面白い

クルミの房病の治療:クルミの木の房病

クルミの房病の治療:クルミの木の房病


投稿者:Mary H. Dyer、資格のあるガーデンライター

クルミの房の病気は、クルミだけでなく、ピーカンナッツやヒッコリーを含む他の多くの木にも影響を及ぼします。この病気は、日本のハートナッツとバターナットにとって特に破壊的です。専門家は、この病気はアブラムシや他の樹液を吸う昆虫によって木から木へと広がり、病原体は移植片を介して伝染する可能性があると信じています。バンチ病の症状とバンチ病の治療に関する役立つ情報を読んでください。

クルミの木の房病

クルミの木の房病は、発育不全の葉と変形した茎によって特徴付けられます。成長の早い、しなやかな新芽のクラスターは、側芽が休眠状態のままではなく成長を生み出すときに、ふさふさした「魔女のほうき」の外観を呈します。

房病の症状には、春の初めに現れ、秋にかけて伸びる成長も含まれます。したがって、樹木は耐寒性に欠け、冬に損傷を受けやすくなります。木材は弱くなり、風害を受けやすくなります。

クルミの生産に影響があり、表示されるいくつかのクルミはしわが寄った外観になっています。ナッツはしばしば時期尚早に木から落ちます。

束病の症状は、いくつかの枝に限定される場合もあれば、より広範囲に及ぶ場合もあります。クルミの束の病気は非常に破壊的ですが、感染はゆっくりと広がる傾向があります。

束病治療

クルミの房の病気を制御するには、感染した成長が発見されたらすぐに、通常は春に剪定します。患部の十分下に各カットを作成します。

拡散を防ぐため、使用前と使用後は必ず切削工具を滅菌してください。剪定後にがれきをかき集め、適切に破壊します。影響を受けた小枝や枝を堆肥にしたりマルチングしたりしないでください。

損傷が広範囲に及ぶか、木の根元にある場合は、木全体を取り除き、根を殺して近くの木に広がるのを防ぎます。

これまでのところ、クルミの木の房病に対する化学的管理は推奨されていません。しかし、健康で手入れの行き届いた木は、より病気に強い傾向があります。

この記事の最終更新日

クルミの木についてもっと読む


ピーカンの木のロゼッタ病

ピーカンという名前は、アルゴンキン語の「パカン」に由来しています。アメリカ森林機構は、ピーカンナッツは「砕けるのに石を必要とするほど硬いナッツ」を意味すると述べています。ピーカンの木の植物名はCaryaillinoensisで、アメリカに8、000年以上存在している木です。この壮大な木は北アメリカだけに自生しています。イリノイ州からテキサス州までの州で見られます。ピーカンの木は、そのナッツと同様に日陰のために育てられます。ロゼット病に加えて、ピーカンの木はかさぶた、うどんこ病、しみ、木や心臓の腐敗、ナッツやクラウンゴールの内部破壊の影響を受けやすくなっています。


ピーカンの葉および/またはナッツの一般的な病気

かさぶた(真菌Cladosporiumcaryigenumによって引き起こされる)

かさぶたは、その成長範囲のほとんどでピーカンナッツの最も深刻な病気です。一次胞子は、春に小枝やナッツの殻に越冬する間質から生成されます。これらの胞子は、長い雨期または長い露期に、小葉、小枝、およびナッツの殻で発芽します。二次感染は、初期の感染中に形成された病変から胞子が放出されるときに発生します。二次胞子は夏を通して生産されます。

この病気は、葉や木の実に小さな、暗い、円形の、オリーブから黒い斑点が特徴です。これらのスポットが融合して、大きな黒ずんだ領域を形成する場合があります(図1)。病気が防除されていない場合、頻繁な雨や長時間の露の期間中に、より感受性の高い栽培品種からの作物全体といくつかの在来種および苗木が失われる可能性があります。ピンクのカビ菌Cephalotheciumroseumは、ナッツの殻の古いかさぶたの病変に侵入します(図1)。ナッツの穀粒に侵入すると、オフフレーバーやピンクの腐敗を引き起こす可能性があります。感染したナッツの殻は油っぽい外観をしている可能性があります。

ピーカンナッツのかさぶたは、効果的な推奨殺菌剤の適切に適用されたスプレー、推奨される衛生慣行の厳格な遵守、または耐性品種の使用によって容易に制御されます。

図1。 ピーカンナッツの殻のかさぶた病変。ピンクのカビ菌はいくつかの病変で成長しています。

新しい果樹園を始めたいときは、チカソー、チョクトー、ゴームリー、グレイキング、モホーク、マウント、オークラ、スチュアート、ペルーなどの耐性または耐性のある品種を植えることをお勧めします。かさぶた制御プログラムに従う準備ができていない限り、州の多くに植えるべきではない栽培品種には、Apache、Burkett、Caddo、Cherokee、Chey-enne、Cowley、Desirable、Green River、Hayes、Mahan、Maramec、Sanが含まれます。 Saba Improvement、Schley、Shawnee、Shoshoni、Sioux、Squirrel、Tejas、Western、およびWichita。ピーカン栽培品種の詳細については、OSU Extension Facts No. 6201、Pecan Varieties forOklahomaを参照してください。

さまざまな衛生習慣がかさぶたを減らすのに役立ち、スプレープログラムと併せて従う必要があります。水が果樹園から素早く移動するように、排水路を開いたままにします。ぶら下がっている手足や混雑した木を取り除くことにより、空気循環を改善します。これは、歩留まりの向上にも役立ちます。取り外した手足と木をすべて燃やします。かさぶたが依然として問題である場合は、推奨される化学的疾病管理プログラムに従ってください(CR-6209を参照)。 「乾季」には、適切なタイミングで殺菌剤を2〜3回散布する必要があります。 「雨季」には、制御を達成するために最大6つのアプリケーションが必要になる場合があります。申請は、湿潤期間の直前または直後に行う必要があります。

