian fly can survive on alternative grass hosts, and will be waiting for the next time wheat is planted in a given area. When the opportunity presents itself for a wheat infestation, there is potential for a rapid increase of fly populations as a result of weather conditions or cropping practices that favor survival of eggs and young larvae in the fall.

Following the fly-free date. A low fall infestation often goes unnoticed due to the tillering of the wheat plant. Much of the fall fly population can be avoided by planting after the fly-free date. The fly-free date is of key importance, even if you plan to use the wheat only for cattle. This fly-free date is our main protection to avoid a subsequent infestation by the spring brood. Additionally, it has been shown that following the fly-free date helps reduce other wheat disease problems and reduces winter-kill from excessive growth.

"Test plots showing resistance and susceptible wheat

Plowing fields after wheat harvest destroys the fly. The Hessian fly passes the summer in the stubble of the current wheat crop. Volunteer wheat germinates and begins growing just in time for the fall emergence of the Hessian fly. These plants are readily infested resulting in a rapid build-up of the population. Removal of volunteer wheat before the emergence of the fall brood greatly reduces the insect reservoir for a spring infestation.

Infestations in the mid-west were down this year, mainly due to adherence to the fly-free dates.

Map showing approximate dates for planting wheat to avoid first generation Hessian fly damage

Assessing WBC Damage to Field Corn - (Christian Krupke and John Obermeyer)

  • Reports of WBC damage in northern counties, both in Bt and non-Bt hybrids.
  • Slight damage may be apparent, even on Bt hybrids that control WBC.
  • Gene-check strips will soon be essential equipment for pest managers.

Many pest managers are entering fields and checking the condition of the crop just prior to harvest. You’ve all read and heard about the widespread Western Bean Cutworm flights that we experienced here in Indiana, and the damage reports have begun to come in now. One thing to keep in mind when assessing damage is that knowing the traits expressed by the hybrid you are looking at will be key in assessing damage levels – for example, Bt hybrids that advertise “control” of a given pest should be held to a higher standard than those that do not, or non-Bt varieties. The video below demonstrates the use of protein test strips - a simple, effective tool for identifying the traits in individual plants in the field. These tools will become far more useful as the industry moves toward seed mix refuges (also called refuge in a bag) – there will be no other way to tell the refuge from transgenic plants in these mixed stands. The video below gives a brief overview of a quick and relatively inexpensive way to screen plants at any time during the season.

Watch the video on assessing WBC damage to field corn.

Green Soybean Stems and Dry Grain – (Shaun Casteel)


Soybean harvest (7% as of September 12th) is about a week ahead of the five-year average (USDA-NASS, 2010). As I scout from the windshield many fields appear to be 7 to 10 days away from harvest due to the greenness of the stems. However, grain moisture is as low as 10% in many of those same fields. This scenario is a one-two punch to soybean producers. Today, we sell soybeans by weight (60-lb units at 13% moisture) and not by the volume (bushel) as in the past. Harvesting and selling soybeans at 10% moisture means that we are losing out on the opportunity to sell 3% water weight. The recommendation is to harvest soybeans at or slightly above 13% moisture to maximize yield, but green stems are tough to harvest. Two options exist for this scenario: (a) harvest at optimal grain moisture to capture water weight even with green stems that will likely slow harvest and potential increase fuel expense, or (b) harvest plants with brown stems for easier threshing at the loss of yield via water weight and potentially shattering in the coming weeks. There is no simple answer, but I will address the green-stem syndrome we are seeing in 2010.

Green-stem syndrome is where pods and seeds mature (turning harvest color and dry down) while the stems remain green (Figure 1). This is not the same as “stay-green,” which is where a plant retains the green color (chlorophyll) in the stems, leaves, and pods longer. Stay-green is often associated with varietal differences, fungicide applications, or growth regulator applications. Viral diseases, insect infestations, and environmental stresses during seed fill have been suggested as the sources of green-stem syndrome in soybean. A recent study proposes that the common link among these culprits is the effects on pod retention and seed fill (Egli and Bruening, 2006). They removed 25 and 50% of the pods at R6 (full seed) among varieties within maturity groups III, IV, and V in Kentucky. The pod removal minimally affected the rate of pod maturation, but stem maturation was delayed significantly (10 to 20 days and sometimes greater) with the greatest delay in the 50% pod removal treatments. In some cases, the stems did not mature before the first frost.

Figure 1. Two soybean plants growing side-by-side in the field. Plant on the left has mature pods and mature stem whereas, the plant on the right has mature pods and green stem (green-stem syndrome)

Similarly, stressed-soybean plants “decide” which pods to retain and seeds to fill. A loss of pods and / or seeds reduces the demand for photoassimilates (sugars and nutrients) that are transported from the leaves (the supplier). The redistribution of photoassimilates is rapid during R5 (beginning of seed fill) and continues at a slower pace through R6 (full seed). High temperatures and limited rain in August stressed many soybeans during the critical seed fill period (and pod development with the late-planted soybeans). Many pods and seeds were aborted (Figure 2) during this photoassimilates in the leaves and the stems. Late-season bean leaf beetle feeding could also be stressing some soybeans across the state. Low humidity and relatively warm temperatures in September have also provided a situation for fast grain dry down in the field. However, the stem tissue is maintained with the “extra” supply of photoassimilates and retains the green color (Figure 1). Green-stem syndrome yield losses are usually related to the stresses that caused a reduction in demand (pod or seed loss, Figure 3). Delayed harvest often results in yield loss via grain moisture and shattering. We need to be aware that this phenomenon is occurring, so we can make informed decisions about optimizing harvest and reducing losses in yield and profit.

Figure 2. Soybean seed was aborted due to drought stress

Figure 3. Arrested seed fill (upper pods) contributed to the green stem even with mature pods

Egli, D.B. and W.P. Bruening. 2006. Depodding causes green-stem syndrome in soybean. Online. Crop Management. 。
USDA-NASS, 2010. Indiana crop & weather report as of September 12. Vol 60:WC091310.


DISCLAIMER: Reference to products in this publication is not intended to be an endorsement to the exclusion of others which may be similar. Persons using such products assume responsibility for their use in accordance with current directions of the manufacturer.
It is the policy of the Purdue University Cooperative Extension Service, David C. Petritz, Director, that all persons shall have equal opportunity and access to the programs and facilities without regard to race, color, sex, religion, national origin, age, marital status, parental status, sexual orientation, or disability. Purdue University is an Affirmative Action employer.


ビデオを見る: 害虫が潜むドングリを熱湯に落とすとこうなります