市場に出回っているより効果的で安全な殺菌剤と、殺菌剤の散布スケジュールに関するより良い情報があれば、ピーカンナッツのかさぶたを防除するために殺菌剤を使用するかどうかの決定を以前ほど難しくする必要はありません。私たちは、個人の安全、食品の安全、または環境を犠牲にすることなく、正しく賢明に使用されたときにかさぶたを制御するために頼ることができる殺菌剤の武器を持っています。アプリケーションのスケジューリングは、プラント開発段階またはインターネットで入手可能なOSU PecanScabモデルに合わせた推奨事項を使用して行うことができます。これらの方法は両方とも、オクラホマの成長条件下で広くテストされています。殺菌剤プログラムの強度のレベルは、栽培品種と比較して先住民と、ピーカンかさぶたに対する感受性のレベルが異なる栽培品種では異なります。牛が自生の果樹園で放牧されている場合、その農場単位の全体的な生産と利益に最適な決定を下す必要があります。在来種のピーカンナッツの利益率が低いことを考えると、一部の栽培者は、殺菌剤プログラムの費用が在来種にとって健全な投資であると確信していない可能性があります。かさぶた殺菌剤が必要のないとき、または保護するナッツ作物がないときに原住民に適用される場合、投資は確かに不健全です。しかし、必要なときに殺菌剤を原住民に適用しないことも同様に不健全な決定です。

生物季節学的方法を使用した殺菌剤散布のスケジューリング。かさぶた殺菌剤をいつ適用するかを決定するための2つの基本的な方法があります。最初の生物季節学的方法は、植物の成長段階またはピーカンナッツの生物季節学に基づいており、ナッツの殻の病気を防ぐことによってナッツ作物を保護することに重点を置いています。生物季節学的方法は、ピーカン作物の発達の臨界期をカバーしています。安全面でエラーが発生し、不要な申請が行われる可能性があります。原住民およびより耐性のある栽培品種の場合、最大3つのアプリケーションが適用されます。最初の散布は、最初のピーカンナッツケースベアラーの散布と同時に行われます。これは、先住民にとって、良好なナッツ作物が定着したことが確実になったら、殺菌剤を散布する決定を下せることを意味します。その後2〜3週間で1回目のカバー申請を行い、2〜3週間後に2回目のカバー申請を行います。この方法では、芽が壊れてから約5週間後の受粉前の段階で、中程度から非常に感受性の高い栽培品種に4番目の適用が必要です。

OSU PecanScabモデルを使用した殺菌剤アプリケーションのスケジューリング。殺菌剤の散布をスケジュールする2番目の方法は、インターネットのwww.entoplp.okstate.edu/の「AgriculturalModels」からアクセスできるOSU Pecan Scab Modelを使用することです。この方法は、調査で示された実際の気象条件の時間の経過に基づいています。かさぶた病に有利であること。 OSU Pecan Scab Modelを使用するには、インターネットにアクセスする必要があります。モデルは、最寄りのオクラホマメソネット気象観測所からのデータを使用して、相対湿度が90%を超え、気温が70 F(=かさぶた時間)を超える時間数を計算します。ユーザーは、インタラクティブマップをクリックして、最寄りの気象観測所を選択します。過去14日間の保護されていない日の累積かさぶた時間のしきい値は、在来のピーカンナッツとほとんど耐性のある栽培品種(30かさぶた時間)、中程度の感受性(20かさぶた時間)、および非常に敏感な(10かさぶた時間)栽培品種に対して確立されました。このウェブサイトは、過去28日間のかさぶた時間の局所的な蓄積を提供するだけでなく、使用するかさぶた殺菌剤の割合とピーカンナッツ栽培品種の感受性に関する情報にもリンクしています。このモデルは、中程度から非常に感受性の高い栽培品種の殺菌剤のタイミングからリスクを取り除くのに最も役立ちます。保護が保証され、アプリケーションは必要な場合にのみ作成されます。経験豊富な栽培者は、Webサイトを使用して、毎日の累積かさぶた時間を取得できます。これにより、生物季節学的手法を有利に変更できるようになります。

静脈スポット(真菌Gnomonia nervisedaによって引き起こされる)

静脈スポットは、ピーカンの葉の一般的な病気です。芽やナッツには発生しません。静脈スポット感染症(病変)は、かさぶた菌によって引き起こされるものと非常によく似ています。ただし、静脈スポット病変は円形ではなく直線状になる傾向があり、静脈に限定される傾向もあります(図2)。オクラホマでは、この病気は通常深刻ではなく、ほとんどのかさぶた防除殺菌剤によって簡単に防除されます。しかし、トリフェニルスズ製剤はあまり効果的ではありません。

図2。 感染したピーカンナッツの小葉の静脈スポット症状。

シミ(真菌Gnomonia caryaevar。pecanaeによって引き起こされる)

肝斑は、小葉の下側に直径1 / 8〜5 / 8インチの赤褐色(肝色)の円形斑点が現れることを特徴としています(図3)。秋になると、斑点はシナモンブラウンに変わり、小さくて暗い真菌の実を結ぶ体が含まれます。この病気は、より湿度の高い南東部の州で落葉を引き起こすことがありますが、オクラホマでは深刻な病気とは見なされていません。かさぶた制御プログラムは、この病気を制御します。

図3。 感染したピーカンナッツの小葉にシミの症状が見られます。

うどんこ病(真菌Microsphaeraalniによって引き起こされる)

うどんこ病はオクラホマ州で散発的に発生し、州で深刻な病気になることはめったにありません。それは葉とナッツに同様に発生し、表面的なうどんこ病の成長として現れます(図4)。早期に感染したナッツは小さいままで、初期の殻が裂けてしわが寄った穀粒を持っている可能性があります。他のいくつかの州では、それは時々落葉を引き起こします。かさぶた制御プログラムが実行されるとき、病気は通常抑制されます。

図4。 感染したナッツの殻のうどんこ病の症状。

ロゼット(亜鉛欠乏によって引き起こされる)

亜鉛欠乏症は通常、アルカリ性土壌または低亜鉛土壌から亜鉛が利用できないことによって引き起こされます。亜鉛欠乏症は葉の黄変として始まります。修正しないと、葉がねじれ、後で赤褐色になります(図5)。小枝や小さな手足は死に、しばしば影響を受けた木のてっぺんから始まります(図6)。大きな手足は死に、最終的には木は死にます。この問題を修正するための処理は、亜鉛キレート配合物または硫酸亜鉛を土壌に適用するか、これらおよびNZN、NZSなどの他の材料を葉に噴霧することによって構成されます。スプレーはより速い応答を提供し、より少ない材料を必要とします。アプリケーションの推奨事項は、OSU拡張ファクトシートHLA-6232、ピーカンナッツと果樹の施肥に示されています。

図5。 ピーカンリーフレットの亜鉛欠乏(ロゼット)の初期症状。

図6。 長期的な亜鉛欠乏によるピーカンの木の枝の死。

バンチ病(ファイトプラズマによって引き起こされる)

房病の特徴的な症状は、側芽の異常な強制に起因する細い柳の芽のふさふさした成長です(図7)。症状は、1つのブランチのみまたは多くのブランチに現れる場合があります。房病は、感染していない芽よりも早く葉が出るため、春と初夏に非常に目立ちます。病原体はおそらくヨコバイによって伝染する昆虫であると考えられています。
ひどく感染した木は破壊されるべきです。少数の枝だけが感染している場合は、感染した領域をはるかに超えて削除する必要があります。一部の品種は他の品種よりも耐性があり、影響を受けやすい樹木にうまく上塗りすることができます。

図7。 ピーカンの木の束病の症状。


葡萄 (ブドウ spp。)-灰色かび病

赤い栽培品種の症状は、色が変わったり、ベリーがしわが寄ったり漏れたりする、および/または真菌の灰色の胞子形成など、微妙な場合があります。

感染は葉から果実へ、またはその逆に広がる可能性があります(この場合はわかりません)。

ボトリチス これらの感染したベリーに胞子形成。

この真菌に典型的な茶色の胞子形成に注意してください。

ジェイ・W・プシャイトによる写真、1998年。

ひょうの損傷によるボロボロの葉と、壊死組織の水に浸した縁に注意してください。

ジェイ・W・プシャイトによる写真、1998年。

原因この病気はカスケード山脈の西側で一般的ですが、PNWの乾燥したブドウ栽培地域では散発的な問題があります。

ボトリチスシネレアが最も重要である多くの真菌および細菌の有機体は、ブドウに感染し、房の腐敗を引き起こす可能性があります。ボトリチスシネレアは宿主範囲が広く、それらのほとんどで成長して胞子形成します。菌は越冬し、古いクラスターの茎、杖、ミイラ化したブドウの黒い菌核として越冬します。胞子は風によって広がります。若くてジューシーな新芽は、特に雹によって負傷した場合、春に感染する可能性があります。

花の部分は頻繁に感染し、発生中のクラスター内の真菌の発生源として機能する可能性があります。花序は、結実を介して開花の開始時に感染しやすいです。雨天は、特にキャノピーが密集していてベリーが砂糖を蓄積する収穫の2週間前に、感染と病気の進行を助長します。 Botrytis cinereaは、わずか4時間のベリーの湿り気で、53°Fから86°Fまでブドウの果実に感染します。しかし、感染するベリーの数は、ベリーの湿り具合が長くなるにつれて増加します。真菌は、成熟した房の中でベリーからベリーへと急速に広がる可能性があり、傷ついたベリーや裂けたベリーで容易に発生する可能性があります。

クラスターに隣接する葉の除去は、房腐れとうどんこ病の両方の管理に役立ちます。微気候は病気の進行に不利になり、クラスターは殺菌剤でよりよく覆われます。葉の除去の正確なタイミングは、地理とブドウ園の管理によって異なります。日焼けの可能性は、後の葉が取り除かれ、極端な暑さの間に増加します。

「カベルネ・ソーヴィニヨン」は、オレゴンで栽培されている最も影響を受けにくいワイン用ブドウの1つです。 「ゲヴュルツトラミネール」は、「シャルドネ」、「ピノノワール」、「リースリング」よりも感受性が低いです。よりタイトまたはコンパクトな束は、病気のリスクが高くなります。

特定の環境条件下では、B。cinereaのみに感染した白ブドウは、貴腐として知られる特別な腐敗を引き起こす可能性があります。これらのブドウは、特別な、非常に甘いワインを生産するために使用することができます。

症状若い芽や葉は春に感染し、茶色の水に浸した領域を発達させる可能性があります。これらの領域は一般的にシュートをガーリングし、それをしおれさせて死に至らしめます。特徴的な灰色の真菌の増殖は、存在する場合と存在しない場合があります。

一般的に、腐ったベリーは夏の終わりと秋に成熟したベリーの小さな茶色の斑点として現れます。ベリーの皮はこすると簡単に滑り落ちることがあります。その後、灰色の真菌の成長の特徴的な房が感染したベリーの表面に現れます。多くの場合、腐ったベリーは束の中心近くにあります。その後、腐敗は急速に広がり、束の大部分を包含する可能性があります。他の生物が後でベリーに侵入し、多種多様な色、匂い、味を生み出す可能性があります。時折、未熟なベリーは夏の初めに柔らかい茶色の腐敗を起こすかもしれません。

  • フルーツセット(BBCH 71)からエンドウ豆サイズ(BBCH 75)の段階で、クラスターに隣接する葉を取り除きます。これは、スプレーの浸透と被覆にも役立ちます。 BBCH 71の前に葉を取り除くと、結実と収量が減少する可能性があり、BBCH 75の後は、ボトリチスの防除に効果がない可能性があります。キャノピーの朝日側(東または北)のみを削除して、日焼けを防ぎます。密集した林冠を持つ活気のあるブドウの木には、より早く、より多くの葉を取り除く必要があるかもしれません。
  • 適切なトレリスシステムを使用して、通気と日光への露出を増やします。
  • 台木の選択と管理、灌漑管理、および窒素肥料の賢明な使用を通じて、過度の栄養成長を避けてください。
  • 果物を落として収量を調整する場合は、他のクラスターと接触しているクラスターの削除を検討してください。
  • うどんこ病は、果実の表面に微細な傷を付けることで、ベリーが感染しやすくなるため、うどんこ病を管理します。
  • クラスターアーキテクチャが緩い品種クローンを選択します。

化学物質管理開花中および結実の開始時(BBCH 60〜69)、ベリータッチの直前(BBCH 77)、検証の開始(BBCH 81)、および収穫の2〜3週間前に雨が降る前にスプレーします。つるの成長段階ではなく、暴風雨の前のアプリケーションに重点を置きます。部位特異的な化学物質に耐性のある真菌株は、急速に発生する可能性があります。耐性菌の蓄積を遅らせたり防止したりするには、さまざまなグループの製品をさまざまな作用モードでタンクミックスします。また、特定のグループからのアプリケーションを2つ以下のスプレーに制限します。カリフォルニアでは、3つの異なる殺菌剤の作用モードに一度に耐性のあるボトリチスの分離株が一般的です。

  • ボトラン5F、1.2クォート/ A。硫黄と組み合わせると、一部の栽培品種で果実のマーキングが発生する可能性があります。収穫後14日以内に使用しないでください。効果が低い。グループ14の殺菌剤。 14日間の再突入。
  • Captan 80 WDG、2.5ポンド/ A。収穫日まで適用できます。油、石灰、またはアルカリ性物質と一緒に使用しないでください。いくつかのワイナリーや国では使用が許可されていない場合があるため、申請前にブドウの購入者に連絡してください。中程度の効果。グループM4殺菌剤。 48時間の再突入。
  • 銅ベースの製品は登録されていますが、わずかな管理しか提供していません。グループM1殺菌剤。 O
  • 1 lb / Aで50WDGを上げます。収穫日まで使用できます。良いコントロール。グループ17の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • 8オンス/ AのEndura。収穫後14日以内に使用しないでください。うどんこ病にPristineを使用する場合は、房腐れの管理には使用しないでください。グループ7の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • 3.8液量オンス/ Aのフリントエクストラ。 「コンコード」ブドウには使用しないでください。収穫後14日以内に使用しないでください。グループ11の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • 24.4〜36.6液量オンス/ Aでの骨折(BLAD)。最初の塗布から12時間以内に雨が降った場合は、再塗布してください。収穫後1日以内に使用しないでください。グループBM01殺菌剤。 4時間の再突入。
  • 6液量オンス/ Aでの直観。収穫後10日以内に使用しないでください。グループ11の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • イプロジオンベースの製品。収穫後7日以内にワイン用ブドウを申請しないでください。抵抗が問題にならない場合の適切な制御。ラベルの低い1pt / Aレートは効果的ではありません。グループ2の殺菌剤。 48時間の再突入。
    • 1.5〜2パイント/ Aのイプロジオン4LAG。
    • 1.5から2パイント/ Aの流星。
    • 1.5〜2パイント/ Aのネバド4F。
    • Rovral 4 1.5〜2パイント/ Aで流動性。
  • 1〜2ガロン/ 100ガロンの水に加えて別の殺菌剤を含むJMSスタイレットオイル。硫黄を散布してから10日以内に散布すると、壊死した葉が生じることがあります。果物が存在する場合は、銅ベースの製品とタンク混合しないでください。 90°Fを超える凍結温度の間、または植物が熱または湿気のストレス下にあるときは使用しないでください。十分な被覆が不可欠であるため、葉が濡れているときは使用しないでください。単独でやや効果的。 4時間の再突入。 O
  • Kenja 400 SC、20〜22液量オンス/ A。収穫後14日以内に使用しないでください。グループ7の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • Dithane、Manzate Pro-Stick、PenncozebなどのMancozeb製品(1.5〜2.5 lb / A)。収穫後66日以内に使用しないでください。登録されていますが、効果がないと見なされます。グループM3殺菌剤。 24時間の再突入。
  • 3.75〜13液量オンス/ AのOsoSC。収穫後7日以内に使用しないでください。効果は中程度から良好。グループ19の殺菌剤。 4時間の再突入。 O
  • 6.2オンス/ AのPh-DWDG。収穫日に適用される場合があります。効果は中程度から良好。グループ19の殺菌剤。 4時間の再突入。
  • 18.1〜45.7液量オンス/ Aでプロブラッド。最初の塗布から12時間以内に雨が降った場合は、再塗布してください。収穫後1日以内に使用しないでください。グループBM01殺菌剤。 4時間の再突入。
  • 1〜4クォート/ Aのレガリアと別の殺菌剤。 7日間隔で使用してください。収穫日に使用できます。グループP5殺菌剤。 4時間の再突入。 O
  • Scala SCは、18液量オンス/ Aのみ、またはタンクミックスで9〜18液量オンス/ Aです。収穫後7日以内に適用しないでください。良いコントロール。グループ9の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • 1〜4クォート/ 100ガロンの水と非イオン性界面活性剤のSil-Matrix。収穫日まで適用できます。 4時間の再突入。 O
  • 1〜1.5 lb / AのTopsinMWSBと別の殺菌剤。収穫後14日以内に使用しないでください。この製品を無効にする耐性菌は、オレゴン州のウィラメットバレーに蔓延しています。グループ1の殺菌剤。 2日間の再突入。
  • Vangard 75 WGは、単独で使用する場合は10 oz / A、別の殺菌剤とタンク混合する場合は5〜10 oz / Aです。 Rovralとタンク混合する場合は、pH 5〜7に緩衝します。収穫後7日以内に使用しないでください。より低い温度でより効果的です。単独で使用した場合の有効性評価は良好です。グループ9の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • Ziram 76 DF、3〜4ポンド/ A。収穫後10日以内に使用しないでください。有効性は低いと考えられます。グループM3殺菌剤。 48時間の再突入。

  • 16〜20液量オンス/ Aでスーパーを刺激します。うどんこ病に使用した場合は、房腐れ病防除には使用しないでください。収穫後14日以内または「コンコード」では使用しないでください。グループ3 + 9殺菌剤。 12時間の再突入。
  • 8〜8.6液量オンス/ Aでのルナ体験。うどんこ病防除にすでに使用されている場合は、房腐れ防除には使用しないでください。 「コンコード」または収穫後14日以内には使用しないでください。グループ3 + 7の殺菌剤。活動に応じて12時間から5日間の再突入。
  • 5〜7.6液量オンス/ Aでのルナセンセーション。うどんこ病防除にすでに使用されている場合は、房腐れ防除には使用しないでください。 「コンコード」または収穫後14日以内には使用しないでください。グループ7 + 11の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • ミラビスプライム10.3〜13.4液量オンス/ A。うどんこ病防除にすでに使用されている場合は、房腐れ防除には使用しないでください。収穫後14日以内に使用しないでください。グループ7 + 12の殺菌剤。 12時間の再突入。
  • Pristineは18.5〜23 oz / Aで使用できます。収穫後14日以内に使用しないでください。葉の損傷の可能性があるため、「コンコード」などのラブルスカタイプのブドウには使用しないでください。うどんこ病に使用した場合は、房腐れ病防除には使用しないでください。グループ7 + 11の殺菌剤。活動に基づいて12時間または5日間の再突入。
  • 62.5 WGを11〜14 oz / Aに切り替えます。アジュバントと一緒に、または収穫後7日以内に使用しないでください。良いコントロール。グループ9 + 12の殺菌剤。 12時間の再突入。

注意事項一部の登録製品は、この病気の抑制のみを提供するため、使用をお勧めしません。これらの製品には、Abound、Mettle、Quadris Top、Sovran、Tebucon、Topguard EQ、Unicorn、およびWillwoodAzoxyが含まれます。

Gavelは登録されていますが、PNWのブドウには見られない病気であるべと病を防除するための化学物質が含まれているため、使用はお勧めしません。

予測予測プログラムが開発されました。これは、60°Fで中程度の房腐敗リスクを15時間のベリーの湿りで割り当てますが、ベリーが17.5時間湿っている場合は高いリスクを割り当てます。殺菌剤は、成長期に中程度のリスクが発生した後に適用されます。このプログラムは、太平洋岸北西部では評価されていません。

生物的防除多くの異なる生物が管理された条件下で効果的であることが示されています。時々、それらは低から中程度の病害圧力の下でブドウ園で効果的であることが示されることができます。葉の除去などの文化的戦術と組み合わせるか、最高の効果を得るために合成殺菌剤と統合します。

  • 水量に応じて5〜10オンス/ Aのボテクター(Aureobasidiumpullulans株DSM14940および14941)。収穫日に適用できます。硫化物、油、およびいくつかの殺菌剤と互換性がありますが、多くの合成殺菌剤とは互換性がありません。 4時間の再突入。 O
  • 2〜4 lb / AのBotryStop(Urocladium oudemansii U3株)。使用前は冷蔵保管してください。多くの湿潤剤、一部の殺菌剤、生物学的製剤と互換性がありますが、すべてではありません。 PNWにおける未知の有効性。 4時間の再突入。 O
  • DoubleNickel 55(Bacillus amyloliquefaciens D747株)、0.25〜3 lb / A。未知の有効性。グループBM02殺菌剤。 4時間の再突入。 O
  • 5〜15 lb / Aのハウラー(シュードモナスクロロラフィス株AFS009)と界面活性剤。収穫日に使用できます。未知の有効性。 4時間の再突入。 O
  • 0.33オンス/ 5ガロンの水でプレストップ(Gliocladium catenulatum株J1446)。タンク内の他の製品と一緒に使用しないでください。 4時間の再突入。 O
  • セレナーデASO(枯草菌株QST 713)、2〜4クォート/ A。有効成分は小さなタンパク質です。オレゴン州西部での試験における有効性の変動。収穫日まで適用できます。 4時間の再突入。 O
  • セレナーデガーデン病害防除濃縮液は2〜4液量オンス/ガロン水です。オレゴン州西部での試験における有効性の変動。 H O
  • Zen-O-Spore(Ulocladium oudemansii株U3)、2〜4 lb / A。未知の有効性。 4時間の再突入。 O
  • 1〜4 qt / AのStargus(Bacillus amyloliquefaciens F727株)と非イオン性界面活性剤。収穫日に使用できます。 PNWにおける未知の有効性。 4時間の再突入。 O

成長調節単一のアプリケーションは、より開いたクラスター、より良い空気循環、および農薬の適用範囲のためにラキを伸ばすのに役立ちます。歩留まり低下が発生する可能性があります!

  • ProGibbピノノワールまたはシャルドネの場合、1〜2オンス/ 100ガロン水/ Aで4%。他の料金が記載されていますが、品種の種類によって異なります。開花の3週間前に申請してください。 12時間の再突入。 O


治療法はありますか?

治療法はありませんが、深刻な場合でも治療により症状が大幅に軽減されます。最近の研究では、乾癬の炎症をより適切に制御すると、心臓病、脳卒中、メタボリックシンドローム、および炎症に関連するその他の疾患のリスクも低下することが示唆されています。

ソース

FDA。 「FDAは新しい乾癬薬タルツを承認します。」 •FDAは、Humiraに類似したバイオシミラーであるAmjevitaを承認しました。•

メドスケープ。 「FDAは、尋常性乾癬に対して生物学的グセルクマブ(トレムフィア)を承認しました。」


これは、犬の有毒植物の最も一般的な種類のリストです。考えられるすべての種類が含まれているわけではありません。各列の上部にあるリンクをクリックして、植物の有毒な部分、犬に有毒である理由、および関連する症状の詳細を確認してください。症状がリストにない場合は、下痢や嘔吐などの犬の中毒の一般的な兆候を探してください。

犬に有毒な植物のリスト(親の症状または詳細については列ヘッダーをクリックしてください)

  • 偽のほろ苦い
  • 偽の亜麻
  • シュロソウ(吐き気と嘔吐)
  • 偽の女王アンのレース
  • ファンウィード
  • フェザーゼラニウム
  • シダヤシ
  • 束縛ブッシュ
  • フィールドペッパーグラス
  • フィドルリーフフィロデンドロン
  • フラブ
  • フラミンゴ工場
  • フランネルフラワー(大量に食べる場合)
  • 亜麻(大量)
  • ムカシヨモギ
  • フロリダビューティー
  • 花屋カラ
  • ジギタリス:有毒な葉と種子のある庭と野花-(嘔吐と下痢)
  • フランシスコ会のレインツリー
  • フルーツサラダ植物(下痢、口腔刺激性、皮膚刺激性)

  • ガーデンカラ
  • ガーデンカモミール
  • ガーデンヒヤシンス
  • クチナシ
  • ニンニク
  • シラタマノキ(大量に有毒)
  • ゼラニウム(嘔吐、食欲不振、うつ病、皮膚刺激)
  • ゼラニウム-リーフアラリア
  • ジャーマンアイビー(消化器系の問題、皮膚のかぶれ)
  • ドイツのプリムラ(皮膚アレルギー)
  • ジャイアントドラセナ
  • ジャイアントダムケーン
  • ジャイアントホグウィード
  • 氷河アイビー
  • グラジオラス(唾液分泌、嘔吐、よだれ、無気力、下痢、犬に有毒な部分、球根、フラワーアレンジメントには存在しない場合があります)
  • グロリオサ(吐き気と嘔吐)
  • ゴールドディフェンバキア
  • ゴールドダストドラセナ
  • ゴールデンバードネスト
  • ゴールデンシャニン(見た目は有毒で、吐き気と嘔吐を引き起こします)
  • ゴールデンポトス
  • ゴールデンラグワート
  • 幸運の植物
  • おばあちゃんのボンネット-量的に有毒
  • グレープフルーツ
  • グラスパーム
  • ドクゼリモドキ
  • グリーンゴールドネフティス
  • グラウンドアップル
  • ホオズキ(嘔吐と下痢)
  • グラウンドセット

  • ハーンの自己分岐イングリッシュアイビー
  • ハシシ
  • ハワイアンティ
  • ハートリーフフィロデンドロン(口の腫れ、呼吸の問題、胃腸の不調)
  • 天の竹
  • ハローボレス
  • ヘリオトロープ
  • ポイズンヘムロックとウエスタンウォーターヘムロック
  • ホリー
  • ヘンブレーン
  • ヘラクレスクラブ
  • ハイビスカス
  • 雪の丘
  • ホリー(ベリーは有毒で、胃のむかつき、発作、バランスの喪失を引き起こします)
  • ホップ
  • セイヨウトチノキ(嘔吐、腹部の痛み、下痢-大量に有毒)
  • ホースヘッドフィロデンドロン
  • ヒメムカシモドキ
  • ワルナスビ
  • ギボウシ(症状は嘔吐、下痢、うつ病です)
  • オルテンシア
  • ハウスパイン
  • ハリケーンプラント(下痢、口の炎症、皮膚の炎症)
  • ヒヤシンス(犬の有毒植物の量、皮膚アレルギー)
  • あじさい

  • インパラユリ
  • インドのリンゴ
  • インドのボラージ
  • インド麻
  • インディアンピンク
  • インドゴム工場
  • インクベリー
  • ロベリアソウ(嘔吐と下痢)
  • インドのカブ(嘔吐と下痢)
  • アイリス(根は有毒で、消化器系の不調、皮膚の炎症を引き起こします)
  • キヅタ(植物は大量に摂取すると有毒です)

  • アリサエマトリ
  • 翡翠
  • アリサエマトリ(口の腫れ、呼吸の問題、胃腸の不調、幻覚)
  • 日本の梅(嘔吐、腹部の痛み、下痢)
  • 日本のショーリリー
  • マサキ(大量に食べると犬の有毒植物)
  • イチイ(イチイとも呼ばれます)
  • ジャスミン(犬の植物毒性は犬によって異なります)
  • エルサレムチェリー(植物のすべての部分が犬に有毒です。嘔吐、腹部の痛み、震え、心臓の問題、呼吸器の問題を引き起こす可能性があります)
  • エルサレムオーク
  • ジェサミン(樹液とベリーは犬に有毒であり、消化器系の問題、神経系の問題を引き起こす可能性があり、死を引き起こす可能性があります)
  • シロバナヨウシュチョウセンアサガオ(とげのあるリンゴ-毒性は犬によって異なります-死を引き起こす可能性があります)
  • 水仙(球根は有毒です)
  • ジュニパー

  • カフィールリリー
  • カランコエ(うつ病、歯ぎしり、急速な呼吸、麻痺、筋肉協調の欠如/運動失調を引き起こす)
  • ケール(貧血を引き起こし、出産する問題の原因となる可能性があります)
  • キングカップ(大量に有毒)
  • 早くキスして
  • クラマスウィード
  • クーズーユリ

  • ラブラム(有毒な葉と種子-嘔吐と吐き気を引き起こす)
  • レースシダ
  • レイシーツリー
  • 夜のレディ
  • ランタナ(嘔吐と吐き気を引き起こす)
  • ラークスパー(嘔吐および下痢)
  • 月桂樹(大量に有毒)
  • クレマチス
  • リーキ
  • レモン
  • レンテンローズ(大量に有毒)
  • ヒョウリリー(嘔吐、吐き気、皮膚アレルギーを引き起こす)
  • レイランドヒノキ(大量に毒性があり、皮膚反応やアレルギーを引き起こす可能性があります)
  • Lillies(Lilum-大量に消費すると有害)
  • 宮殿のユリ
  • スズラン(Convallaria majalis、過度のよだれ、吐き気、下痢、心拍数の低下、心不整脈、発作-緊急医療処置を求める)
  • ライム(嘔吐、下痢、うつ病、光過敏症の可能性)
  • ロベリア(大量に毒性があり、犬に皮膚アレルギーを引き起こす可能性があります)
  • ロコウィーク(毒性は犬、犬の幻覚剤によって異なります)
  • イナゴ(衰弱と吐き気を引き起こす)
  • 主婦
  • ルピナス(犬の植物の毒性は犬によって異なります-大量に毒性がある可能性があります)

  • マカダミアナッツ
  • マンチニールツリー
  • マダガスカルドラゴンツリー
  • 乙女の息
  • 陛下(口の腫れ、呼吸の問題、胃腸の不調などの症状を伴う犬の有毒植物)
  • マランガ(口の腫れ、呼吸の問題、胃腸の不調)
  • マレベリー
  • Mallow (nausea and vomiting)
  • Maple Tree
  • Marble Queen (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Marijuana (dog hallucinogen)
  • Marsh marigold (toxic in larger quantities)
  • Matrimony vine (toxicity varies by dog)
  • May apple (toxicity in dogs varies by dog)
  • Mayweed
  • Mauna Loa Peace Lily (also called Peace Lily)
  • Meadow rue (toxic in larger quantities)
  • Meadow Saffron
  • Medicine Plant
  • Melanga
  • Mescal bean (toxicity varies by dog)
  • Mexican Breadfruit
  • Mezereon
  • Mild vetch
  • Milfoil
  • Milkweed (toxic in larger quantities, may cause a skin allergy in dogs)
  • Mistletoe "American"(common family of dog poisonous plants during the Christmas holiday - has toxic berries, causes problems in the gastrointestinal tract such as serious vomiting and diarrhea, skin irritation and a lowered heart rate, lower blood pressure, irritable and irregular behavior. Can be fatal for puppies that eat Mistletoe berries.)
  • Mock Azalea
  • Mock orange (vomiting, painful abdomen, diarrhea)
  • Mole Bean Plant
  • Monkey Pod (vomiting, painful abdomen, diarrhea)
  • Monkshood (causes stomach upset and nervous behavior. May affect the heart)
  • Moonseed (toxicity varies by dog)
  • Moonweed (causes dog convulsions)
  • Morning Glory (dog hallucinogen, can also cause gastrointestinal upset, agitation, tremors, disorientation, ataxia, anorexia)
  • Morning-noon-and-night
  • Mother-in-Law ((mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Moroccan broom (toxic in larger quantities)
  • モスローズ
  • Mother-in-law tongue (toxic leaves that can cause diarrhea, irritation around the mouth, skin irritation, tremors, seizures, asphyxiation, balance problems, can cause death)
  • Mother of Millions
  • Mother-in-Law
  • Mountain Laurel (toxic to dogs in larger quantities)
  • Mountain mahogany
  • Mulch mixed with Cocoa Beans
  • Mum (vomiting, diarrhea, hypersalivation, lack of coordination, skin irritation)
  • Mushroom (toxicity varies by type)
  • Mustards

  • Oak Tree (toxic acorns and foliage - causes problems with kidneys. Symptoms can appear several days after ingesting these dog poisonous plants)
  • Octopus Tree
  • Oilcloth Flower
  • Oleander (causes heart issues, digestive problems. Very poisonous plant to dogs and can cause death)
  • Onion (Never ever feed dogs onions or products that contain onions, can cause anemia)
  • Orange (vomiting, diarrhea, depression, sensitivity to light, oils are toxic to dogs)
  • Orange Day Lily

  • Pacific Yew
  • Painter's Palatte
  • Palm Lily
  • Panda Plant
  • Paper White
  • Paraguayan Jasmine
  • Parlor Ivy (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Paspalum (toxic seeds, can cause skin irritation)
  • Pasque flower (toxic in larger quantities)
  • Peace Lily (Mauna Loa Peace Lily) - (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Peach (leaves and pits are toxic, pit contains cyanide - results in vomiting, painful abdomen, diarrhea)
  • Peacock Flower
  • Pencil cactus
  • Pie Plant
  • Pieris
  • Pig Lily
  • Pigtail Plant
  • Perennial Pea
  • Peruvian lily (toxic in large quantity, may result in dog skin allergy)
  • Peony (roots are poisonous to dogs)
  • Periwinkle (dog hallucinogen)
  • Peyote (dog hallucinogen)
  • Pie Plant
  • Philodendron Pertusum (contains insoluble calcium oxalate crystals that can cause irritation to the mouth, esophagus and stomach. Can results in excessive salivation, vomiting and difficulty swallowing.)
  • Pigweed (varied toxic effects)
  • Pineapple broom (poisonous to dogs in larger quantities)
  • Plantain Lily

  • Plumosa Fern
  • Poinciana
  • Poinsettia (Mildly toxic to dogs. Includes toxic stems, sap and leaves, these dog poisonous plants can cause diarrhea cramps, delirium. The sap causes eye irritation if touches the eyes and possibly skin irritation)
  • Poison Daisy
  • Poison Hemlock
  • Poison Ivy (toxic bark, fruit and leaves. If touches skin can cause dog skin blisters)
  • Poison hemlock (varied dog toxic effects on the nervous system, possible skin irritation/dermatitis, can cause death)
  • Poison Oak (toxic bark, leaves and fruit, may cause skin irritation)
  • Poison Parsnip
  • Poison Sumac (can cause dog skin blisters)
  • Pokeroot (can cause vomiting and nausea in dogs)
  • Pokeweed: The pokeweed is a dog poisonous plant found in fields that have toxic roots, berries and seeds - (vomiting and diarrhea)
  • Poppy (dog hallucinogen in larger quantities)
  • Portulaca
  • Potato (green skins and sprouts - always cook for dogs)
  • Pothos (Scindapsus, Epipremnum) - (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Pot Mum (vomiting, pain in abdomen, tremors, heart issues, respiratory problems)
  • Prayer Bean
  • Precatory Bean
  • Prickly poppy (toxic in larger quantities)
  • Pride-of-India
  • Primrose (leaves are toxic, has an upset stomach, may cause skin irritation)
  • Privet (toxic leaves, can cause vomiting, painful abdomen, diarrhea, toxic in larger amounts)
  • Purslane

  • Racemose asparagus
  • Ragwort (can cause death in very small amounts, results in kidney failure and liver damage. Poisoning not reversible)
  • Rain Tree (vomiting, painful abdomen, diarrhea)
  • Raisins (ingesting raisins for dogs can cause kidney failure, consumption can be fatal)
  • Rape (dogs that ingest Rape can go blind, can harm the nervous system, stomach disorders, respiratory problems)
  • Ranger's Button
  • Rattle box
  • Red Emerald
  • Red-ink plant (poisonous if consumed, results in vomiting and nausea)
  • Red Lily
  • Red-Margined Dracaena (also called Straight-Margined Dracaena)
  • Red Princess (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Rhododendron (this dog poison plant results in vomiting, nausea, vomiting, respiratory problems and coma)
  • Rhubarb (leaves are toxic, varied dog toxic effects including coma and convulsions. Can cause death in dogs)
  • Ribbon Plant (Dracaena sanderiana)
  • Ridderstjerne
  • Ripple Ivy (vomiting, pain in abdomen, tremors, heart issues, respiratory problems)
  • Rock Moss
  • ローマンカモミール
  • Rosary pea
  • Rosebay (Results in vomiting and nausea)
  • Rose periwinkle (dog poison plant in larger quantity)
  • Rose of China
  • シャロンのバラ
  • Rubrum Lily
  • Rue (Can cause skin allergy, vomiting and nausea)
  • Running Myrtle

  • Sabi Star
  • Sacred Bamboo
  • Saddle Leaf Philodendron - (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Sago Palm (can cause death related to liver failure, this is a plant that dogs like to chew)
  • Satin Pothos
  • Savin (toxic in larger quantities)
  • Schefflera (Brassaia actinophylla - plant toxic to dogs in larger quantity, possible cause of skin allergy)
  • Seaside Daisy
  • Shamrock Plant
  • Shatavari
  • Show Daisy
  • Silkweed (plant toxic to dogs if consumed in large quantity)
  • Silver Dollar
  • Silver Jade Plant
  • Skunk cabbage (vomiting and diarrhea)
  • Smartweeds
  • Snake Lily
  • Snake Plant
  • スノードロップ
  • Snow-on-the-mountain
  • Soapberry (vomiting and diarrhea)
  • Solomon's Lily
  • Solomon's seal (plant poisonous to dogs if large amounts are consumed)
  • ソルガム
  • Sowbread
  • Spanish Thyme
  • Spider Mum (vomiting, pain in abdomen, tremors, heart issues, respiratory problems)
  • Spider Plant (salivation and vomiting)
  • Spinach (varied dog toxic effects)
  • Spindle Tree
  • Split Leaf (dog poisonous plants that result in mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Spotted Dumb Cane
  • Sprangeri fern (vomiting, pain in abdomen, tremors, heart issues, respiratory problems)
  • Spruce Tree
  • Spurge
  • Squill (dog poisonous plants in larger quantities)
  • Staggerbush
  • Starch Root
  • Starflower (pet poison plant in large quantity)
  • Stargazer Lily
  • Starleaf
  • St Johns Wort (dog poison plant harmful if ingested in large quantity)
  • Star of Bethlehem (dog poisonous plants in larger quantities)
  • Stinking Chamomile
  • Straight-Margined Dracaena
  • String of Pearls
  • Striped Dracaena
  • Sunburned potato (varied dog toxic effects)
  • Superb Lily
  • Sweet Pea (toxic in large quantity)
  • Sweet Potato Vine
  • Sweetheart Ivy
  • アメリカナデシコ
  • Swiss Cheese Plant (results in mouth irritation and diarrhea, may result in skin irritation)

  • Tail Flower
  • Taro
  • Taro Vine (mouth irritation and diarrhea, skin irritation)
  • Texas Umbrella Tree
  • Tiger Lily
  • Ti-plant
  • Tobacco (toxic in larger quantities)
  • Tobira
  • Tomato Plant/Vine (varied dog toxic effects such as hypersalivation, inappetence, severe gastrointestinal upset, diarrhea, drowsiness, depression, confusion, behavioral change, weakness, dilated pupils, slow heart rate)
  • Tree Philodendron
  • Tree Tobacco
  • Tropic Snow Dumbcane
  • True Aloe
  • Trumpet Lily
  • Tuberous begonia - (mouth swelling, breathing problems, gastrointestinal upset)
  • Tulip (Narcissus bulbs - can result in dog skin allergy as well as intense gastrointestinal irritation, drooling, loss of appetite, depression of the central nervous system, convulsions, cardiac abnormalities)
U
  • Umbrella Tree
  • Umbrella Plant (vomiting, pain in abdomen, tremors, heart issues, respiratory problems)

  • Variable Dieffenbachia
  • Variegated Philodendron
  • Varnish tree (Can result in dog skin blisters on the skin)
  • Velvet grass
  • Vinca rosea (causes vomiting and diarrhea and affects the central nervous system)
  • Virgin's Bower

  • ワフー
  • Wake Robin
  • クルミ
  • Wandering Jew (skin irritation)
  • Warneckei Dracaena
  • Water Flag
  • Water hemlock (varied dog toxic effects, causes convulsions in dogs)
  • Water Hyacinth
  • Wax-Leaf
  • Wax Tree (can cause dog skin blisters)
  • Weeping Fig (causes skin reaction)
  • Western Black locust yew (vomiting, painful abdomen, diarrhea)
  • Western Yew
  • White Heads
  • Wild Arum
  • Wild black cherry (vomiting, painful abdomen, diarrhea)
  • Wild Calla
  • Wild Carnation
  • Wild Coffe
  • Wild radish
  • Windflower (dog poison plant in large quantities)
  • Winterberry
  • Winter Cherry
  • Wisteria (poison seeds and pits - vomiting and diarrhea)
  • Wolfsbane (vomiting and nausea)
  • Wood Lily
  • Woody aster
  • Woody nightshade (nausea and vomiting)

IMPORTANT : It is impossible to list all dog poisonous plants. Please consult with your local nursery or cooperative extension on the risks of any specific plant not listed above.


You might also Like

@lighth0se33 – They are the most disease resistant roses, but they can still get black spot. I have had this problem on every type of rose bush I've ever planted.

We have really hot, humid summers where I live, so it's unavoidable. I start to see the black spots on the leaves in July, and if I don't treat them right away, they start to develop yellow rings around them.

I buy a natural spray that is nontoxic to animals and is designed to treat black spot. Watering them in the morning instead of at night helps, because this gives the leaves time to dry off. lighth0se33 January 2, 2013

Do knockout roses get diseases, too? I've heard that they are suppose to be disease resistant, but I find it hard to believe that they are immune to everything. I've been thinking about getting some, because I really don't have time to deal with plants that require a lot of maintenance. Perdido January 2, 2013

@seag47 – I was reading about roses and their diseases and treatments last year, because my rose bush was having issues. I discovered that it had crown gall, but it wasn't a fatal disease.

The article said that I should dig it up, cut off the crown gall, remove a bunch of the dirt, and replace it with fresh dirt. I also had to spray bleach diluted with water on the parts of the bush where I had cut the crown gall off.

It worked, because my rose bush started to flourish. It was a pretty simple treatment for something that looked so awful. My rose basically had a giant tumor at its base. seag47 January 1, 2013

Does crown gall kill the entire rose bush? It seems to me that if the crown were infected, then the entire plant would be affected.


ビデオを見る: クルミの木のキッチン